FC2ブログ

博士と彼女のセオリー (2014) ~ 洋画 伝記・ロマンス・ドラマ ~

2019/08/17

博士と彼女のセオリー (2014)
博士と彼女のセオリー (2014)1

『 博士と彼女のセオリー 』 (原題:The Theory of Everything) は、2014年に製作されたイギリス映画。
将来を嘱望されながらも若くして難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症した車椅子の天才科学者スティーブン・ホーキング博士が、妻ジェーンの献身的な支えを得て一緒に数々の困難に立ち向かっていく様を描くヒューマン・ラブストーリー。
原作は、スティーブン・ホーキング博士の妻であるジェーン・ホーキングの回顧録「Travelling to Infinity: My Life with Stephen」。
監督は「キング 罪の王 (2005)」「マン・オン・ワイヤー (2008)」「レッド・ライディング II :1980 (2009)」「プロジェクト・ニム (2011)」「シャドー・ダンサー (2011)」のジェームズ・マーシュ。
脚本は、アニメ「Death of a Superhero (2011)」のアンソニー・マクカーテン。
撮影は「ヴェニスの商人 (2004)」「こわれゆく世界の中で (2006)」「1408号室 (2007)」「縞模様のパジャマの少年 (2008)」「Chatroom/チャットルーム (2010)」「陰謀の代償 N.Y.コンフィデンシャル (2010)」「ワン・デイ 23年のラブストーリー (2011)」「欲望のバージニア (2012)」「誰よりも狙われた男 (2013)」のブノワ・ドゥローム。
音楽は「ラブ・クライム (2009)」「プリズナーズ (2013)」「悪童日記 (2013)」のヨハン・ヨハンソン。
主演は「グッド・シェパード (2006)」「美しすぎる母 (2007)」「エリザベス:ゴールデン・エイジ (2007)」「ブーリン家の姉妹 (2008)」「ブラック・レコード~禁じられた記録~ (2009)」「HICK-ルリ13歳の旅 (2011)」「マリリン 7日間の恋 (2011)」「レ・ミゼラブル (2012)」「ジュピター (2015)」のエディ・レッドメインと、「ノーサンガー・アベイ (2007)」「フラッシュバック (2008)」「情愛と友情 (2008)」「わたしの可愛い人―シェリ (2009)」「テンペスト (2010)」「ヒステリア (2011)」TVM「MI5:消された機密ファイル (2011)」「今日、キミに会えたら (2011)」「あなたとのキスまでの距離 (2013)」「アメイジング・スパイダーマン2 (2014)」のフェリシティ・ジョーンズ。


[ 公開日 ]

2014年9月7日 カナダ Toronto International Film Festival 上映
2014年10月9日 アメリカ Mill Valley Film Festival 上映
2014年11月7日 カナダ Toronto 公開
2014年11月7日 アメリカ limited 公開
2014年11月25日 イタリア Torino Film Festival 上映
2014年11月26日 アメリカ公開
2014年12月4日 香港公開
2014年12月10日 韓国公開
2014年12月25日 ドイツ公開
2015年1月1日 イギリス公開
2015年1月6日 アメリカ MoMA - The Contenders 上映
2015年1月15日 イタリア公開
2015年1月16日 スペイン公開
2015年1月21日 フランス公開
2015年1月29日 オーストラリア公開
2015年2月26日 ロシア公開
2015年3月13日 日本公開



【 ストーリー 】

1963年イギリス、ケンブリッジ。
ケンブリッジ大学大学院で理論物理学を研究するスティーヴン・ホーキング(エディ・レッドメイン)は、パーティで魅力的な女性ジェーン(フェリシティ・ジョーンズ)と出逢う。
同じ大学で中世スペイン詩を学んでいる才媛だ。
ユーモアのセンスが似通っている二人は、たちまち意気投合。
キャンパスの内外でデートを重ね、舞踏会の夜に満天の星空の下でキスを交わした。
その恋のときめきは、宇宙論の研究テーマが定まらなかったスティーヴンにある閃きをもたらした。
ロジャー・ペンローズが提唱する特異点理論を宇宙に応用できるのではないかと考えたのだ。
それは、宇宙全てを説明するただ一つのセオリーを見つける第一歩に。
が、その頃スティーヴンの身体に異変が起こる。
何もない所で転んだり、チョークを持つ手が震えたり。
しかもその症状は次第に重くなっていった。
心配になって検査を受けたスティーヴンは、医者から思いがけない宣告を受ける。
彼が患っているのは、脳から命令が神経に伝わらなくなる運動ニューロン疾患。
治療法はなく、余命は2年だと言う。
ショックを受けたスティーヴンは寮の部屋に引きこもり、ジェーンとの連絡も断ってしまう。
そんなスティーヴンの病状を彼の友人から聞いたジェーンは、すぐに寮の部屋を訪ねた。
スティーヴンは彼女をクリケットのフィールドに連れ出すと、自分がどれほど身体の自由が利かなくなったかを見せつけた。
しかし、ジェーンはひるまずスティーヴンとの愛を貫く覚悟を決める。
未来を悲観するスティーヴンの家族に対し「皆で力を合わせて病気と闘おう」と宣言。
スティーヴンと結婚する道を選択する。
結婚2年目に長男のロバートが誕生。
スティーヴンは、ジェーンの励ましを受けながら「時空特異点」に関する論文を執筆し、博士号を取得する。
それは、手を携えて2年の余命宣告に立ち向かった夫妻の努力の結晶だった。
しかしスティーヴンの病の進行が止まった訳ではなかった。
友人たちが集まった祝いの席で、ナイフとフォークが使えず情けない思いにかられるスティーヴン。
長女のルーシーが誕生した頃、彼は車椅子が手放せなくなっていた。
1974年、スティーヴンは「ブラックホールの消滅」を提唱したホーキング放射の理論を発表。
科学雑誌ネイチャーの表紙を飾り時の人となる。
一方、2人の育ちざかりの子供の養育とスティーヴンの介護に追われる日々を送っていたジェーンは、自分一人で全てをこなす事に限界を感じていた。
そんな彼女の様子を見かねた母ベリル(エミリー・ワトソン)は、気分転換のために教会の聖歌隊に入る事を勧める。
これが、ホーキング夫妻とジョナサン(チャーリー・コックス)の長い付き合いの始まりだった。
聖歌隊の指揮者としてジェーンと知り合ったジョナサンは、間もなくロバートにピアノを教えるためにホーキング家に出入りするようになる。
そしてスティーヴンの介護がどれほど大変かを知った彼は、自分も介護を手伝うと申し出た。
それはジェーンにとってまたとない申し出だったが、家庭内に自分以外の男性が入り込むのを容認する事はスティーヴンにとっては辛い決断だった。
間もなくジェーンが第三子を妊娠。
夫妻の周囲の人々は、ジョナサンが子供の父親ではないかと疑いの目を向けた。
いたたまれなくなったジョナサンは一家から距離を置こうとするが、それをスティーヴンが「ジェーンには君が必要だ」と言って引き止めた。
ジェーンとジョナサンがお互いに惹かれあっていることを知りながら....。
数年後、オペラの公演に招待されてヨーロッパへ旅立ったスティーヴンが肺炎で病院に担ぎ込まれる出来事が起こる。
ジェーンが大急ぎで現地に駆けつけた時、スティーヴンは昏睡状態で人工呼吸器につながれていた。
彼を生かすには喉を切開して呼吸装置を付けなければならないが、二度と話せなくなる。
医者にそう告げられ、命を失うか声を失うかの選択を迫られたジェーンは、迷いなく後者を選ぶ。
結果、命をとりとめたスティーヴン。
しかし彼とジェーンの行く手には、また別の試練が待ち受けていた・・・。

博士と彼女のセオリー (2014)2


< 受賞歴 >

・ 2014年11月14日 ハリウッド映画賞
   ブレイクアウト男優賞 受賞/エディ・レッドメイン

・ 2014年9月6日 トロント国際映画祭
   ブレイクスルー賞 受賞/エディ・レッドメイン 、フェリシティ・ジョーンズ 、ジェームズ・マーシュ

・ 2014年10月12日 ミルバレー映画祭
   金賞 受賞

2014年12月7日 ニューヨーク映画批評家オンライン賞
   作品賞トップ10 入賞
   主演男優賞 受賞/エディ・レッドメイン

・ 2014年12月8日 アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞
   作品賞トップ10 3位

・ 2015年1月3日 パームスプリングス国際映画祭
   Desert Palm Achievement Award 受賞/エディ・レッドメイン

・ 2015年1月6日 アイオワ映画批評家協会賞
   主演男優賞 2位/エディ・レッドメイン
   主演女優賞 2位/フェリシティ・ジョーンズ
   作曲賞 3位/ヨハン・ヨハンソン

・ 2015年1月11日 ゴールデングローブ賞
   主演男優賞(ドラマ部門) 受賞/エディ・レッドメイン
   作曲賞 受賞/ヨハン・ヨハンソン

・ 2015年1月25日 全米俳優組合(SAG)賞
   主演男優賞 受賞/エディ・レッドメイン

・ 2015年2月8日 英国アカデミー賞
   英国作品賞 受賞
   主演男優賞 受賞/エディ・レッドメイン
   脚色賞 受賞/アンソニー・マクカーテン

・ 2015年2月22日 アカデミー賞
   主演男優賞 受賞/エディ・レッドメイン

※その他、受賞・ノミネート多数。



【 スタッフ 】

監督 : ジェームズ・マーシュ
原作 : ジェーン・ホーキング
脚本 : アンソニー・マクカーテン
製作 : ティム・ビーヴァン 、エリック・フェルナー 、リサ・ブルース 、アンソニー・マクカーテン
製作総指揮 : アメリア・グレンジャー 、ライザ・チェイシン 、デヴィッド・コッシ 、リチャード・ヒューイット 、ルーカス・ウェッブ
撮影 : ブノワ・ドゥローム
美術/プロダクションデザイン : ジョン・ポール・ケリー
編集 : ジンクス・ゴッドフリー
音楽 : ヨハン・ヨハンソン
衣装デザイン : スティーヴン・ノーブル
キャスティング : ニーナ・ゴールト
セット制作 : クレア・ニア・リチャーズ
視覚効果(Visual Effects) : Max Alexander 、Adriano Cirulli 、Mitch Crease 、Andy Cuthbert 、Agueda Del Castillo 、Stian Halvorsen 、Shani Hermoni 、Mark Honer 、Manuel Huertas 、Taskin Kenan 、Ines Li 、Simon Lowe 、Finola O'Brien 、Maria Peralta Ramos 、Kim Ranzani
特殊効果(Special Effects) : マーク・ホルト
メイク : アニタ・バーガー 、クリス・ライオンズ 、Sidony Etherton 、Agnes Legere 、Kristyan Mallett 、Lacey Rixson 、Nora Robertson 、Alex Rouse 、Jan Sewell 、Lesley Smith 、Barbara Taylor
謝辞 : レスリー・マンヴィル 、アレックス・メトカーフ 、ロバート・ニクソン



【 キャスト 】

スティーヴン・ホーキング : エディ・レッドメイン
ジェーン・ワイルド・ホーキング : フェリシティ・ジョーンズ
ジョナサン・ジョーンズ : チャーリー・コックス
ベリル・ワイルド (ジェーンの母親) : エミリー・ワトソン
ジョージ・ワイルド (ジェーンの父親) : ガイ・オリヴァー=ワッツ
フランク・ホーキング (スティーヴンの父親) : サイモン・マクバーニー
イソベル・ホーキング (スティーヴンの母親) : アビゲイル・クラッテンデン
フィリパ・ホーキング (スティーヴンの妹) : シャーロット・ホープ
メアリー・ホーキング (スティーヴンの妹) : ルーシー・チャペル
デニス・シャーマ : デヴィッド・シューリス
ブライアン : ハリー・ロイド
ロジャー : クリスチャン・マッケイ
ケンブリッジ病院の医師 : アダム・ゴドリー
キップ・ソーン : エンゾ・シレンティ
ジョン・テイラー : サイモン・チャンドラー
エレイン・メーソン : マキシン・ピーク
アイザック・カラトニコフ : ゲオルグ・ニコロフ
ダイアナ・キング (バシル・キングの妹) : アリス・オル=ユーイング
トーマス・モリソン
ニコラ・スローン
アイリーン・デイヴィス
ウィル・バートン
ショーン・ルーカス
カロル・スティール
Tom Prior
Sophie Perry
Finlay Wright-Stephens
Michael Marcus
Gruffudd Glyn
Paul Longley
Nicholas Gerard-Martin
Brett Brown
Anthony Skrimshire
Lottie Hamilton
Rufus Taylor
Delilah Sexton
Oliver Payne
Raffiella Chapman
Sam Houston
Victoria Emslie
Frank Leboeuf
Lucy Challenger
Nicola Victoria Buck
Stuart Benson
Andrew Bridgmont
Jamie Edwards
Jumaane Brown
Adil Akram
James Amey
Antonia Anderson
Richard Banks
Cameron Bell
Kishore Bhatt
Sal Bolton
Brett Brown
Jill Buchanan
Pamela Betsy Cooper
Chris Cowlin
Andrew Craig
Brian P Smith
Gioacchino Jim Cuffaro
Richard Cunningham
Leigh Dent
Ryan Paul Edwards
Aaron Ellis
Cynthia Garbutt
David Golt
James Gribble
Kenton Hall
John Harley
Anastasia Harrold
Dominic Hatje
George Hewer
Thom Jackson-Wood
Helen Kingston
Joelle Koissi
Martyn Mayger
Penny Mitchell
John Neville
Shaun Newnham
Hugh O'Brien
Jeremy Oliver
Tony Pankhurst
Heather Pearse
Antonio Piras
Scott Plumridge
Martin Poole
Zac Rashid
Glyn Roberts
Steve Saunders
Janette Sharpe
Jesse James Sims
Colin Taylor
John Warman
Jon Wennington
Aidan White
James Wiles
Brian William Woodward
Miroslav Zaruba








[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

博士と彼女のセオリー [ エディ・レッドメイン ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2019/8/17時点)


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

スポンサーサイト

フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
47位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

映画 ブログランキングへ
アニメ ブログランキングへ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
プロフィール

たけごろう

Author:たけごろう
映画・ドラマ・アニメが大好きなケモノ!
パチンコも好きですが・・・只今自粛中。