fc2ブログ
或る終焉 (2015)
或る終焉 (2015)

『 或る終焉 』 (原題:Chronic) は、2015年に製作されたメキシコ・フランス合作映画。
 終末期医療を題材に、死期が迫った患者を担当する看護師の男性が、末期ガンで苦しむ女性患者から安楽死の手助けを頼まれ、患者への思いと自身が抱える暗い過去の狭間で苦悩する姿をサスペンスフルに描くヒューマンドラマ。
 監督・脚本は「Daniel & Ana (2009)」が第62回カンヌ国際映画祭監督週間に選出、2作目にあたる前作「父の秘密 (2012)」でカンヌ国際映画祭「ある視点」部門グランプリに輝き、本作で第68回カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞し世界的に注目を集めるメキシコの新鋭監督ミシェル・フランコ。
 撮影は「ぼくのバラ色の人生 (1997)」「フランドル (2005)」「Hadewijch (2009)」「最初の人間 (2011)」「ホーリー・モーターズ (2012)」「ヴィオレット-ある作家の肖像- (2013)」「ワイルド・ライフ (2014)」「贖罪の街 (2014)」のイヴ・カープ。
 主演は「パルプ・フィクション (1994)」「海の上のピアニスト (1999)」「神に選ばれし無敵の男 (2001)」「ダーク・ウォーター (2004)」「インクレディブル・ハルク (2008)」「キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け (2012)」「グローリー/明日への行進 (2014)」「ヘイトフル・エイト (2015)」のティム・ロス。
 共演は、俳優のキーファー・サザーランドの娘で、「Beneath the Harvest Sky (2013)」「Innocence (2014)」のサラ・サザーランドなど。


[ 公開日 ]

2015年5月22日 フランス Cannes Film Festival 上映
2015年8月11日 オーストラリア Melbourne International Film Festival 上映
2015年8月19日 ボスニア・ヘルツェゴビナ Sarajevo Film Festival 上映
2015年9月20日 スペイン Donostia-San Sebastian International Film Festival 上映
2015年9月20日 フィンランド Helsinki International Film Festival 上映
2015年10月2日 韓国 Busan International Film Festival 上映
2015年10月5日 カナダ Vancouver International Film Festival 上映
2015年10月12日 イギリス London Film Festival 上映
2015年10月21日 フランス公開
2015年10月21日 アメリカ Chicago International Film Festival 上映
2015年10月23日 ポーランド American Film Festival 上映
2015年11月8日 ギリシャ Thessaloniki International Film Festival 上映
2015年11月30日 セルビア FAF Belgrade 上映
2016年2月5日 スウェーデン Göteborg International Film Festival 上映
2016年2月19日 イギリス公開
2016年2月19日 アイルランド公開
2016年4月8日 メキシコ公開
2016年4月9日 アメリカ Minneapolis-St. Paul International Film Festival 上映
2016年4月14日 ポルトガル公開
2016年4月23日 スペイン D'A - Festival Internacional de Cinema d'Autor de Barcelona 上映
2016年4月29日 ポーランド公開
2016年5月12日 ギリシャ公開
2016年5月28日 日本公開



【 ストーリー 】

デヴィッド(ティム・ロス)は、終末期患者を受け持つ看護師。
別れた妻と娘とは、息子ダンの死をきっかけに疎遠となり、一人暮らしを送っていた。
患者の在宅看護とエクササイズに励む以外の生活はなく、患者が望む以上に彼もまた患者との親密な関係を必要としていた。
そんなある日、末期がんで苦しむ患者のマーサ(ロビン・バートレット)から、安楽死の幇助を頼まれる。
患者への深い思いと、自分自身が抱える亡き息子と関わる暗い過去の狭間で苦悩するデヴィッドが下した壮絶な決断とは・・・?

或る終焉 (2015)



【 スタッフ 】

監督 : ミシェル・フランコ
脚本 : ミシェル・フランコ
プロデューサー : ガブリエル・リプステイン 、ミシェル・フランコ 、モイセス・ソナーナ 、ジーナ・ウォン
共同プロデューサー : エイミー・グリーン・ヴァインズ 、David Zonana
エグゼクティブプロデューサー : ティム・ロス 、エミリオ・アスカラガ・ジャン 、ベルナルド・ゴメス 、フェルナンド・ペレス・ガビラン
ラインプロデューサー : クリス・スティンソン
撮影 : イヴ・カープ
ADRレコーディスト : Alejandro de Icaza
サウンドユーティリティ : サイフ・パーカー
サウンドミキサー : アマンダ・ベッグス
スーパーヴァイジングサウンドエディター : フランク・ガエータ
サウンドエディター : クリストファー・バタグリア
美術/プロダクションデザイン : Matt Luem
アートディレクション : ニコラス・ケリー 、ダニエル・ラウバッハ
編集 : ミシェル・フランコ 、フリオ・ペレス四世
音楽スーパーバイザー : Lynn Fainchtein
衣装スーパーバイザー : アリエル・グッドマン=ウェストン
衣装デザイン : ディアス
衣装アシスタント : ジェン・ヒルシュ
キャスティング : マシュー・レッサール 、スーザン・ショップメイカー
セットデコレーション : Madelaine Frezza
視覚効果エグゼクティブプロデューサー : スコット・ドーハティ
視覚効果プロデューサー : エリカ・エイブラムス 、Sophie Denize
メイクアップ部門ヘッド : 松本明子
メイクアップアーティスト : 沢田ハルヨ
パーソナルメイクアップアーティスト (ティム・ロス) : オーロラ・ベルジェール
ヘア部門ヘッド : Shandra Page
ファーストアシスタントディレクター : マット・マッキノン
第二セカンドアシスタントディレクター : ジョーダン・リトル 、サム・メイ
プロダクションマネージャー : エイミー・グリーン・ヴァインズ
謝辞 : Hector Tinoco
日本語字幕 : 大西公子

「或る終焉」オフィシャルサイト



【 キャスト 】

デヴィッド : ティム・ロス
リディア : ビッツィー・トゥロック
アリス : クレア・ヴァン・ダー・ブーム
バーナード : デヴィッド・ダストマルチャン
ナディア : サラ・サザーランド
グレッグ : テイト・エリントン
サラの姪 : メアリーベス・モンロー
マーサ : ロビン・バートレット
アイザック・シニア : ジョー・サントス
ジョン : マイケル・クリストファー
マーガレット : ローラ・ニエミ
サラの妹 : カリ・コールマン
サラ : レイチェル・ピックアップ
ローラ : ナイレア・ノルヴィンド
ジムの係員 : トム・バークランド
アイザックの受付 : サラ・ランドール・ハント
サラの妹の夫 : ピーター・グレイ・ルイス
サラの小さい姪#1 : クレオ・フレイザー
第二庁の女性 : Reatha Grey
シルヴィア : アンジェラ・ブロック
フレッド : ハリス・ショア
アイザック・ジュニア : ベン・バーコウィッツ
ダン・ゴードン
サラの夜間看護婦 : Ariella Fiore
ロバート : クリストファー・マッキャン
正看護婦 : LynNita Ellis
リー : リー・ハーモン
Subi Oh Nyne : Subi Oh Nyne
ジョンの姪 : Tami Renae Lawless




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

或る終焉 [ ロビン・バートレット ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2020/11/4時点)


フォーカス (2015)
フォーカス (2015)1
フォーカス (2015)2

『 フォーカス 』 (原題:Focus) は、2015年に製作されたアメリカ映画。
 凄腕詐欺師と彼から詐欺師の全てを学んだ美人詐欺師が、世界の大富豪を巻き込み壮絶なだまし合いを繰り広げるクライムサスペンス。
 監督・脚本は「キャッツ&ドッグス (2001)」「バッドサンタ (2003)」「がんばれ!ベアーズ ニュー・シーズン (2005)」の脚本や、「フィリップ、きみを愛してる! (2009)」「ラブ・アゲイン (2011)」TVドラマ「それいけ!ポンコツ少年野球団 (2013)」の監督などを務めるグレン・フィカーラ&ジョン・レクアのコンビ。
 撮影は「カマキリな女 (2003)」「美しい人 (2005)」「ナチョ・リブレ 覆面の神様 (2006)」「エンバー 失われた光の物語 (2008)」「フィリップ、きみを愛してる! (2009)」「カレには言えない私のケイカク (2010)」「恋愛だけじゃダメかしら? (2012)」「おとなの恋には嘘がある (2013)」のハビエル・ペレス・グロベット。
 音楽は「幸せがおカネで買えるワケ (2009)」「フィリップ、きみを愛してる! (2009)」「バージニア その町の秘密 (2010)」「ラブ・アゲイン (2011)」「ルビー・スパークス (2012)」「メイジーの瞳 (2012)」「アイ・アム・ニューマン 新しい人生の見つけ方 (2012)」「ファミリー・アゲイン/離婚でハッピー!?なボクの家族 (2013)」のニック・ウラタ。
詐欺演出・監修は、スリのプロとして有名なアポロ・ロビンス。
 主演は「バッドボーイズ2バッド (2003)」「アイ,ロボット (2004)」「最後の恋のはじめ方 (2005)」「幸せのちから (2006)」「アイ・アム・レジェンド (2007)」「ハンコック (2008)」「メン・イン・ブラック3 (2012)」「アフター・アース (2013)」「ニューヨーク 冬物語 (2014)」のウィル・スミス。
 共演は「ダークネス・ビギンズ (2008)」「WATCH [ウォッチ] (2009)」TVドラマ「PAN AM/パンナム (2011~2012)」「ウルフ・オブ・ウォールストリート (2013)」「アバウト・タイム ~愛おしい時間について~ (2013)」のマーゴット・ロビー、「ラブ・アクチュアリー (2003)」「300 <スリーハンドレッド> (2007)」「チェ 28歳の革命 (2008)」「フィリップ、きみを愛してる! (2009)」「フロントミッション 革命の反逆者たち (2011)」「恋愛だけじゃダメかしら? (2012)」「ラストスタンド (2013)」「300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~ (2014)」のロドリゴ・サントロなど。


[ 公開日 ]

2015年2月25日 フィリピン公開
2015年2月26日 アゼルバイジャン公開
2015年2月26日 チリ公開
2015年2月26日 ハンガリー公開
2015年2月26日 イラク公開
2015年2月26日 クウェート公開
2015年2月26日 カザフスタン公開
2015年2月26日 マケドニア共和国公開
2015年2月26日 マレーシア公開
2015年2月26日 オランダ公開
2015年2月26日 ペルー公開
2015年2月26日 セルビア公開
2015年2月26日 シンガポール公開
2015年2月26日 ロシア公開
2015年2月26日 タイ公開
2015年2月26日 台湾公開
2015年2月26日 ウクライナ公開
2015年2月27日 オーストリア公開
2015年2月27日 カナダ公開
2015年2月27日 エストニア公開
2015年2月27日 イギリス公開
2015年2月27日 アイルランド公開
2015年2月27日 ケニア公開
2015年2月27日 リトアニア公開
2015年2月27日 ラトビア公開
2015年2月27日 ルーマニア公開
2015年2月27日 アメリカ公開
2015年3月2日 アルゼンチン Buenos Aires premiere 公開
2015年3月5日 アルメニア公開
2015年3月5日 アルゼンチン公開
2015年3月5日 オーストラリア公開
2015年3月5日 コロンビア公開
2015年3月5日 ドイツ公開
2015年3月5日 デンマーク公開
2015年3月5日 ギリシャ公開
2015年3月5日 香港公開
2015年3月5日 イスラエル公開
2015年3月5日 イタリア公開
2015年3月5日 メキシコ公開
2015年3月5日 ニュージーランド公開
2015年3月6日 エクアドル公開
2015年3月6日 カンボジア公開
2015年3月6日 スリランカ公開
2015年3月6日 パキスタン公開
2015年3月6日 ポーランド公開
2015年3月6日 プエルトリコ公開
2015年3月6日 スウェーデン公開
2015年3月11日 ベルギー公開
2015年3月12日 ブラジル公開
2015年3月12日 ポルトガル公開
2015年3月13日 フィンランド公開
2015年3月13日 インド公開
2015年3月13日 ノルウェー公開
2015年3月20日 トルコ公開
2015年3月20日 ベトナム公開
2015年3月25日 フランス公開
2015年3月27日 スペイン公開
2015年5月1日 日本公開



【 ストーリー 】

視点《フォーカス》を操ることで相手を手玉にとる犯罪のプロ、ニッキー(ウィル・スミス)は、30人もの熟練詐欺師を束ね、カジノや高級ホテル、ストリート、フェスティバルなど様々な場所であらゆる手段と華麗なる手さばきで大金を稼いでいた。
そんなある日、ニューオーリンズで未熟な女詐欺師ジェス(マーゴット・ロビー)と出会ったニッキーは、彼女に最高の詐欺師になりそうな可能性を見出し、犯罪のプロとして育てるべくノウハウを伝授する。
しかしジェスがメキメキと上達していく中、二人は恋に落ち、やがて師弟関係を超えた関係となってしまう。
だが恋愛は枷になり腕を鈍らせると判断したニッキーは大きなヤマに勝った後、ジェスに大金を渡し突然の別れを告げ、忽然と彼女のもとを去ってしまうのだった・・・。
数年後、ニッキーはブエノスアイレスのモーターレース会場に一世一代のプロジェクトをしかけていた。
そこに現れたのは、以前とは見違えるほど美しくゴージャスになったジェス。
彼女はニッキーのライバルチームに属し、男を手玉に取る女詐欺師に成長していた。
かつて愛した女の登場で揺れ動くニッキー。
大金が蠢く会場で果たして最後に笑うのは誰なのか・・・!?

フォーカス (2015)3



【 スタッフ 】

監督 : グレン・フィカーラ 、ジョン・レクア
脚本 : グレン・フィカーラ 、ジョン・レクア
製作 : デニーズ・ディ・ノヴィ
製作総指揮 : チャーリー・ゴゴラック 、スタン・ヴロドコウスキー
ラインプロデューサー : Pola Zito
撮影 : ハビエル・ペレス・グロベット
美術/プロダクションデザイン : ベス・ミックル
アートディレクション : ケリー・カーリー
編集 : ジャン・コヴァック
音楽 : ニック・ウラタ
衣装デザイン : デイナ・ピンク
キャスティング : ティファニー・リトル・キャンフィールド 、バーナード・テルジー 、David Vaccari
セットデザイン : リサ・K・セッションズ
視覚効果エグゼクティブプロデューサー : カーラ・バックリー
視覚効果スーパーバイザー : ジム・ライダー
視覚効果コーディネーター : Anita Gou
視覚効果プロデューサー : レスリー・ハフ
視覚効果ディレクター : クリス・B・シュニッツァー
視覚効果アーティスト : ブライアン・スコット・ベンソン 、タイラー・ロッカード 、コルトン・ミラー 、Joseph DiValerio 、Daniel Klöhn 、Gabriel Regentin
compositor: Method Studios, New York / paint supervisor : クリス・M・クーパー 、Lokesh Prakash
paint and roto: Method Studios, New York : Seung Joo Lee
視覚効果エディター : クリスチャン・マデラ
コンポジッター : エリック・シブリー 、エイドリアン・ホワイト
デジタルコンポジッター : トリシア・バレット 、サム・キム 、Brian Houlihan 、Dimitre Iliev 、Michael Means
ライティング・テクニカルディレクター : Jaemin Lee
リード・データラングラー : Justin Lacalamita
ロトスコープ・スーパーバイザー : デヴィッド・マルテ
ロトアーティスト : カルロス・ロザリオ
特殊効果スーパーバイザー : マット・カッチャー
特殊効果コーディネーター : ジャスティン・B・ジョンソン
special effects foreman : カイル・A・ワッサーマン 、Mik Kastner
メイクアップ・デパートメント・ヘッド : Tania McComas
キー・メイクアップ・アーティスト : エイミー・スタイット
メイクアップアーティスト : キンバリー・アマッカー 、ニッキ・I・ブラウン 、アナベル・マクニール 、Marcela Absi 、Mariana Fabricante 、Mary McNamara 、LeDiedra Richard-Baldwin
ヘア・デパートメント・ヘッド : アン・モーガン
キー・ヘアスタイリスト : トニー・ウォード
ヘアスタイリスト : ピアス・オースティン 、エミリー・ブルカ 、デビー・パイザー 、シンシア・ヴァニス 、Roland Cory McCutcheon
additional hair : マルコス・ゴンザレス
特殊メイク効果デザイナー : マイケル・マリノ
特殊メイクアップ効果アーティスト : マイケル・フォンテーヌ
カスタムタトゥーアーティスト : デヴィット・プレスト
詐欺&スリ演出・監修 : アポロ・ロビンス
謝辞 : ジェイムズ・シュラム



【 キャスト 】

ニッキー : ウィル・スミス
ジェス : マーゴット・ロビー
ガリーガ : ロドリゴ・サントロ
オーウェンズ : ジェラルド・マクレイニー
リ・ユァン : B・D・ウォン
ファーハド : エイドリアン・マルティネス
マキューエン : ロバート・テイラー
ホースト : ブレナン・ブラウン
ガレ​​ス : グリフ・ファースト
ジャニス : ステファニー・オノレ
酔っ払いのストレンジャー : デヴィッド・スタンフォード
ジャレド : ドミニク・フムザ
リ・ユァンのボディガード#1 : スティーヴ・キム
カードプレイヤー / サッカーコーチ : ドン・イェッソ
ゴードン : Dotan Bonen
マルチェロ : Juan Minujín
バーテンダー : Jano Seitun
プリティ・ウーマン : Melania Lenoir
大柄の警備員 : ピエトロ・ジャン
ブロンドのバーテンダー : Justina Bustos
セールス・ウーマン : ポーラ・ブラスカ
アポロニア : Antonella Macchi
バーテンダー : アーロン・ジェイ・ローマ
禿げた男 : アーマンド・レダック
ブルーザー : ジョン・アイズ
マーク#1 : クレイ・チェンバレン
マーク#2 : Danny Ladmirault
リード・オフィシャル : チップ・キャリエール
裸の女 : ダニエラ・ショート
テック : フランク・モンテローネ
アルゼンチンチームのヘッドエンジニア : Alan Sabbagh
フランスチームのエンジニア : Hervé Segata
韓国チームのエンジニア : Jorge Takashima
HRTのチームオーナー : Pierre Marquille
インドチームのヘッド : Nas Mehdi
ロシアチームのヘッド : Federico Bongiorno
Tourist Thief : Kate Adair
Passing Thief : ビリー・スローター
Another Thief : リンジー・クリフト
ハスラー : トーマス・フランシス・マーフィー
カードシャープ : Nicoye Banks
フレンチテック : ルイ・ガッティ
ジェニー : Cacilie Hughes
リ・ユァンのボディガード#2 : アルヴィン・チョン
Another Thief #2 : ブレット・ベイカー
スーシェフ : Taylor Persh
ウェイター : マリアーノ・ベルトリーニ
Additional McEwen Tech : スコット・マイケル・ジェファーソン
乱暴な男#1 : ビリー・ルヴィエラ
乱暴な男#2 : トーマス・トマソン
パーティーのゲスト#1 : Antonella Saldicco
パーティーのゲスト#2 : ホアキン・ベルトールド
パーティーのゲスト#3 : マリーナ・アルティガス
パーティーのゲスト#4 : Dario Dukah
医者 : マーティン・コヴァート
アポロ : アポロ・ロビンス
カード・メカニック#1 : Michael Dardant
カード・メカニック#2 : ヴィクター・モラン
DOC : エリック・マクマレン
日本チームのヘッド#1 : ハン・ソト (アン・ヒュー・グエン)
日本チームのヘッド#2 : Yeshi Tenzin
イタリアチームのヘッド : ダレル・フォスター
Head of Team : Laney Chouest
Waitress Thief : Hilary Ellison Tuttle
アルゼンチンチーム : Guillermo Miguel
BAレポーター : ニーナ・レオン
サイドラインレポーター : Nick Reasons
Coin Toss Rhino : クリス・ディーカー
Coin Toss Thresher : スティーヴィー・バッグス·Jr
アナウンサー#1 : トーマス・ホーリー
アナウンサー#2 : Walter Prestenberg Jr.
Interview Thresher : ニコラス・ハリス
チームのオーナー : パトリック・オハラ
トミー (ニッキーのクルー) : デヴィッド・ヘインズ
Cafe Host Mark : スティーヴ・M・ハモンド
Frat Guy #1 : Derrick Townsend
チケットのダフ屋 : デリック・ディー・ドレイク
ピットクルーメカニック : Andre Allemand (ノンクレジット)
Threshers Fan : チャールズ・バーバー (ノンクレジット)
ニッキーのクルー : Carmen Barika (ノンクレジット)
リ・ユァンのスーパーモデルゲスト : Candice Michele Barley (ノンクレジット)
スポーツ酒場の男 : ビクトリア・バクスター (ノンクレジット)
ヨーロッパ・レイニーチームのレーシングクルー : Eric Berris (ノンクレジット)
スカイボックスビジネスマン : トム・ビュイ (ノンクレジット)
フレンチクォーターパトロン : Joseph Randy Causin (ノンクレジット)
ジュエラー : ジョー・クレスト (ノンクレジット)
Threshers Fan : レベッカ・コリンズ (ノンクレジット)
スタンドのファン : Shakeya Connor (ノンクレジット)
リオ セキュリティ・ガード : ロス・P・クック (ノンクレジット)
SkyBox Millionaire Patron : Robert 'Bigg Sarge' Deon (ノンクレジット)
バーテンダー : ニック・ディアマンティス (ノンクレジット)
ファットドランクファン : Blake Dozzer (ノンクレジット)
サッカーファン : Divine Prince Ty Emmecca (ノンクレジット)
イタリアチーム : ジョセフ・フィッシャー (ノンクレジット)
チアリーダー : ローラ・フラナリー (ノンクレジット)
ウォーターボーイ1 : ジョン・ガルシア (ノンクレジット)
スタンドのファン : Juan Gaspard (ノンクレジット)
Pick Pocket Victim : Carlos Ramónne Graham (ノンクレジット)
ニッキーのクルー : ジーン・ケビン・ハムズ・Jr (ノンクレジット)
Mardi Gras Pedestrian : Bob Hartnack (ノンクレジット)
ウェイター : ジョン・ヘンリー (ノンクレジット)
バーテンダー : Kenneth Herrington (ノンクレジット)
シカゴファン : クリストファー・ヘスキー (ノンクレジット)
German Tourist : デヴィッド・ジェンセン (ノンクレジット)
リ・ユァンのスペシャルゲスト : トラン・ジョシュア (ノンクレジット)
セキュリティ : パトリック・カーンズ (ノンクレジット)
インディカードライバー / ウェイター / 酒場の男 : Meade Kincke (ノンクレジット)
ピットクルー : Steve Kish (ノンクレジット)
フットボールのコーチ : ジョン・C・クライン (ノンクレジット)
Horse Race Better : リッチー・J・ラッドナー (ノンクレジット)
クラブパトロン : Jennifer M. Laners (ノンクレジット)
ホテルゲスト : シンシア・ルブランク (ノンクレジット)
Thief Nickey's Crew : エルトン・ルブランク (ノンクレジット)
サッカーファン : ジャスティン・ルブラン (ノンクレジット)
歩行者 : ステファニー・マッキンタイア (ノンクレジット)
Threshers Fan : Quintin McKemie II (ノンクレジット)
フットボール選手 : Jock McKissic (ノンクレジット)
クラブの常連客 : アンナ・メドレー (ノンクレジット)
グリーンフェアリー : Starlette Miariaunii (ノンクレジット)
ポーカーディーラー : サテン・ミッチェル (ノンクレジット)
Mark - Luggage : ジョディー・マリンズ (ノンクレジット)
Dibiago : モーセス・ムニョス (ノンクレジット)
レースファン : ジェイ・オリヴァー (ノンクレジット)
Mark - Biker : James Ourso (ノンクレジット)
#42 Threshers : マーロン・プライス (ノンクレジット)
アンドリュー : ジェームズ・ローリングス (ノンクレジット)
フレンチクォーターパトロン : Angel Ribolla (ノンクレジット)
Prazuck - Rhinos Guard : Renes Rivera (ノンクレジット)
Jester Hat Man : ダルトン・ラッセル (ノンクレジット)
フレンチクォーターパトロン : キャサリン・ジーニー・ラッセル (ノンクレジット)
ハリー·マクガーク博士 : アンドリュー・センセニグ (ノンクレジット)
フレンチクォーターパトロン : Paula Shreve (ノンクレジット)
サッカーファン : ケリー・シムズ (ノンクレジット)
レーシングピットクルー : ローガン・ダグラス・スミス (ノンクレジット)
カードメカニック : ステファン・ソレア (ノンクレジット)
フットボール選手 : Chansi Stuckey (ノンクレジット)
シカゴフットボール選手 : ネイサン・アラン・トーマス (ノンクレジット)
スタンドのファン : ミシェル・トーレス (ノンクレジット)
ニッキーのクルー : Olga Wilhelmine (ノンクレジット)
Table Crew : Jesse Yarborough (ノンクレジット)







帰ってきたヒトラー (2015)
帰ってきたヒトラー (2015)

『 帰ってきたヒトラー 』 (原題:Er ist wieder da / 英題:Look Who's Back) は、2015年に製作されたドイツ映画。
 独裁者アドルフ・ヒトラーが突如として21世紀の現代にタイムスリップ、モノマネ芸人と誤解されて大ブレイクする中で、民衆が知らず知らずのうちにヒトラーに扇動され恐ろしい騒動を引き起こす様を描くコメディ・ドラマ。
 原作は、現代のドイツに蘇ったアドルフ・ヒトラーが巻き起こす騒動を過激な風刺で描き世界的ベストセラーとなった、ドイツの作家ティムール・ヴェルメシュが2012年に発表した風刺小説「帰ってきたヒトラー」。
 監督は「Kriegerin (2011)」「Feuchtgebiete (2013)」の監督・脚本を務め、本作が日本初紹介作となるダーヴィト・ヴネント。
 脚本は、本作の監督を務めるダーヴィト・ヴネントと、TVドラマ「Der Tatortreiniger (2012~2016)」のミッツィ・マイヤー。
 撮影は、TVM「Prinzessin macht blau (2004)」「WE LOVE BALLS !! (2004)」TVM「Helen, Fred und Ted (2006)」「Kirschblüten - Hanami (2008)」TVM「Mein Mann, seine Geliebte und ich (2009)」「Die Friseuse (2010)」「犯罪「幸運」 (2012)」「Alles Inklusive (2014)」のハンノ・レンツ。
 音楽は、TVM「Keine Angst (2009)」「Unkraut im Paradies (2010)」「Rubbeldiekatz (2011)」「Die Vermessung der Welt (2012)」「Feuchtgebiete (2013)」「ドッペルゲンガー 凍てつく分身 (2014)」「The Shells (2015)」「Die siebte Stunde (2016)」のエニス・ロトホフ。
 主演は、ドイツで舞台を中心に活躍する舞台俳優であり、また短編「Die rote Jacke (2002)」TVM「SWORD-X ソード-X (2004)」「グリード (2006)」TVM「VOLCANO ボルケーノ (2009)」「Was ihr wollt (2011)」TVM「Winnetou & Old Shatterhand (2016)」などの映画にも出演するオリヴァー・マスッチ。
 共演は「23 トゥエンティースリー (1999)」「Kalt ist der Abendhauch (2000)」「ヒトラー ~最期の12日間~ (2004)」TVM「悪魔のコード (2008)」「愛を読むひと (2008)」TVM「レジェンド・オブ・ロンギヌス (2010)」「アースレイジ (2011)」TVM「トレジャー・ハンターズ アインシュタインの秘宝を追え! (2012)」のファビアン・ブッシュ、TVドラマ「Stromberg (2004~2012)」「ドリームシップ エピソード1/2 (2004)」TVM「チャーリーはスーパーカー (2006)」TVM「ドン・キホーテ (2008)」「小さなバイキング ビッケ (2009)」「ビッケと神々の秘宝 (2011)」「キッズレーサー 魔法のメダルと秘密のサーキット (2013)」「Stromberg - Der Film (20014)」のクリストフ・マリア・ヘルプスト、「バンディッツ (1997)」「リトル・ウィッチ ビビと魔法のクリスタル (2002)」「もうひとりの女 (2006)」「ブラッドウルフ (2007)」TVM「VOLCANO ボルケーノ (2009)」TVM「バロン ほらふき男爵の冒険 (2012)」「ゲーテなんてクソくらえ (2013)」「生きうつしのプリマ (2016)」のカッチャ・リーマンなど。


[ 公開日 ]

2015年10月8日 ドイツ公開
2015年11月26日 オランダ公開
2016年4月8日 台湾公開
2016年4月9日 ブラジル公開
2016年4月9日 デンマーク internet 公開
2016年4月9日 フィンランド internet 公開
2016年4月9日 イタリア internet 公開
2016年4月9日 ノルウェー internet 公開
2016年4月9日 スウェーデン internet 公開
2016年4月26日 イタリア公開
2016年6月17日 日本公開
2016年9月17日 アルゼンチン German Film Festival 上映
2016年10月1日 ハンガリー公開
2017年1月28日 日本 豊橋スロータウンシネマフェスティバル上映



【 ストーリー 】

ヒトラーの姿をした男(オリヴァー・マスッチ)が突如街に現れる。
リストラされたテレビマンに発掘された男は、復帰の足掛かりにテレビに出演させられる。
男は長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者の度肝を抜く。
自信に満ちた演説はかつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と見做され、過激な毒演はユーモラスでありながら真理をついていると評判を呼び、男は一躍人気者に。
しかし、彼はタイムスリップしてきた本物のヒトラーだった。
そして天才扇動者である彼にとって、現代のネット社会は願ってもない環境だった・・・。

帰ってきたヒトラー (2015)



【 スタッフ 】

監督 : ダーヴィト・ヴネント
原作 : ティムール・ヴェルメシュ 『帰ってきたヒトラー』 (河出書房新社刊)
脚本 : ダーヴィト・ヴネント(ライター) 、ミッツィ・マイヤー(ライター) 、マルコ・クロイツパイントナー(スクリーンプレイ) 、ヨハネス・ボス(スクリーンプレイ) 、コリン・マクマホン(トランスレーション)
製作 : クリストフ ・ ミュラー 、ラース・ディトリッヒ
製作補 : セルゲイ・ルービンシュタイン
製作総指揮 : オリヴァー・ベルビン 、マルティン・モスコヴィッツ
ラインプロデューサー : クラウス・スピンラー
アシスタントプロデューサー : Margret Mackuth
ジュニアプロデューサー : フランク・ドゥデク
トレイニープロデューサー : ニコラスキップ
撮影監督 : ハンノ・レンツ
美術/プロダクションデザイン : Jenny Rösler
アートディレクション : アクセル・ノッカー
編集 : アンドレアス・ヴォドラシュケ
音楽 : エニス・ロトホフ
衣装デザイン : エルケ・フォン・シヴァース
キャスティング : ウルリケ・ミュラー
セットデザイナー : ジェニー・ルースラー
セットデコレーション : サビーヌ・シャーフ
視覚効果スーパーバイザー : Dennis Rettkowski
CGアーティスト : Michael Herm
モーションデザイナー : Sonja Rohleder
アニメーション : ラース・クリューガー
マットペインター : アレクサンダー・ポール
デジタルカラリスト : Roland Murrer
特殊効果スーパーバイザー : クラウディウス・ローチ
ヘアメイク : ジャネット・ ラツェルスベルガー 、グレゴアー・エックシュタイン
スタントコーディネーター : Wanja Götz
謝辞 : Toni-Maria Anschütz

「帰ってきたヒトラー」オフィシャルサイト



【 キャスト 】

アドルフ・ヒトラー : オリヴァー・マスッチ
マナーコーチ : Thomas M. Köppl
サッカー少年 : マルク=マーヴィン・イスラエル
サッカー少年 : David Gebigke
サッカー少年 : Paul Busche
ファビアン・ザヴァツキ : ファビアン・ブッシュ
パントマイム : Gerdy Zint
ベビーカーを持つ母 : ナンシー・マリア・ブリューニング
キオスクのオーナー : ラース・ルドルフ
喜劇作家 : ハウケ・シュミット
フランツィスカ・クレマイヤー : フランツィスカ・ウルフ
クリストフ・ゼンゼンブリンク : クリストフ・マリア・ヘルプスト
ケルントナー局長 : トマス・ティーマ
カッチャ・ベリーニ : カッチャ・リーマン
Rico Mancello : マイケル・オストロウスキー
ゲアハルト・ルムリッヒ : Christoph Zrenner
My TV エディター : Nina Beesk
My TV エディター : Rocco Coufin
My TV エディター : Stefan Kreißig
My TV エディター : Niels O. Scheer
My TV エディター : David Segler
My TV エディター : Alexander Udalov
ザヴァツキの母 : Ramona Kunze-Libnow
犬のブリーダー : フレッド・アーロン・ブレイク
ゴシックな友人 : ベルナルド・アリアス・ポラス
クレマイヤーの祖母 - グドルーン・リッター
喜劇作家 : ゲオルク・カンメラー
喜劇作家 : Folke Renken
喜劇作家 : アンドリュー・ブルケリー
喜劇作家 : ベルント・ツェラー
喜劇作家 : ティム・ウィーラン
ミヒャエル・ヴィツィヒマン : ミヒャエル・ケスラー
クラース・ハウファー=ウムラウフ (本人役)
ヨーコ・ヴィンターシャイト (本人役)
ダニエル・アミナチ (本人役)
イェルク・タデウツ (本人役)
Jüngelchen : ヤコブ・ビーバー
ウルフ・ビルネ : マクシミリアン・ストレシク
StaatsanwaltGöttlicher : ステファン・グロスマン
Frank Plasberg (本人役)
ロベルト・ブランコ (本人役)
ミヒャエラ・シェーファー (本人役)
キム・グロス (本人役)
ザヴァツキの俳優 : Marian Meder
Maik : ピエト・フックス
ネオナチ1 : アーロン・ヒルダブランド
ネオナチ2 : パトリック・ハインリッヒ
看護師ファルコ : ポール・マース
ジャーナリスト : レオン・ウルリッヒ
技術チーフ スクリーマー : イェンス・ライマン
コック : カタリーナ・アプト
クリーニング男 : Roman Kanonik
画像チーフ : クリスチャン・ハーティング
YouTubeユーザー : ChrisTezz
YouTubeユーザー : Christoph Krachten
YouTubeユーザー : ダギ・ビー
YouTubeユーザー : Torge Oelrich
YouTubeユーザー : ジョイス・イルク
YouTubeユーザー : MrTrashpack
YouTubeユーザー : ロベルト・ホフマン
YouTubeユーザー : Toyah Diebel
Extra : トビアス・ラウターベルク (ノンクレジット)
ジャーナリスト : Louis DeVaughn Nelson (ノンクレジット)
ウーテ・カスラー : ニナ・プロール (ノンクレジット)
パンク : アレクサンダー・レオポルド・シャンク (ノンクレジット)
Ventsislav Slavov (本人役) (ノンクレジット)
My TV 研修生 : クリスチャン・ワグナー (ノンクレジット)
Geert Wilders (本人役) (ノンクレジット)










― サウンドトラック ―


― 原作小説 ―





イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所 (2014)
イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所 (2014)1

『 イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所 』 (原題:If I Stay) は、2014年に製作されたアメリカ映画。
 突然の事故で愛する家族を失い、自身も昏睡状態に陥った17歳の少女が、“生”か“死”かという究極の選択を迫られるまでの24時間の物語を描く青春・ファンタジー。
 原作は、2009年にアメリカで発表されてベストセラーとなり、世界34カ国でも翻訳されたゲイル・フォアマンによるヤングアダルト小説「ミアの選択」。
 監督はドキュメンタリーやTVドラマを中心に活躍する「クリントンを大統領にした男 (1993)」の製作や「ファッションが教えてくれること (2009)」の監督・製作を務めるR・J・カトラー。
 脚本は「ローラーガールズ・ダイアリー (2009)」「恋愛だけじゃダメかしら? (2012)」のショーナ・クロス。
撮影は「フル・モンティ (1997)」「マイ・フレンド・メモリー (1998)」「セレンディピティ (2001)」「Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス? (2004)」「新しい人生のはじめかた (2008)」「17歳の肖像 (2009)」「カルテット!人生のオペラハウス (2012)」のジョン・デ・ボーマン。
 音楽は「サンキュー、ボーイズ (2001)」「ダンシング・ハバナ (2004)」「恋の終わりの始め方 (2007)」「ビバリーヒルズ・チワワ (2008)」「恋するベーカリー (2009)」アニメ「怪盗グルーの月泥棒 3D (2010)」「スマーフ2 アイドル救出大作戦! (2013)」のエイトール・ペレイラ(ヘイター・ペレイラ)。
 主演は「悪魔の棲む家 (2005)」「アイズ (2008)」「(500)日のサマー (2009)」「キック・アス (2010)」「モールス (2010)」「キリング・フィールズ 失踪地帯 (2011)」「ダーク・シャドウ (2012)」「キャリー (2013)」のクロエ・グレース・モレッツ。
 共演は「ブレア・ウィッチ・プロジェクト (1999)」「ザ・ダイバー (2000)」「シャギー・ドッグ (2006)」「ボビーZ (2007)」「ビューティフル・ルーザーズ (2008)」「シャーク・ナイト (2011)」「ランナウェイ・ブルース (2012)」のジョシュア・レナード、TVドラマ「THE KILLING ~闇に眠る美少女 (2011~2013)」「L.A. ギャング ストーリー (2012)」「ワールド・ウォー Z (2013)」「デビルズ・ノット (2013)」「サボタージュ (2014)」のミレイユ・イーノス、「エスケープ・フロム・L.A. (1996)」「ザ・チャイルド (1999)」「フローズン・インパクト (2002)」「ブッシュ (2008)」「ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀 (2011)」「ボーン・レガシー (2012)」「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 (2013)」のステイシー・キーチ、「フライ・オブ・ザ・デッド (2010)」「ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD- (2010)」「スノーホワイト (2012)」「U Want Me 2 Kill Him/ユー・ウォント・ミー・トゥ・キル・ヒム (2013)」「フィフス・エステート/世界から狙われた男 (2013)」のジェイミー・ブラックリーなど。


[ 公開日 ]

2014年8月18日 アメリカ New York City, New York premiere 公開
2014年8月20日 アメリカ Los Angeles, California premiere 公開
2014年8月22日 バハマ公開
2014年8月22日 カナダ公開
2014年8月22日 キプロス公開
2014年8月22日 台湾公開
2014年8月22日 アメリカ公開
2014年8月24日 イスラエル公開
2014年8月28日 アラブ首長国連邦公開
2014年8月28日 オーストラリア公開
2014年8月28日 アゼルバイジャン公開
2014年8月28日 チリ公開
2014年8月28日 カザフスタン公開
2014年8月28日 メキシコ公開
2014年8月28日 ニュージーランド公開
2014年8月28日 ポルトガル公開
2014年8月28日 ロシア公開
2014年8月28日 スロベニア公開
2014年8月28日 ウクライナ公開
2014年8月29日 イギリス公開
2014年8月29日 アイルランド公開
2014年8月29日 ラトビア公開
2014年9月3日 エジプト公開
2014年9月3日 フィリピン公開
2014年9月4日 アルゼンチン公開
2014年9月4日 アルバ公開
2014年9月4日 ブラジル公開
2014年9月4日 コロンビア公開
2014年9月4日 ヨルダン公開
2014年9月4日 レバノン公開
2014年9月4日 シンガポール公開
2014年9月5日 フィンランド公開
2014年9月5日 インド公開
2014年9月5日 パラグアイ公開
2014年9月5日 スウェーデン公開
2014年9月10日 ベルギー公開
2014年9月10日 カンボジア公開
2014年9月11日  ボリビア公開
2014年9月11日 香港公開
2014年9月11日 クロアチア公開
2014年9月11日 ハンガリー公開
2014年9月11日 イラク公開
2014年9月11日 クウェート公開
2014年9月11日 ペルー公開
2014年9月11日 ウルグアイ公開
2014年9月12日 ケニア公開
2014年9月12日 ポーランド公開
2014年9月12日 ルーマニア公開
2014年9月17日 フランス公開
2014年9月18日 スイス German speaking region 公開
2014年9月18日 コスタリカ公開
2014年9月18日 チェコ共和国公開
2014年9月18日 ドイツ公開
2014年9月18日 イタリア公開
2014年9月18日 オランダ公開
2014年9月18日 パナマ公開
2014年9月18日 セルビア公開
2014年9月18日 スロバキア公開
2014年9月19日 オーストリア公開
2014年9月19日 スペイン公開
2014年9月19日 ノルウェー公開
2014年9月19日 トルコ共和国公開
2014年9月19日 南アフリカ公開
2014年9月25日 デンマーク公開
2014年10月8日 マルタ公開
2014年10月11日 日本公開



【 ストーリー 】

17歳の高校3年生、ミア(クロエ・グレースモレッツ)には、親友と呼べる友人と、付き合い始めて1年になるミュージシャンの彼氏がいる。
将来の夢はチェロ奏者で、ジュリアード音楽院への入学をめざしてもう練習中だ。
ある雪の日、ミアと一家が乗った車に対向車が突っ込む事故が起こる。
ミアは一瞬にして家族を失う。
病院のベッドの上で、昏睡状態のミアが目にしたのは、ベッドに横たわる自分の姿と、幸せだったこれまでの人生、そして、彼女を死の淵から呼び戻そうとする人々の姿だった。
いつもと変わりなく話しかけてくれるおばあちゃんと、「辛いならがんばらなくてもいい」と言って泣くおじいちゃん。
親友のキムと、看護師の制止を振り切って最愛のアダム(ジェイミー・ブラックリー)も駆けつける。
彼らがミアに語ったこととは?
そして、ミアは何を見るのか?
事故からミアの決断までの24時間が始まる・・・。

イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所 (2014)3
イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所 (2014)6
イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所 (2014)8
イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所 (2014)4
イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所 (2014)9
イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所 (2014)7
イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所 (2014)2



【 スタッフ 】

監督 : R・J・カトラー
原作 : ゲイル・フォアマン 『ミアの選択』(小学館刊)
脚本 : ショーナ・クロス
製作 : アリソン・グリーンスパン
製作総指揮 : デニーズ・ディ・ノヴィ 、ゲイル・フォアマン 、ブラッド・バン・アラゴン 、トレヴァー・スミス
撮影 : ジョン・デ・ボーマン
美術/プロダクションデザイン : ブレント・トーマス
編集 : キース・ヘンダーソン
音楽 : エイトール・ペレイラ (ヘイター・ペレイラ)
音楽監修 : リンダ・コーエン
衣装デザイン : モニク・プリュドム
キャスティング : ロンナ・クレス
セット制作 : ルイーズ・ローパー
視覚効果(Visual Effects) : ジェイミー・バクスター 、パトリック・クランシー 、ダン・ディクソン 、Frank Akrong 、Stanislav Enilenis 、Mikyoung Hahm 、Kayla Lloyd 、Dale Pretorius 、Mark Prusten 、Jevon Tsen 、Brent Veal
メイク : リサ・ラヴ 、Jill Bailey 、Anji Bemben 、Jenine Lehfeldt 、Faye von Schroeder



【 キャスト 】

ミア・ホール : クロエ・グレース・モレッツ
キャット : ミレイユ・イーノス
デニー : ジョシュア・レナード
アダム : ジェイミー・ブラックリー
キム : リアナ・リベラト
祖父 : ステイシー・キーチ
祖母 : ガブリエル・ローズ
テディ : ジェイコブ・デイヴィス
リズ : アリ・ミルナー
ラミレス看護士 : アイシャ・ハインズ
ウィロー : ローレン・リー・スミス
ヘンリー : アダム・ソロモニアン
リディ : チェラー・ホースダル
ジョン・エメット・トレイシー
クリスティーン・ウィリス
アリーヤ・オブライエン
ポール・ジャレット
デイヴ・コレット
デヴィッド・オース
カミル・アテベ
アナベル・カーショウ
プリモ・アロン
ジョン・ショウ
マイケル・アダムスウェイト
ジェイムソン・トレンホルム
ドニー・マクニール
ジュヌヴィエーヴ・ビークナー
エリサ・キング
シルヴェスタ・スチュアート
Gabrielle Cerys Haslett
Arielle Tuliao
Sarah Grey
William C. Vaughan
Giles Panton
Toby Hargrave
Alisa Weilerstein
Brett Wise
Steven Jeays
Boyd Ferguson
Ben Klassen
Ryan Stephenson
Tom Vanderkam
Tony Dubroy
Chevy Lamont Cofield
Hunter Goligoski
Raj Lal
Devon Wells
Dan Zachary








リザとキツネと恋する死者たち (2014)
リザとキツネと恋する死者たち (2014)

『 リザとキツネと恋する死者たち 』 (別邦題:牝狐リザ / 原題:Liza, a rókatündér / 英題:Liza the Fox-Fairy) は、2014年に製作されたハンガリー映画。
 栃木県・那須に伝わる「九尾の狐伝説」をモチーフに、日本人歌手の幽霊と同居する日本の恋愛小説が生きがいのシャイな30歳の独身女性が、恋した相手が次々と殺されてゆく奇妙な事件に巻き込まれるハンガリー産のファンタジック・コメディ。
 監督は、本作が長編デビューとなるCMディレクターのウッイ・メーサーロシュ・カーロイ。
撮影は「Dealer (2004)」「人生に乾杯! (2007)」「愛を複製する女 (2010)」のペーター・サトマーリ。
 主演は、シェイクスピア、オスカーワイルドの演劇に主演女優として参加、ハンガリー中での公演に出演し、2007年からは19世紀から続くハンガリーの国立劇団で主演女優として所属する一方で、2011年からテレビ、映画でも活躍する「ハンガリー大使人質事件 (2014)」のモーニカ・ヴァルシャイ。
 共演は「Fighter (2007)」「No Right Turn (2009)」「Eastern Army (2010)」「Wasteland Tales (2010)」「Detektiverne (2013)」「ファイティング・ダディ 怒りの除雪車 (2014)」のデヴィッド・サクライ、2000年から国立劇団に所属しながら、様々な劇団から客演として招かれる実力派俳優サボルチ・ベデ=ファゼカシュ、ハンガリーで最も有名な俳優・声優と言える存在で、70本を超える作品に出演しているハンガリーの国民的俳優ガーボル・レヴィツキなど。


[ 公開日 ]

2015年2月19日 ハンガリー公開
2015年3月2日 ポルトガル Fantasporto Film Festival 上映
2015年3月7日 アルゼンチン Pantalla Pinamar Festival 上映
2015年3月10日 日本 大阪アジアン映画祭 上映
2015年4月10日 台湾 Taipei Golden Horse Fantastic Film Festival 上映
2015年4月12日 オランダ Imagine Film Festival 上映
2015年5月25日 アメリカ Seattle International Film Festival 上映
2015年6月25日 イギリス Edinburgh International Film Festival 上映
2015年7月4日 スイス Neuchâtel International Fantastic Film Festival 上映
2015年7月21日 日本 SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 上映
2015年7月26日 ポーランド New Horizons Film Festival 上映
2015年9月29日 アメリカ Fantastic Fest 上映
2015年10月10日 ルーマニア Dracula Film Festival 上映
2015年10月30日 スウェーデン Lund International Fantastic Film Festival 上映
2015年10月30日 スウェーデン Monsters of Film, Stockholm 上映
2015年11月4日 イタリア Science+Fiction, Trieste 上映
2015年11月5日 カナダ Cellar Door Film Festival 上映
2015年11月7日 アメリカ Denver International Film Festival 上映
2015年12月19日 日本公開



【 ストーリー 】

1970年代のブダペスト。
日本大使未亡人の看護人として住み込みで働くリザ(モーニカ・ヴァルシャイ)の心の拠り所は、日本の恋愛小説と、自分にしか見えない幽霊の日本人歌手、トミー谷(デヴィッド・サクライ)だった。
その軽妙な歌声は、日々の孤独を忘れさせてくれた。
そして迎えた30歳の誕生日。
恋愛小説にあるような甘い恋に出会おうと、リザは意を決して未亡人から2時間だけ外出許可を貰う。
ところが外出中、何者かによって未亡人が殺害される事件が発生。
悲しみに暮れるリザの周辺で、奇怪な殺人事件が次々と起きる。
彼女が恋した人は死者となり、そこにはキツネの影が・・・。
刑事のゾルタンは下宿人を装ってリザと同居を開始。
密かに捜査を進めてゆくが、リザに殺人の気配は微塵も感じられない。
一体、真犯人は誰なのか・・・?

リザとキツネと恋する死者たち (2014)



【 スタッフ 】

監督 : ウッイ・メーサーロシュ・カーロイ
脚本 : ウッイ・メーサーロシュ・カーロイ 、バーリント・ヘゲドゥーシュ
製作 : István Major
共同製作 : Gábor Ferenczy 、Dr. Korom Norbert
アソシエイトプロデューサー : Csanád Darvas
ラインプロデューサー : Hanga Kurucz
ファイナンシャルアドバイザー : Tamás Csutak
撮影 : ペーター・サトマーリ
美術/プロダクションデザイン : Balázs Hujber
編集 : Judit Czakó
音楽 : アンブルシュ・テヴィシュハージ
衣装デザイン : Ibolya Bárdosi
キャスティング : Linda Kondákor
セットデコレーション : ガボール・ナギ 、Bálint Diószegi 、Peter Gantner
視覚効果アーティスト : ゾルタン・ボグダン
リードテクニカルディレクター : Princz Agoston
リードテクスチャアーティスト : János Tujner
ライティングテクニカルディレクター : Csaba Elteto
VFXスーパーバイザー : ゾルタン・ベニョ
VFXプロデューサー : Zoltán Szarvasi
FXテクニカルディレクター : ゾルタン・フィードラー
コンポジッティングスーパーバイザー : Pál Klemm
ジェネラリストTD : イゴール・ボカ
デジタルコンポッター : Mária Czeglédi 、Roby Illés 、ガブリエラ・コーラン 、ディーンズ・モルナール 、Richard Nagy 、Zoltán Szegedi 、Balázs Sántha 、Pál Tauszig
ソフトウェア開発&サポート : Imre Lovász
CGIスーパーバイザー : Miklós Nagy
アニメーションCGIアーティスト : András Sarkadi
3Dスーパーバイザー : Zoltan Sostai
スタンバイ特殊効果 : バーナ・バラジュ 、Gábor Styevkó
特殊効果メイクアップ : Nóra Kapás
特撮 : Péter Szilágyi
パイロテクニシャン : Ferenc Török
甲冑師 : Béla Gajdos
メイクアップデザイナー : Csilla Blake-Horváth
追加メイクアップアーティスト : Noémi Czakó 、Katalin Jakots 、Magdolna Márta
ヘアスタイリスト部門ヘッド : Erzsébet Rácz
追加ヘアスタイリスト : Csaba Szever 、Julia Vitray
ウイッグメーカー : Mariann Hufnágel
スタントコーディネーター : バラージュ・ファーカス
謝辞 : Zsombor Dyga
日本語字幕 : 川喜多綾子



【 キャスト 】

リザ (元日本大使夫人マルタの専属看護人 / 恋する日本オタク) : モーニカ・ヴァルシャイ
トミー谷 (マルタの家に棲みつく幽霊) : デヴィッド・サクライ
ヘンリック (野獣) : ゾルタン・シュミエド
ゾルタンの上司 : ガーボル・レヴィツキ
ゾルタン (身分を隠しリザの家に居候する刑事) : サボルチ・ベデ=ファゼカシュ
カーロイ (スーパー味オンチ) : アンタル・チェルナ
マルタ田中 (元日本大使未亡人) : Piroska Molnár
Ezredes : Gábor Reviczky
Hildácska : Mariann Kocsis
インゲ (同じアパートに住むセクシー美女) : Ági Gubik
ルドヴィク (スーパー狭所フェチ) : リーヘル・コヴァックス
Edit : Zsuzsa Töreky
テリー : ヴァリー・ダニエル
ヴィルマ : Mária Bókay
ジョニー : Gyözö Szabó
Dr. Keserü : イシュトヴァン・ゴズ
マネージャー : István Hajdu
Orsi : Klára Jarábik
Kriszta : Kata Bartsch
Orsi férje : ロドリゴ・クレスポ
Szívtipró : ヤーノシェ・バーン
Rendörorvos : Sándor Szûcs
Örmester : László Nádasi
Titkárnö : Nóra Diána Takács
Kéményseprö : Dezsö Rancsó
Johnny kislánya : Katalin Kiss Horváth
Mekkburger eladó : Orsolya Mihály
Ápolónö : Andrea Balázs
テレショップ ジョヴァンニ : Zoltán Karácsonyi
Malvinka : カタリン・ベーネ
ティミー : Kata Losonczi
コスモ カバーガール : Gyöngy Bérces
ドリー : Kata Purt
ナレーター (声) : Gábor Harsányi




― ミュージック・クリップ ―








スケア・キャンペーン (2016)
スケア・キャンペーン (2016)

『 スケア・キャンペーン 』 (原題:Scare Campaign) は、2016年に製作されたオーストラリア映画。
 人気ドッキリ番組の撮影現場に本物の殺人鬼が現われたことから巻き起こる惨劇を、二転三転するストーリー展開と臨場感あふれるPOV映像で描くバイオレンス・サバイバル・ホラー。
 監督・脚本は、本作が長編2作目となる「モーガン・ブラザーズ (2012)」のオーストラリア出身のコリン・ケアンズ&キャメロン・ケアンズ兄弟。
 撮影監督は「レイク・マンゴー ~アリス・パーマーの最期の3日間~ (2008)」「パーフェクト・ホスト 悪夢の晩餐会 (2010)」「モーガン・ブラザーズ (2012)」「The Turning (2013)」のジョン・ブローリー。
 音楽は「モーガン・ブラザーズ (2012)」のグレン・リチャーズ。
出演は「1MC: Something of Vengeance (2010)」TVM「Beauty and the Beast (2012)」短編「Emily (2012)」短編「Maiden (2013)」TVドラマ「TURN (2014~2016)」「ジェシカ・アルバ ヘブンズ・ベール ~死のバイブル~ (2016)」「The Caretaker (2016)」短編「Checkmate Flatmate (2016)」のミーガン・ワーナー、「小さな村の小さなダンサー (2009)」TVM「3 Acts of Murder (2009)」TVM「Underbelly Files: The Man Who Got Away (2011)」「The Turning (2013)」TVM「Parer's War (2014)」TVドラマ「8MMM Aboriginal Radio (2015)」「Killing Ground (2016)」TVドラマ「The Wrong Girl (2016)」のイアン・メドウズ、短編「Good Pretender (2011)」短編「Polarised (2012)」短編「Eleven Thirty (2012)」「The Sisterhood of Night (2014)」TVドラマ「Hiding (2015)」「ヴィジット (2015)」「Safe Neighborhood (2016)」TVドラマ「Will (2017)」のオリヴィア・デヨングなど。


[ 公開日 ]

2016年3月23日 フランス Lyon Festival Hallucinations Collectives 上映
2016年5月8日 スペイン FANT, Bilbao Fantasy Festival 上映
2016年7月1日 スイス Neuchâtel International Fantastic Film Festival 上映
2016年8月19日 ドイツ Fantasy Filmfest 上映
2016年10月8日 フランス Absurde Seance 上映
2016年10月25日 アメリカ internet 上映
2016年11月5日 メキシコ Morbido Film Fest 上映
2016年11月10日 クウェート公開
2016年11月26日 オーストラリア Monster Fest 上映
2017年1月14日 日本 東京・ヒューマントラストシネマ渋谷〈未体験ゾーンの映画たち2017〉上映
2017年1月25日 日本 東京・青山シアター〈未体験ゾーンの映画たち2017〉オンライン上映
2017年1月28日 日本 大阪・シネリーブル梅田〈未体験ゾーンの映画たち2017〉上映
2017年4月21日 トルコ公開
2017年5月25日 イタリアDVD premiere 発売



【 ストーリー 】

出演者をニセの心霊現象などで怖がらせるドッキリ企画で長年人気を集めてきたテレビ番組「スケア・キャンペーン」。
しかし最近は、無料動画投稿サイトの過激な映像に押され、人気が下降しつつあった。
そんな現状を打ち破るべく、廃墟となった病院を使い、迷い込んできた一般人を大規模な仕かけで驚かそうというドッキリ企画を敢行することに。
やがて、病院内に不審な男がやって来る。
だが、その男は本物の殺人鬼で、番組スタッフを1人また1人と血祭りにあげていく。
恐怖に逃げ惑うスタッフたち。
しかしその先には、さらに驚くべき展開が待っていた・・・。

スケア・キャンペーン (2016)



【 スタッフ 】

監督 : コリン・ケアンズ 、キャメロン・ケアンズ
脚本 : コリン・ケアンズ 、キャメロン・ケアンズ
製作 : ジュリー・ライアン
製作総指揮 : ジョナサン・ペイジ 、ロジャー・サヴェージ 、ブライス・メンジス
撮影監督 : ジョン・ブローリー
サウンドレコーディスト : マネル・ロペス
フォーリーアーティスト : マリオ・ヴァカーロ
フォーリーレコーディスト : アレックス・フランシス
美術/プロダクションデザイン : ジャスティン・ディックス
アートディレクター : デイル・バムフォード
アシスタントアートディレクター : エミリー・マクレガー
編集 : アダム・ホワイト
音楽 : グレン・リチャーズ
衣装デザイン : エスター・マリー・ヘイズ
キャスティング : リー・ピックフォード
視覚効果アーティスト : ピーター・W・アレン
特殊効果メイクアップ : ジャスティン・ディックス
補綴ワークショップスーパーバイザー : ジャスティン・ディックス
特殊効果技術者 : アダム・カンジーサー
特殊効果アシスタント : アシュリー・コリアー 、ベック・ヒルトン 、アリー・ジェンキンス 、ニック・ローリー 、ジョージア・マクフィー 、リヴ・ザク
特殊効果スクラプター : リー・マーシュ
SFXメイクアップスーパーバイザー : ルーク・ポッティ
メイクアップ部門ヘッド : ミア・ケイト・ラッセル
ファーストアシスタントディレクター : アンドリュー・パワー
セカンドアシスタントディレクター : マーティン・ダートネル 、キャメロン・スチュワート(メルボルン)
サードアシスタントディレクター : ローマン・マイヤー
スタントコーディネーター : レグ・ローディンク
プロダクションマネージャー : アン・フォールドランド

「未体験ゾーンの映画たち2017」オフィシャルサイト



【 キャスト 】

エマ : ミーガン・ワーナー
マーカス : イアン・メドウズ
アビー : オリヴィア・デヨング
ローハン : ジョシュ・クン・タート
JD : パトリック・ハーヴェイ
スーズ : カサンドラ・マグラス
トニー : スティーヴ・モウザキス
ジョージ : ジョン・ブランプトン
ディック : ジェイソン・ギアリー
ヴィッキー : シグリッド・ソーントン
アヤコ : カイティング・ヤップ








グリーン・インフェルノ (2013)
グリーン・インフェルノ (2013)
グリーン・インフェルノ (2013)
グリーン・インフェルノ (2013)

『 グリーン・インフェルノ 』 (原題:The Green Inferno) は、2013年に製作されたアメリカ・チリ合作映画。
1981年製作のルッジェロ・デオダート監督作「食人族」をモチーフに、アマゾン奥地で食人族に捕らわれた若者たちの壮絶な運命を残酷描写満載で描くモンド・ホラー。
 監督は、俳優やプロデューサー、脚本家と幅広く活躍する「キャビン・フィーバー (2002)」「The Rotten Fruit (2003)」「ホステル (2005)」「グラインドハウス (2007)」「ホステル2 (2007)」「イングロリアス・バスターズ (2009)」「Knock Knock (2015)」の監督などを務める鬼才イーライ・ロス。
 脚本は、本作の監督を務めるイーライ・ロスと、「Que pena tu vida (2010)」「Retorno (2010)」「Que pena tu boda (2011)」「Que pena tu familia (2012)」「アフターショック (2012)」「イーライ・ロス PRESENTS ザ・ストレンジャー ~感染者~ (2014)」「Knock Knock (2015)」のギレルモ・アモエド。
 撮影は「Que pena tu vida (2010)」「Que pena tu boda (2011)」「Que pena tu familia (2012)」「アフターショック (2012)」「Stefan v/s Kramer (2012)」「Ciudadano Kramer (2013)」「Knock Knock (2015)」のアントニオ・クエルチャ。
 音楽は「アフターショック (2012)」「イーライ・ロス PRESENTS ザ・ストレンジャー ~感染者~ (2014)」のマヌエル・リベイロ。
出演は、ロス監督の妻であり「Que pena tu boda (2011)」「Que pena tu familia (2012)」「アフターショック (2012)」「イーライ・ロス PRESENTS ザ・ストレンジャー ~感染者~ (2014)」「SEXエド チェリー先生の白熱性教育 (2014)」「Knock Knock (2015)」などに出演する女優のロレンツァ・イッツォ、「Que pena tu vida (2010)」「Que pena tu boda (2011)」「Que pena tu familia (2012)」「アフターショック (2012)」「イーライ・ロス PRESENTS ザ・ストレンジャー ~感染者~ (2014)」「Fuerzas Especiales (2014)」のアリエル・レヴィなど。


[ 公開日 ]

2013年9月8日 カナダ Toronto International Film Festival 上映
2013年10月4日 ブラジル Rio Film Festival 上映
2013年10月12日 スペイン Sitges 上映
2013年11月2日 アメリカ New York City, New York premiere 上映
2013年11月8日 アメリカ AFI Fest 上映
2013年11月12日 イタリア Rome Film Festival 上映
2014年3月 ドイツ Fantasy Filmfest 上映
2014年4月25日 アメリカ Stanley Film Festival 上映
2014年6月20日 イギリス Edinburgh International Film Festival 上映
2014年8月2日 カナダ Fantasia International Film Festival 上映
2014年9月4日 アゼルバイジャン公開
2014年9月4日 カザフスタン公開
2014年9月25日 ブラジル公開
2014年9月25日 マレーシア公開
2014年9月25日 ウルグアイ公開
2014年10月9日 コロンビア公開
2014年10月16日 チリ公開
2014年10月18日 メキシコ Morelia International Film Festival 上映
2014年11月7日 オーストラリア Canberra International Film Festival 上映
2015年 イギリス公開
2015年9月5日 フランス Deauville Film Festival 上映
2015年9月19日 メキシコ Mexico City 公開
2015年9月20日 日本 第8回したまちコメディ映画祭in台東 上映
2015年9月23日 フィリピン公開
2015年9月24日 イタリア公開
2015年9月25日 カナダ limited 公開
2015年9月25日 アメリカ公開
2015年10月1日 シンガポール公開
2015年10月8日 ギリシャ公開
2015年10月16日 フランス internet 公開
2015年10月16日 台湾公開
2015年10月31日 オーストラリア公開
2015年10月31日 オランダ公開
2015年11月5日 ロシア公開
2015年11月6日 リトアニア公開
2015年11月28日 日本公開
2015年12月22日 ドイツ DVD and Blu-ray premiere 発売



【 ストーリー 】

大学に通うジャスティン(ロレンツァ・イッツォ)は講義で “割礼を強いられ、女性が過酷な状態に置かれる野蛮な部族” の存在を知り、国連で弁護士をしている父親が何とかしてくれるはずと訴える。
それを知った過激な慈善活動をしている学生グループのメンバーから集会への誘いをうける。
気乗りはしなかったが好みのタイプであり、カリスマ性のあるリーダーのアレハンドロ(アリエル・レヴィ)に惹かれ、参加することに。
アレハンドロは消えゆく部族を救う計画を練っていた。
ある企業団体が地下天然ガスを狙っており、ペルーにある未開のジャングルが破壊され、そこにいる先住民のヤハ族が危機に瀕しているというのだ。
しかし、ジャスティンは軽率な発言をしたことでその集会を追い出されてしまう。
翌朝、反省したジャスティンはアレハンドロに謝り、改めて彼の計画を聞くことにする。
その計画とは、現地に乗り込み携帯カメラでその一部始終を撮影、それをネットに上げ てメディアの注目を集めるというものだった。
使命感に燃える若者達は現地の状況を調査し、計画を具体的に練り上げていく。
撮影に成功したら映像をすぐにTwitterに上げ、 衛星を使ってネットで中継すれば企業団体に勝てると考えていた。
ジャスティンは彼の熱意に心打たれ、同行を決意する。
友人のケイシー(スカイ・フェレイラ)が心配する中、ジャスティンは仲間達とセスナ機でペルーへと飛び立っていく。
乗り物を乗り継ぎ、現地に着くと彼らは森林伐採をしている作業員たちと同じ作業着に着替え、「戦い」へと備える。
彼らがジャングルの奥地へと進んでいくと企業団体を発見、それぞれマスクをかぶり、工事現場を襲撃。
カメラで現場を撮影、生中継をしながら「ヤハ族の故郷!自然を壊すな!」と叫び続けた。
銃をもった警備員たちが現れ、緊張感が高まるも、アレハンドロはジャスティンが国連職員の娘だということを利用し、企業を糾弾すると、間一髪のところで警備員た ちが銃を取り下げるのだった。
彼らのゲリラ戦は大成功に終えるも、そのまま強制送還される。
帰りのセスナ機の中、トレンドに自分たちの動画がトップになり、違法な森林伐採が世に暴露され、世界的に注目を集めたことを知る。
しかし、彼らの喜びが頂天に達したとき、セスナ機がエンジントラブルを起こし、アマゾンのど真ん中に墜落してしまう。
事故現場は凄惨なものになっていた。
仲間のうち数名は空中でセスナ機から吸い出され、着陸の衝撃で死亡者も出てしまった。
命からがら助けを求める彼らの前に人の姿が現 れる。
それは体を真っ赤に染めた、彼らが守ろうとしていたヤハ族だった。
しかしヤハ族は友好的ではなかった。
毒矢で学生らを襲撃し、気絶させ、全員を捕らえてしまう。
気づいた学生たちは目の前で仲間の一人が生きたまま解体され、その肉片を頬張る信じられない光景を見せつけられる。
ヤハ族は人間を食べる習慣をもつ食人族だったのだ!
捕らわれた彼らは一人、また一人と喰われていく・・・。

グリーン・インフェルノ (2013)



【 スタッフ 】

監督 : イーライ・ロス
原案 : イーライ・ロス
脚本 : イーライ・ロス 、ギレルモ・アモエド
製作 : イーライ・ロス 、ミゲル・アセンシオ 、ニコラス・ロペス 、クリストファー・ウッドロウ 、モリー・コナーズ
共同製作 : アマンダ・バウアーズ 、マイケル・ロメロ
製作総指揮 : マリア・セストーン 、サラ・E・ジョンソン 、ホイト・デヴィッド・モーガン 、ジェイソン・ブラム 、マイケル・ジョー
アソシエイトプロデューサー : グスタボ・サンチェス
撮影 : アントニオ・クエルチャ
美術/プロダクションデザイン : Marichi Palacios
アートディレクター : ニコラス・トン
アートディレクション : フェルナンド・エール
編集 : アーネスト・ディアス・エスピノーザ
音楽 : マヌエル・リベイロ
衣装デザイン : Elisa Hormazábal 、Kama K. Royz
キャスティング : ケリー・ワグナー 、Dominika Posserén
セットデコレーション : Armann Ortega
視覚効果スーパーバイザー : Rodrigo Rojas Echaiz
シニア視覚効果ジェネラリスト : アーロン・バーンズ
デジタルカラーリスト : イスマエル・カブレラ
デジタルインターメディアート : イスマエル・カブレラ
デジタルコンポジッター : Rodrigo Rojas Echaiz 、イスマエル・カブレラ 、フェリックス・ベルガラ 、マウロ・コントレラス・ヴィジェガス
特殊メイクアップ効果アーティスト : オジー・アルヴァレズ 、ジョナ・レヴィ
スタントコーディネーター / ファイト振付師 : ウェルナー・シュアマン
アシスタントスタントコーディネーター / アシスタントファイトコーディネーター : Jorge Vergara
スペシャルサンクス : Aaron Boyajian 、Michele Cestone 、ジョン・ダミコ 、Anna Demchick 、Conal Duffy 、Ali Faramawy 、Mo Faramawy 、Chris Giannou 、Teri Giannou 、イーサン・ラザー 、ショーン・レーヴェンタール 、Matthew Paszamant 、リック・リード 、レベッカ・シャナハン 、Joshua Spiegel 、Ilan Ulmer



【 キャスト 】

ジャスティン : ロレンツァ・イッツォ
アレハンドロ : アリエル・レヴィ
エイミー : カービー・ブリス・ブラントン
サマンサ : マグダ・アパノヴィッチ
ラース : ダリル・サバラ
ケイシー : スカイ・フェレイラ
ジョナ : アーロン・バーンズ
ダニエル : ニコラス・マルティネス
カーラ : イグナシア・アラマンド
ボールドヘッドハンター : ラモン・ラオ
チャールズ : リチャード・バージ
カルロス : マティアス・ロペス
村の長老 : Antonieta Pari
村の少女 : Tatiana Panaifo
ガードリーダー : Percy Chumbe
エルダーのアシスタント : クララ・ヴァスケス
スコット : エウセビオ・アレナス
先生 : サリー・ローズ
Detective : ポール・ノリス
ディーン : ジョン・マーク・アラン
活動家1 : Mary Dunworth
活動家2 : コーディ・ピットマン
活動家3 : カロライナ・チャコン
活動家4 : Eric Kleinsteuber
活動家5 : Tyler Caffall
パイロット : マルコ・フリアス
副操縦士 : Bruno Pakomio
儀式画家 : Eufemia Teao
ナイフシャープナー : Maria Tepihe
トールガール : Karen Ofanama
救助隊員 : ネルソン・カスティーロ









アンダー・ザ・スキン 種の捕食 (2013)
アンダー・ザ・スキン 種の捕食 (2013)2
アンダー・ザ・スキン 種の捕食 (2013)3

『 アンダー・ザ・スキン 種の捕食 』 (原題:Under the Skin) は、2013年に製作されたイギリス・アメリカ・スイス合作映画。
 妖艶な容姿を武器に誘惑した男たちを餌食する美しきエイリアンの運命を描いたSF・スリラー・ドラマ。
原作は、ミッシェル・フェイバーの処女作となるSF・スリラー小説「アンダー・ザ・スキン」。
 監督は「Radiohead: 7 Television Commercials (1998)」「セクシー・ビースト (2000)」「記憶の棘 (2004)」のジョナサン・グレイザー。
 脚本は、本作の監督を務めるジョナサン・グレイザーと、ウォルター・キャンベル。
撮影は「Radiohead: 7 Television Commercials (1998)」「くたばれ!イングランド (2006)」「44 Inch Chest (2009)」「ゲスト (2009)」のダン・ランディン。
 音楽は、個人のミュージシャンとしては最年少でロンドンのサウスバンク・センターの招聘アーティストとなったミカ・レヴィ。
 主演は、本作で初のフルヌードに挑み体当たりの演技を見せる「ホーム・アローン3 (1998)」「バーバー (2001)」「アイランド (2005)」「ブラック・ダリア (2006)」「ブーリン家の姉妹 (2008)」「アイアンマン2 (2010)」「アベンジャーズ (2012)」「LUCY/ルーシー (2014)」のスカーレット・ヨハンソン。
 共演は「天使の分け前 (2012)」「Sunshine on Leith (2013)」のポール・プラニガン、「ダーク・ブルー (2001)」「Výlet (2002)」「Flickan (2009)」「乙女の汚れた裸 (2013)」のクリシュトフ・ハーディック、「ザ・トレンチ 塹壕 (1999)」「16 Years of Alcohol (2003)」「THE GAME 12 / New Town Killers (2008)」「フィルス (2013)」のマイケル・モアランド、「ショーン・オブ・ザ・デッド (2004)」「プルートで朝食を (2005)」「カリブの海賊王 (2006)」「ブライト・スター ~いちばん美しい恋の詩(うた)~ (2009)」「デスゲーム ~処刑監獄~ (2011)」「ストレージ24 (2012)」のアントニア・キャンベル=ヒューズなど。


[ 公開日 ]

2013年8月29日 アメリカ Telluride Film Festival 上映
2013年9月3日 イタリア Venice Film Festival 上映
2013年9月9日 カナダ Toronto International Film Festival 上映
2013年10月13日 イギリス London Film Festival 上映
2014年3月2日 イギリス Glasgow Film Festival 上映
2014年3月14日 イギリス公開
2014年3月14日 アイルランド公開
2014年4月4日 アメリカ Los Angeles, California 公開
2014年4月4日 アメリカ New York City, New York 公開
2014年4月6日 台湾 Golden Horse Fantastic Film Festival 上映
2014年4月24日 ロシア公開
2014年4月24日 ウクライナ公開
2014年5月1日 ギリシャ公開
2014年5月2日 リトアニア公開
2014年5月8日 ポルトガル公開
2014年5月9日 カナダ limited 公開
2014年5月15日 ブラジル公開
2014年5月29日 オーストラリア公開
2014年6月12日 シンガポール公開
2014年6月15日 フランス Champs-Élysées Film Festival 上映
2014年6月25日 フランス公開
2014年7月5日 スイス Neuchâtel International Fantastic Film Festival 上映
2014年7月14日 イスラエル Jerusalem Film Festival 上映
2014年7月15日 チリ DVD premiere 発売
2014年7月17日 韓国公開
2014年7月18日 台湾公開
2014年7月23日 フィリピン公開
2014年8月27日 ドイツ Fantasy Filmfest 上映
2014年8月28日 イタリア公開
2014年9月5日 ラトビア公開
2014年9月14日 イスラエル Utopia Film Festival 上映
2014年9月16日 オランダ Film by the Sea Film Festival 上映
2014年9月26日 ノルウェー Bergen International Film Festival 上映
2014年10月3日 エストニア公開
2014年10月3日 スペイン Sitges International Fantastic Film Festival 上映
2014年10月4日 日本公開
2014年10月10日 ドイツ DVD premiere 発売
2014年10月16日 オランダ公開
2014年11月27日 スペイン Gijón International Film Festival 上映
2015年2月12日 デンマーク公開
2015年4月25日 スペイン D'A Film Festival 上映
2015年5月2日 ポーランド Off Plus Camera Krakow 上映
2015年7月10日 スペイン Guipuzcoa premiere 公開
2015年8月21日 スウェーデン公開
2019年7月17日 ポーランド Transatlantyk Film Festival 上映



【 ストーリー 】

スコットランドの街中で次々と男たちが姿を消す事件が発生。
彼らは消える直前、一人の美しい女(スカーレット・ヨハンソン)に声を掛けられていた。
自らの妖艶さを武器に次々と男たちを誘惑する女、実は彼女は地球外生命体であった。
当初は、慈悲のかけらも無く男たちを捕食し続けていた彼女だが、顔に障害を持つ男性との出会いを切っ掛けに、人間的な感情を持つようになっていく。
それは、更なる恐るべき惨劇の始まりでもあった・・・。

アンダー・ザ・スキン 種の捕食 (2013)1



【 スタッフ 】

監督 : ジョナサン・グレイザー
原作 : ミッシェル・フェイバー 『アンダー・ザ・スキン』 (アーティストハウス刊)
脚本 : ウォルター・キャンベル 、ジョナサン・グレイザー
製作 : ジェームズ・ウィルソン 、ニック・ウェクスラー
製作総指揮 : テッサ・ロス 、レノ・アントニアデス 、ウォルター・キャンベル 、クローディア・ブリュームフーバー 、イアン・ハッチンソン 、フローリアン・ダーゲル 、ジリアン・ベリー 、アレクサンダー・オニール
撮影 : ダン・ランディン
美術/プロダクションデザイン : クリス・オッディ
アートディレクション : エメル・オサリヴァン
編集 : ポール・ワッツ
音楽 : ミカ・レヴィ
衣装デザイン : スティーヴン・ノーブル
キャスティング : カリーン・クロフォード
視覚効果(Visual Effects) : サラ・バイヤース 、アール・スチュアート・カレンダー 、トム・デベナム 、ティム・フィールド 、アンディ・ヘイグ 、リチャード・ホプキンス 、Jorge Canada Escorihuela 、Christophe Dehaene 、Andrea Falcone 、Greg Fee 、Chaya Feiner 、Lucien Fostier 、Richard Frazer 、Andrew Hogden 、Ritchie Hoyle
特殊効果(Special Effects) : ケン・バッテン 、マーク・カーティス 、ポール・ダン 、ケリー・フリン 、アンディ・ガーナー 、アンディ・ゲデス 、クレイグ・リョン 、Eloise Anson 、Paul Carter 、Michael Cox 、Jenny Denham 、Frank Farman 、Marek Grochal 、Jonathan Hateley 、Ben Lewens
メイク : エステバン・メンドーサ 、Helen Barrett 、Christine Beveridge 、Rebecca Cain 、Jessica Cruickshank 、Tom Curtis 、Marianne Gallagher 、Darren Grassby 、Ian Jones 、Kate McConnell 、Kevin Morris 、Sunita Parmar 、Annie Toop 、Faye Windridge 、Joe Yabsley
謝辞 : サム・ラヴェンダー 、クリス・ペンフォード 、アレクサンダー・スチュワート 、Simon Duric 、Mark Mason 、Terry Smith



【 キャスト 】

女 : スカーレット・ヨハンソン (吹替:深見梨加)
アンドリュー : ポール・ブラニガン (吹替:大塚智則)
潜水夫の男 : クリシュトフ・ハーディック (吹替:森多夏良)
静かな男 : マイケル・モアランド
アントニア・キャンベル=ヒューズ
悪い男 : ジェレミー・マクウィリアムス
死んだ女 : リンジー・テイラー・マッカイ
ピックアップマン : ダギー・マッコネル
最初の犠牲者 : ケヴィン・マクリンデン
ラーリングマン : D・ミード
第二の犠牲者 : アンドリュー・ゴーマン
クラブの男 : ジョー・シューラ
ビーチの父親 : ロイ・アームストロング
ビーチの母親 : アリソン・チャンド
ビーチの子供 : ベン・ミルズ
ビーチの子供 : オスカー・ミルズ
バイクの男#1 : リー・ファニング
マリウス・ビンク
神経質な男 : スコット・ダイモンド
ギャングメンバー#1 : スティーブン・ホーン
顔に腫瘍がある男 : アダム・ピアソン (吹替:森多夏良)
ティールームのウエイトレス : メイ・ミュース
バス運転手 : ジェリー・グッドフェロー
森林作業員の男 : デイヴ・アクトン
エイリアン : ジェシカ・マンス
歩行者 : ジェローム・ボイル (ノンクレジット)
エイリアンの影 : アントニア・キャンベル=ヒューズ (ノンクレジット)
ナイトクラブダンサー : ポピー・アレグザンドラ・コー (ノンクレジット)
ティールームの客 : ロバート・J・グッドウィン (ノンクレジット)
バイクの男#2 : スティーヴ・キース (ノンクレジット)








ドラキュラZERO (2014)
ドラキュラZERO (2014)1

『 ドラキュラZERO 』 (原題:Dracula Untold) は、2014年に製作されたアメリカ映画。
 ブラム・ストーカーの古典小説「ドラキュラ」に登場する吸血鬼ドラキュラ伯爵のモデルとして知られ、“串刺し公”の異名で恐れられた15世紀に実在した人物ワラキア公ヴラド3世(ヴラド・ツェペシュ)を主人公に、家族や国を守るため悪に魂を捧げたヴラドが、恐るべき力を得てドラキュラへと変貌していくさまを描くダーク・ファンタジー。
 監督は、本作が長編デビュー作となる「The Draft (2006)」のゲイリー・ショア。
撮影は「ザ・ロック (1996)」「アルマゲドン (1998)」「パール・ハーバー (2001)」「ミート・ザ・ペアレンツ2 (2004)」「ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記 (2007)」「グリーン・ホーネット (2010)」「アメイジング・スパイダーマン (2012)」「ウォルト・ディズニーの約束 (2013)」のジョン・シュワルツマン。
 音楽は「ブレイド3 (2004)」「Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼 (2007)」「アイアンマン (2008)」「恋するベーカリー (2009)」「タイタンの戦い (2010)」「ブリッツ (2011)」「フライトナイト/恐怖の夜 (2011)」「デンジャラス・ラン (2012)」「パシフィック・リム (2013)」のラミン・ジャヴァディ。
 主演は「TABOO (2003)」「タイタンの戦い (2010)」「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (2011)」「インモータルズ -神々の戦い- (2011)」「推理作家ポー 最期の5日間 (2012)」「ワイルド・スピード EURO MISSION (2013)」「ホビット 竜に奪われた王国 (2013)」のルーク・エヴァンス。
 共演は「マンマ・ミーア! (2008)」「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー (2011)」「デビルズ・ダブル -ある影武者の物語- (2011)」「マリリン 7日間の恋 (2011)」「リンカーン/秘密の書 (2012)」「デッドマン・ダウン (2013)」「ニード・フォー・スピード (2014)」のドミニク・クーパー、「チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室 (2008)」「ドリームハウス (2011)」「モスダイアリー (2011)」「危険なメソッド (2011)」「アンチヴァイラル (2012)」「複製された男 (2013)」「マップ・トゥ・ザ・スターズ (2014)」のサラ・ガドンなど。


[ 公開日 ]

2014年9月30日 アイルランド Dublin premiere 上映
2014年10月1日 ベルギー公開
2014年10月1日 フランス公開
2014年10月1日 ジャマイカ公開
2014年10月1日 ルクセンブルク公開
2014年10月2日 オーストリア公開
2014年10月2日 オーストラリア公開
2014年10月2日 バーレーン公開
2014年10月2日 ベラルーシ公開
2014年10月2日 ドイツ公開
2014年10月2日 ドミニカ共和国公開
2014年10月2日 フィジー公開
2014年10月2日 香港公開
2014年10月2日 クロアチア公開
2014年10月2日 イラク公開
2014年10月2日 ヨルダン公開
2014年10月2日 レバノン公開
2014年10月2日 モンテネグロ公開
2014年10月2日 メキシコ公開
2014年10月2日 マレーシア公開
2014年10月2日 ニュージーランド公開
2014年10月2日 オマーン公開
2014年10月2日 パプアニューギニア公開
2014年10月2日 プエルトリコ公開
2014年10月2日 ポルトガル公開
2014年10月2日 カタール公開
2014年10月2日 セルビア公開
2014年10月2日 シンガポール公開
2014年10月2日 スロベニア公開
2014年10月2日 ウクライナ公開
2014年10月3日 エストニア公開
2014年10月3日 イギリス公開
2014年10月3日 アイルランド公開
2014年10月3日 アイスランド公開
2014年10月3日 ケニア公開
2014年10月3日 ラトビア公開
2014年10月3日 ノルウェー公開
2014年10月3日 ルーマニア公開
2014年10月3日 トルコ共和国公開
2014年10月3日 南アフリカ公開
2014年10月8日 インドネシア公開
2014年10月8日 マルタ公開
2014年10月9日 アラブ首長国連邦公開
2014年10月9日 アルゼンチン公開
2014年10月9日 アルバ公開
2014年10月9日 アゼルバイジャン公開
2014年10月9日 デンマーク公開
2014年10月9日 ギリシャ公開
2014年10月9日 イスラエル公開
2014年10月9日 韓国公開
2014年10月9日 クウェート公開
2014年10月9日 カザフスタン公開
2014年10月9日 オランダ公開
2014年10月9日 ペルー公開
2014年10月9日 ロシア公開
2014年10月9日 台湾公開
2014年10月10日 ブルガリア公開
2014年10月10日 カナダ公開
2014年10月10日 リトアニア公開
2014年10月10日 スウェーデン公開
2014年10月10日 アメリカ公開
2014年10月15日 フィリピン公開
2014年10月15日 トリニダード・トバゴ公開
2014年10月16日 チリ公開
2014年10月16日 コロンビア公開
2014年10月16日 チェコ共和国公開
2014年10月16日 スロバキア公開
2014年10月16日 タイ公開
2014年10月17日 フィンランド公開
2014年10月17日 インド公開
2014年10月17日 モンゴル 公開
2014年10月17日 ポーランド公開
2014年10月17日 ベトナム公開
2014年10月21日 カンボジア公開
2014年10月23日 ブラジル公開
2014年10月23日 ハンガリー公開
2014年10月24日 スペイン公開
2014年10月24日 パキスタン公開
2014年10月30日 イタリア公開
2014年10月31日 日本公開
2014年11月14日 パラグアイ公開
2015年4月18日 中国 北京国際映画祭上映



【 ストーリー 】

時は15世紀。
民衆から慕われ、臣下からは尊敬され、まさに君主になるために生まれてきたような男がいた。
誇り高きその名はヴラド・ドラキュラ(ルーク・エヴァンス)。
トランシルヴァニア地方を治めるヴラドは、最愛の妻ミレナ(サラ・ガドン)と一人息子と共に幸せな暮らしを送っていた。
だが、平穏に見えた日々は、突如終わりを告げる。
ヨーロッパ侵略を狙う大国オスマン帝国の皇帝メフメト2世(ドミニク・クーパー)が、貢納金の増額とヴラドの息子を含む1000人の少年たちを差し出せという過酷な要求を突き付けてきたのだ。
両親と引き離された少年たちは軍隊に入れられ、殺人兵器として育てられる。
かつてヴラドもオスマン帝国の人質となり、戦いしか知らない時代を生き抜いた。
息子とわが民にあれほど辛い想いをさせはしない。
そう決意したヴラドは、メフメトに少年たちの身代わりに自ら兵となることを申し出る。
しかし、冷徹なメフメトは耳を貸そうともしない。
嘆き悲しむミレナに、従わなければ戦争になると言い聞かせるヴラド。
しかし、気丈に振る舞う息子への愛に突き動かされたヴラドは、少年たちを引き取りに来た使者を斬り捨ててしまう。
オスマン帝国の大軍に立ち向かうために、ヴラドは山に分け入り、古くから伝わる強大な闇の力と契約を結ぶ。
だが、力と引き換えに、想像を絶する代償を支払わなければならなかった。
恐るべき悪と化したヴラドは、愛する家族と国を守ることはできるのか・・・?

ドラキュラZERO



【 スタッフ 】

監督 : ゲイリー・ショア
原作 : ブラム・ストーカー
脚本 : マット・サザマ 、バーク・シャープレス
製作 : マイケル・デ・ルカ 、トーマス·タル
製作総指揮 : アリッサ・フィリップス 、ジョン・J・ジャシュニ 、ジョセフ・M・カラッシオロ・Jr
撮影 : ジョン・シュワルツマン
美術/プロダクションデザイン : フランシス・オデュイ
アートディレクション : デヴィッド・ドーラン 、ヘザー・グリーンリーズ 、ポール・イングリス 、ルイジ・マルキオーネ 、Elaine Kusmishko 、Michael Turner
編集 : リチャード・ピアソン
音楽 : ラミン・ジャヴァディ
衣裳デザイン : ナイラ・ディクソン
キャスティング : ジョン・ハバード 、ロス・ハバード
セット制作 : パキ・スミス
視覚効果(Visual Effects) : スチュワート・アッシュ 、Owyn Abram 、Fazil Ahmed 、Wlad Akhtyrsky 、Silvio Alberti 、Dominic Alderson 、Gergana Alexandrova 、Neil Alford 、John Anderholm 、Patricia Martinez Aratey 、Luke Armstrong 、Stefan Ash 、Paul Ashall 、Adam Azmy 、Bhavika Bajpai
特殊効果(Special Effects) : ヤロスラフ・ブチェク 、ペリー・コステロ 、ノーマン・エルンスト 、ティル・ハートリッチ 、Rene Barthel 、Nils Bleeck 、Gavin Butterworth 、Fergus Costello 、Max Costello 、Andre Emme 、Will Furneaux 、Christoph Gartlacher 、Rachael Gordon 、David Griffin 、Wolfgang Higler
メイク : マーク・クーリア 、ダン・フライ 、ダンカン・ジャーマン 、ジョン・ランバート 、Farah Beegun 、Beverley Binda 、Cat Coogan 、Marzenna Fus-Mickiewicz 、Richard Glass 、Alex Harper 、Shaune Harrison 、Joe Hopker 、Judith Laverty 、Andrea Leanza 、Katie Lee
日本版イメージソング : VAMPS



【 キャスト 】

ヴラド・ドラキュラ (ヴラド3世) : ルーク・エヴァンス
メフメト2世 (オスマン帝国の皇帝) : ドミニク・クーパー
ミレナ (ヴラドの妻) : サラ・ガドン
バーバ・ヤーガ : サマンサ・バークス
インゲラス : アート・パーキンソン
古来のヴァンパイア : チャールズ・ダンス
カリギュラ : チャーリー・コックス
カザン : ウィリアム・ヒューストン
ハムザ・ベイ : フェルディナンド・キングスレー
ピーター太尉 (護衛の指揮官) : ノア・ハントリー
Shkelgim (ジプシー・チーフ) : ザック・マッゴーワン
ルシアン神父 : ポール・ケイ
賢者サイモン : ローナン・ヴィバート
ディミトル : ディアミッド・マルタ
ブライト・アイズ (オスマン帝国軍の暗殺者) : トール・クリスティアンソン
オマール将官 : ジョセフ・ロング
ヤクブ・ギェルシャウ
ディラン・グウィン
アーキー・リース
ドミニク・ボレリ
グレン・バリー
ゲイリー・ホイーラン
フィル・マッキー
シャーリーン・グリーソン
ローレンス・ドハーティ
J・J・マーフィ
Joe Benjamin
Paul Bullion
Mish Boyko
Phil Zimmerman
Tom Benedict Knight
James Macartney
Stavros Demetraki
Ruth Baxter
Rachel Kennedy
Louise Parker
Shane McCaffrey
Guillaume Meliot
Jason Coalter
Cole Currin
John Friel
Andrew Laverty
Matthew Åkerfeldt
Chris Cherry
Eugene Furphy
Graham Hutton
Chris Keenan
Joe Kelly
Bobby Marno
Darren McMullan
Andrew McQuade
Ross Moneypenny
Connor Schelling-Tisza
Gordon Bell
Graham Cave
Norman Coates
Xander Duffy
Al Geddes
Arthur Halligey
Paul Kavanagh
Tyrone Kearns
Derek Mayne
Gavin McCormick
Paul Monahan
Jeffrey O'Brien
Ann O'Connor
Gretta Shore
Orlaith Shore
Penelope Simmons
Hunter Stratton Boland
Maria Laird
Aodhan McGowan
Lasco Atkins
Charlie Berkeley
Frank Cannon
John Carr
Ash Cook
Roger Dane
Alex Delescu
Nick Donald
James Edlin
Craig Goult
Richard Hansen
Bomber Hurley-Smith
Davide Manganelli
Joana Metrass
Jesse Morris
Jeffrey Nelson
Jd Roth-round
Marco Staines
Neville Steenson
John Warman
Omar Youssef
Andrew Zographos









エージェント・ウルトラ (2015)
エージェント・ウルトラ (2015)
エージェント・ウルトラ (2015)

『 エージェント・ウルトラ 』 (原題:American Ultra) は、2015年に製作されたアメリカ映画。
CIAが極秘裏に実際に行っていたと言われるマインドコントロール・プログラム「MKウルトラ計画」を題材に、田舎のコンビニバイト青年が洗脳プログラムによって最強エージェントへと育成され、巨大な陰謀と恋人に迫る危機に立ち向かう姿を描くアクション・コメディ。
 監督は、コマーシャルやミュージックビデオの監督として活躍、コメディ映画「プロジェクト X (2012)」で劇場映画デビューし、本作が2作目となるニマ・ヌリザデ。
 脚本は、TVドラマ「ディア・ウーマン (2005)」「Ghost Closet '07 (2009)」「The Death and Return of Superman (2011)」「クロニクル (2012)」「Mr. Right (2015)」「Victor Frankenstein (2015)」のマックス・ランディス。
 撮影は「犯罪心理捜査官 (1993)」「セインツ&シナーズ/運命のふたり (1994)」「ダブル・ターゲット (1999)」「フロム・ダスク・ティル・ドーン3 (2000)」「山猫は眠らない3 決別の照準 (2004)」「クローバーフィールド/HAKAISHA (2008)」「ゾンビランド (2009)」「ふたりのパラダイス (2012)」「ヘンゼル&グレーテル (2013)」のマイケル・ボンヴィレイン。
 音楽は「KISSing ジェシカ (2001)」「グッド・シェパード (2006)」「トラブル・イン・ハリウッド (2008)」「クロッシング (2009)」「リメンバー・ミー (2010)」「ビーストリー (2011)」「ザ・ワーズ 盗まれた人生 (2012)」「ザ・ベイ (2012)」「おとなの恋には嘘がある (2013)」「リトル・アクシデント―闇に埋もれた真実― (2014)」のマーセロ・ザーヴォス。
 主演は「ハンティング・パーティ (2007)」「ゾンビランド (2009)」「ソリタリー・マン (2009)」「ソーシャル・ネットワーク (2010)」「ピザボーイ 史上最凶のご注文 (2011)」「ローマでアモーレ (2012)」「グランド・イリュージョン (2013)」「嗤う分身 (2013)」「人生はローリングストーン (2015)」のジェシー・アイゼンバーグ。
 共演は「ジャンパー (2008)」「トワイライト~初恋~ (2008)」「ニュームーン/トワイライト・サーガ (2009)」「エクリプス/トワイライト・サーガ (2010)」「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1 (2011)」「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 2 (2012)」「スノーホワイト (2012)」「オン・ザ・ロード (2012)」「アリスのままで (2014)」のクリステン・スチュワート、「THE JUON/呪怨 (2004)」「サベイランス (2008)」「キラー・インサイド・ミー (2010)」「リセット (2011)」「29歳からの恋とセックス (2012)」「レッド・スカイ (2013)」「イコライザー (2014)」「アナーキー (2014)」のビル・プルマン、「トラフィック (2000)」「オーシャンズ11 (2001)」「モナリザ・スマイル (2003)」「オーシャンズ12 (2004)」「スパイダーマン3 (2007)」「プレデターズ (2010)」「顔のないスパイ (2011)」「グリフィン家のウエディングノート (2013)」「インターステラー (2014)」のトファー・グレイスなど。


[ 公開日 ]

2015年8月18日 アメリカ Los Angeles, California premiere 上映
2015年8月19日 ベルギー公開
2015年8月19日 フランス公開
2015年8月20日 ハンガリー公開
2015年8月21日 カナダ公開
2015年8月21日 インド公開
2015年8月21日 アメリカ公開
2015年8月27日 韓国公開
2015年8月27日 オランダ公開
2015年8月27日 ロシア公開
2015年8月28日 トルコ公開
2015年9月4日 エストニア公開
2015年9月4日 イギリス公開
2015年9月4日 アイルランド公開
2015年9月4日 リトアニア公開
2015年9月10日 オーストラリア公開
2015年9月10日 レバノン公開
2015年9月10日 ポルトガル公開
2015年9月11日 スペイン公開
2015年9月11日 スウェーデン公開
2015年9月17日 香港公開
2015年9月19日 デンマーク公開
2015年10月15日 アルゼンチン公開
2015年10月15日 チリ公開
2015年10月15日 ドイツ公開
2015年10月15日 クウェート公開
2015年10月16日 インドネシア公開
2015年10月22日 イスラエル公開
2015年10月28日 フィリピン公開
2015年11月26日 ブラジル公開
2016年1月23日 日本公開



【 ストーリー 】

1953年以降、アメリカ政府は一般市民を最強のスパイに改造しようと秘密裏にマインドコントロール実験を行ってきた。
だが、この極秘計画は封印されたはずだった・・・。
片田舎でコンビニのバイトをしているマイク・ハウエル(ジェシー・アイゼンバーグ)は、勤務中にレジでスーパーヒーローのサルを主人公にした自作漫画を描きながら、のらりくらりと日々を過ごしている。
そんな彼が一念発起で最高のプロポーズを演出しようと同棲中のガールフレンド、フィービー(クリステン・スチュワート)とのハワイ旅行を計画する。
しかし直前にパニック発作を起こし、飛行機に乗ることさえできないマイク。
フィービーはそんな彼を責めることなく優しく見守っていた。
ある日、マイクは店番中に謎の女から意味不明の暗号を告げられ、気が付くとスプーン1本で二人の暴漢を刺殺していた。
実はマイクはCIAの極秘計画によってマインドコントロール・トレーニングを受けた最強エージェントだったのだ。
計画の封印を目論むCIA幹部はマイク殺害を指示。
州を封鎖され、殺人マシーン化したエージェントたちが次々とマイクに襲いかかり、さらにフィービーまでも人質に取られてしまう。
果たして、マイクは人質に取られたフィービーを救い出し、見事プロポーズをキメる事が出来るのか・・・!?

エージェント・ウルトラ (2015)



【 スタッフ 】

監督 : ニマ・ヌリザデ
脚本 : マックス・ランディス
製作 : アンソニー・ブレグマン 、ケヴィン・スコット・フレイクス 、デヴィッド・アルパート 、Britton Rizzio 、Raj Brinder Singh
共同製作 : ピーター・クロン 、マーク・ファザーノ 、Chelsey Pinke 、Amy Poncher
製作総指揮 : バディ・パトリック 、ロバート・オグデン・バーナム 、ジョナサン・ガードナー 、レイ・アンジェリク 、スチュアート・ブラン 、トム・ロック 、ステファン・アウミューラー 、Zülfikar Güzelgün 、エイアル・リンモン 、Gideon Tadmor
撮影 : マイケル・ボンヴィレイン
美術/プロダクションデザイン : リチャード・ブリッジランド
アートディレクション : マイケル・バートン 、Christina Eunji Kim
編集 : ビル・パンコウ 、アンドリュー・マーカス
音楽 : マーセロ・ザーヴォス
音楽監督 : ランドール・ポスター
衣装デザイン : デヴィッド・C・ロビンソン
キャスティング : ジャンヌ・マッカーシー
セットデコレーション : ジョン・ダニエルズ
視覚効果スーパーバイザー : ブライアン・ゴッドウィン 、ルシアン・ハリオット 、マイケル・フーバー 、マーク・ラッセル 、Dan Schrecker
オンセット視覚効果スーパーバイザー : ジャスティン・ボール
視覚効果コーディネーター : Karina Benesh 、Liz Christofaro
視覚効果アシスタントコーディネーター : ミシェル・ロール
視覚効果エグゼクティブプロデューサー : デヴィッド・ヴァン・ダイク
視覚効果プロデューサー : ウェンディ・ガーフィンクル 、ロンダ・L・ムーア
視覚効果アソシエイトプロデューサー : Jennifer Wessner
視覚効果アーティスト : Fangge Chen 、コルトン・ミラー 、Michael Viscione
コンポジッティングスーパーバイザー : エリン・W・ナッシュ 、スティーヴ・J・サンチェス
コンポジッター : Kintan Chauhan 、マイケル・コリンズ 、イーライ・ドーシー 、アレックス・リン 、Tyler Lockard 、クリスチャン・ロウ 、Vincent MacTiernan 、Uros Otasevic
デジタルエフェクトスーパーバイザー : Harimander Singh Khalsa
デジタルエフェクトアーティスト : デヴィッド・ワンガー
FX・TD : Kjell Strode
VFXエディター : ルーカス・アンドレイ
パイプラインTD : Tyler Lockard
ビデオ&コンピュータースーパーバイザー : Mike Sabga
デジタルコンポジッター : Shira Mandel 、Michael Means 、Lokesh Prakash 、チャールズ・クイン
アニメーションディレクター : ゲイリー・ライプ
特殊効果スーパーバイザー : マット・カッチャー
特殊効果コーディネーター : ドニー・ディーン 、エリック・ロバーツ
特殊効果職長 : カイル・A・ワッサーマン
特殊効果技術 : ショーン・ロバーツ 、Robert Benavidez 、ジェニファー・ピカード
特殊効果メイク部門ヘッド : デヴィッド・プレスト
特殊メイクプロデューサー : クリス・コノヴァー
特殊メイク効果デザイナー : マイケル・マリノ
特殊メイクアップ効果アーティスト : Shane Shisheboran
補綴メイクアップ効果アーティスト : ヨウイチ・アート・サカモト
タトゥー専門グラフィックデザイナー : リー・グレン
特殊効果コンタクトレンズ : ケヴィン・カーター
検査技師 : Greg Pikulski
エフェクトラボテックメイクアップ : Joe Badiali
ヘア部門ヘッド : トニー・ウォード
キーヘアスタイリスト : アダム・ガエータ
ヘアスタイリスト : Daina Daigle
追加ヘアスタイリスト : クリスタル・ウェルズ
メイクアップ部門ヘッド : Stacey Panepinto
キーメイクアップアーティスト : ペイジ・リーヴス
メイクアップアーティスト : Courtney Lether
スタントコーディネーター / ファイトコーディネーター : ロバート・アロンゾ
謝辞 : ステファニー・アズピアズー 、ジェイソン・コンスタンティン 、イーダ・コーワン 、クレイグ・エマニュエル 、Saam Farahmand 、トッド・フェルドマン 、Fenil Ghodadra 、ジム・カウフマン 、Niall McComiskey 、Ali Nourizadeh 、Navid Nourizadeh 、Omid Nourizadeh 、Rain Nourizadeh 、Shayesteh Nourizadeh 、Lyle Poncher 、Yoshiko Poncher 、Zach Poncher 、Leo Pz 、Aryan Rabbani 、Elham Rabbani 、Shany Rabbani 、Chanan Reichman 、Ankur Rungta 、Vishal Rungta 、スティーブン・サルツマン 、ピーター・シン 、Racheli Sternberg 、Rhodri Thomas 、ジョシュ・ヴァーニー 、チャナン・ウルフ 、Danny Yousif 、Stephen Zager



【 キャスト 】

マイク・ハウエル (コンビニ店員の青年 / 最強エージェント) : ジェシー・アイゼンバーグ
フィービー・ラーソン (マイクの恋人) : クリステン・スチュワート
エイドリアン・イェーツ : トファー・グレイス
ヴィクトリア・ラセター : コニー・ブリットン
ラファ : ウォルトン・ゴギンズ
ローズ : ジョン・レグイザモ
クルーガー : ビル・プルマン
ペティ・ダグラス : トニー・ヘイル
保安官ワッツ : スチュアート・グリア
オーティス : マイケル・パパジョン
クレーン : モニーク・ガンダートン
ビーデル : ナッシュ・エドガートン
ディーゼル : ポール・アンドリュー・オコナー
ポッター : フレディ・プール
ニュートン : イルラム・チョイ
バーボン : James Bendishaw
ビッグ・ハロルド : ラヴェル・クロフォード
Quinzin : サム・マローン
Deputy Labutte : ジム・クロック
Deputy Krantz : ウェイン・ペレ
Deputy Jordan : Gabe Begneaud
CNN レポーター : レイチェル・ヴルフ
CIA アナリスト : Lyle Brocato
空軍司令官 : ドン・イェッソ
ギャング : ジャック・ヤン
ごろつき : ヴィク・チャオ
ガソリンスタンド従業員 : ジョニー・マクフェイル
Asset #1 : Nick Stanner
Asset #2 : イヤド・エルビター
Asset #3 : Trace Cheramie
Asset #4 : アイザック・ヒューズ
Asset #5 : John Bernecker
Asset #6 : ティム・J・スミス
Asset #7 : マシュー・R・ステイリー
Asset #8 : アルヴィン・チョン
Asset #9 : Michael Jamorski
Asset #10 : Greg Rementer
Asset #11 : ディノ・ドス・サントス
買い物客 : ロバート・ベネット
テック #1 : テリー・ワイブル
テック #2 : ジェームズ・モーゼス・ブラック
Stunt Thug #1 : Eric Stratemeier
Stunt Thug #2 : Eric VanArsdale
救急救命士 : Andre Allemand (ノンクレジット)
クルーガーの妻 : Sope Aluko
CIAエージェント : John L. Armijo
軍兵士 : ジェームズ・ハワード・アスキン
パーティーヒップスター : Macee Binns
パーティーガイ : ニコラス・ボスク
パーティーヒップスター : エマニュエル・ブルックス
ビジネスマン : トム・ブイ
兵士 : カイル・クロスビー
CIAテック : ミシェル・デヴィート
兵士 : ジャレッド・ドレナン
CIA Operative : Alexander Eldimiati
CIAテック : ジョセフ・フィッシャー
コンシェルジュ : Philip Fornah
フーパー : タイラー・フォレスト
クリスチャン・フレイジャー : クリスチャン・フレイジャー
空港旅行者 : ジェラルディン・グレン
空港旅行者 : Kasey Hartzog
EMT : ヴィンセント・ユージン・ハッテン
CIAエージェント : クリストファー・ヘスキー
CIAエージェント : ギャレット・ホリングスワース
ヒッピーパーティーゲスト : Tamika Shanell Johnson
軍兵士 : パトリック・カーンズ
FEMA / CIAエージェント : ドナルド・M・クラウゼ
アンダーカバーCIAオフィサー / FEMA労働者 : Jamara Laster
米陸軍兵 : マイク・R・モロー
CIAエージェント : ジョニー・オットー
リードCIAエージェント : Josh Perrault
グレッチェン : メアリー・エリザベス・ラニョン
ハウスパーティー出席者 : Plynlymmon Sanguis
FEMA労働者 : Deidra Sarego
空港旅行者 : Megyn Shott
Staff Sgt. : ビリー・スローター
ストアの歩行者 : ショーン・スティーヴンス
軍兵士 : Brian Les Weinberger
CIAエージェント : ダグラス・ウィルコックス・II
CIAエージェント : ジェシー・ヤーボロー








インヒアレント・ヴァイス (2014)
インヒアレント・ヴァイス (2014)3
インヒアレント・ヴァイス (2014)1

『 インヒアレント・ヴァイス 』 (原題:Inherent Vice) は、2014年に製作されたアメリカ映画。
 1970年代のロサンゼルスを舞台に、元恋人の依頼を受けたことから巨大な陰謀に巻き込まれたヒッピー探偵が巻き起こす騒動を描くサスペンス・コメディ。
 原作は、2009年に発表された覆面作家として有名なアメリカの作家トマス・ピンチョンの探偵小説「LAヴァイス」。
 監督・脚本は「ハードエイト (1996)」「ブギーナイツ (1997)」「マグノリア (1999)」「パンチドランク・ラブ (2002)」「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド (2007)」「ザ・マスター (2012)」のポール・トーマス・アンダーソン。
 撮影は「ニューオーリンズ・トライアル (2003)」「シリアナ (2005)」「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド (2007)」「あの日、欲望の大地で (2008)」「デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~ (2009)」「ソルト (2010)」「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル (2011)」「ボーン・レガシー (2012)」のロバート・エルスウィット。
 音楽は「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド (2007)」「ノルウェイの森 (2010)」「少年は残酷な弓を射る (2011)」「ザ・マスター (2012)」のジョニー・グリーンウッド。
 主演は「サイン (2002)」「ホテル・ルワンダ (2004)」「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道 (2005)」「アンダーカヴァー (2007)」「容疑者、ホアキン・フェニックス (2010)」「ザ・マスター (2012)」「her/世界でひとつの彼女 (2013)」「エヴァの告白 (2013)」のホアキン・フェニックス。
 共演は「インビジブル (2000)」「イントゥ・ザ・ブルー (2005)」「告発のとき (2007)」「ミルク (2008)」「ウォール・ストリート (2010)」「映画と恋とウディ・アレン (2011)」「L.A. ギャング ストーリー (2012)」「オールド・ボーイ (2013)」「シン・シティ 復讐の女神 (2014)」のジョシュ・ブローリン、「ミート・ザ・ペアレンツ (2000)」「シャンハイ・ナイト (2003)」「ナイト ミュージアム (2006)」「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと (2008)」「幸せの始まりは (2010)」「ミッドナイト・イン・パリ (2011)」「グランド・ブダペスト・ホテル (2013)」「シーズ・ファニー・ザット・ウェイ (2014)」のオーウェン・ウィルソン、「キューティ・ブロンド/ハッピーMAX (2003)」「ペネロピ (2006)」「フォー・クリスマス (2008)」「幸せの始まりは (2010)」「恋人たちのパレード (2011)」「MUD マッド (2012)」「デビルズ・ノット (2013)」「ゴーン・ガール (2014)」のリース・ウィザースプーン、「スナッチ (2000)」「プレッジ (2001)」「21グラム (2003)」「シン・シティ (2005)」「チェ 28歳の革命 (2008)」「ウルフマン (2010)」「野蛮なやつら/SAVAGES (2012)」「マイティ・ソー/ダーク・ワールド (2013)」「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー (2014)」のベニチオ・デル・トロなど。


[ 公開日 ]

2014年10月4日 アメリカ New York Film Festival 上映
2014年11月8日 アメリカ AFI Fest 上映
2014年12月9日 アメリカ MoMA - The Contenders 上映
2014年12月12日 アメリカ limited 公開
2014年12月25日 カナダ Toronto 公開
2015年1月9日 アメリカ公開
2015年1月30日 イギリス公開
2015年2月12日 ドイツ公開
2015年2月26日 イタリア公開
2015年3月4日 フランス公開
2015年3月12日 オーストラリア公開
2015年3月13日 スペイン公開
2015年4月18日 日本公開
2015年6月25日 ロシア公開



【 ストーリー 】

1970年代初頭。
ロサンゼルスに住むマリファナ中毒の私立探偵ドック(ホアキン・フェニックス)の前に、今も忘れることのできない元カノのシャスタ(キャサリン・ウォーターストン)が現れる。
不動産業界の大富豪の愛人になったシャスタはドックに、カレの妻とその恋人が大富豪の拉致と監禁を企てていると訴え、その悪だくみを暴いてほしいと依頼する。
だが捜査に踏み出したドックは殺人の濡れ衣を着せられ、大富豪もシャスタも失踪してしまう。
そんな中、ドックは巨額が動く土地開発に絡む国際麻薬組織のきな臭い陰謀に巻き込まれていく・・・。
果たして、シャスタの行方は?
この事件の先に“愛”はあるのか・・・!?

インヒアレント・ヴァイス (2014)2



【 スタッフ 】

監督 : ポール・トーマス・アンダーソン
原作 : トマス・ピンチョン 『LAヴァイス』 (新潮社刊)
脚本 : ポール・トーマス・アンダーソン
製作 : ジョアン・セラー 、ダニエル・ルピ 、ポール・トーマス・アンダーソン
共同製作 : イーライ・ブッシュ 、アルバート・カイ
製作総指揮 : アダム・ソムナー
撮影 : ロバート・エルスウィット
美術/プロダクションデザイン : デヴィッド・クランク
アートディレクション : ルース・デ・ジョン
編集 : レスリー・ジョーンズ
音楽 : ジョニー・グリーンウッド
衣装デザイン : マーク・ブリッジス
キャスティング : カサンドラ・クルクンディス
セットデザイン : エイミー・ウェルズ
視覚効果スーパーバイザー : ポール・グラフ
視覚効果コーディネーター : カイル・ダットン 、Tessa Roehl
視覚効果プロデューサー : レイチェル・ベリー 、クリスティーナ・グラフ
デジタルコンポジッター : ブレイク・ロイド 、Christian Zeiler
デジタルマットアーティスト : スティーヴン・メッシング
compositing supervisor : ブライアン・セールズ
リード・CGアーティスト : Aryel Melek-Shalom
visual effects accountant : Sharon Perl-Collins
マットペインター : ホイットマン・リンドストローム (ノンクレジット)
視覚効果プロダクションアシスタント : トリスタン・M・チャイルド (ノンクレジット)
プロダクション&テクニカル・サポート : Prakash Pathak (ノンクレジット)
特殊効果コーディネーター : バート・ディオン
メイクアップデパートメント・ヘッド : ジジ・ウィリアムズ
キー・メイクアップアーティスト : Susan Stepanian
メイクアップアーティスト : Kymber Blake 、アンソニー・ゴードン
ヘアデパートメント・ヘッド : hair department head : Miia Kovero
キー・ヘアスタイリスト : Patricia DeHaney (Patricia Dehaney-Le May)
ヘアスタイリスト : ロクサーヌ・グリフィン
additional hair : Crystal M. Cook
additional hair stylist : ニッキ・スミス
dental prosthetics : デヴィッド・ベネキ
製作 : IAC Films 、Ghoulardi Film Company
日本語字幕 : 松浦美奈



【 キャスト 】

ラリー・“ドック”・スポーテッロ (大事な時にラリってしまうヒッピー探偵) : ホアキン・フェニックス
クリスチャン・F・“ビックフット”・ジョルンセン (凍らせたチョコバナナ中毒のLA市警刑事) : ジョシュ・ブローリン
コーイ・ハーリンゲン (死んだはずが、洗脳されていたミュージシャン) : オーウェン・ウィルソン
シャスタ・フェイ・ヘップワース (ドックの元カノ、誰もが認める最高の女) : キャサリン・ウォーターストン
ソンチョ・スマイラックス (ドックが頼る弁護士) : ベニチオ・デル・トロ
ペニー・キンボル (おカタイ検事補なのに、なぜかドックの今カノ) : リース・ウィザースプーン
ルーディ・ブラットノイド (コカインとセックスに目がない歯科医) : マーティン・ショート
ホープ・ハーリンゲン (ドラッグのやりすぎで歯を失くした元ヒッピー) : ジェナ・マローン
ソルティレージュ : ジョアンナ・ニューサム
マイケル(ミッキー)・ザカリ・ウルフマン (ナチスに憧れるユダヤ人の土地開発業者) : エリック・ロバーツ
ジェイド : ホン・チャウ
ペチュニア・リーウェイ : マーヤ・ルドルフ
ジャポニカ・フェンウェイ : サーシャ・ピーターズ
タリク・カーリル : マイケル・ケネス・ウィリアムズ
リートおばさん : ジェニー・バーリン
ロッカー・フェンウェイ : マーティン・ドノヴァン
デニス : ジョーダン・クリスチャン・ハーン
Sloane Wolfmann : セレナ・スコット・トーマス
Agent Flatweed : サム・イェーガー
エージェント・ボーダーライン : ティモシー・シモンズ
バンビ : シャノン・コリス
Luz : イヴェット・イエイツ
Burke Stodger : ジャック・ケリー
Chlorinda : ジリアン・ベル
Xandra : エレイン・タン
Dr.イゴール : チャーリー・モーガン
Puck Beaverton : キース・ジャーディン
Mrs. Chastity Bjornsen : デライナ・ミッチェル
Rhus Frothingham : マイケル・コッター
Bodhi : エイミー・ファーガソン
グルーピー : ステュー・ブラムボー
コマンドー : ウィル・C
患者 : ライデン・インテグラ
Mr.ロビンソン : クリストファー・カール・ジョンソン
グルーピー : キラ・レッグ
警察官 : ジョエル・ショック
Portola Barkeep : スティーヴン・ウィグ
Ensenada Slim : Taylor Bonin
Dr. Buddy Tubeside : マーティン・デュー
Glenn Charlock : クリストファー・アレン・ネルソン
取材記者 : キャサリン・ハエナ・キム
アメジストハーリンゲン : Vivienne Khaledi
Riggs Warbling : アンドリュー・シンプソン
Cop with Bigfoot : ジョー・ディオレット
スメドレー : クリスチャン・ウィリアムズ
The Boards : The Growlers
Clancy Charlock : ベラドンナ
Howdy Doper's Phone Voice : アリナ・ガッティ
LAPD Officer #1 : ウィルソン・ベセル
LAPD Officer #2 : アンダース・ホルム
ビッグフットの子供 : Emmet Unverzagt
Dr. Threeply : ジェファーソン・メイズ
Dr. Lily Hammer : エリカ・サリヴァン
Dr. Threeply's Assistant #1 : エヴァ・フィッシャー
Dr. Threeply's Assistant #2 : ジャッキー・ミッチェル・ジョンソン
キンバリー : ケイティ・シュワルツ
Adrian Prussia : ピーター・マクロビー
Adrian Prussia's Secretary : シャノン・C・サリヴァン
Golden Fang Mother : サマンサ・レモール
Golden Fang Daughter : マディソン・レスリー
Golden Fang Son : Liam Van Joosten
Golden Fang Father : マット・ドイル
Buddhist Monk : デヴィッド・パーク
Zinnia : エマ・デュモン
Jesus Guard : Scott Aschenbrenner
Chryskolodon Nurse : ジャクリーン・アッシュ
患者 : Ashleigh Biller
警察官 : ピーター・ボニーラ
探偵 : セス・キャッシュ
グルーピー : エマ・クーパー
ジョーダン・デヴィッド
Jesus Guard : Adam Dorsey
ジャッジ : ケン・エドリング
グルーピー : ジェナ・エメリー
Biker : Al Function
フライトアテンダント : ブランディ・ファッチ
歯科助手 : Lauren Goncher
Speed Freak : Jessica Huss
オートメカニック : ダラス・ジェームズ
Chryskylodon Patient : Laura Kranz
地方検事 : ステイシー・アスペン (トレイシー・アン・リサ)
Chief Chanter : ダコタ・ルポ
アメジストハーリンゲン : ソフィア・マルコフ
アメジストハーリンゲン : ヴィクトリア・マルコフ
Crime Scene Photographer : Eric Newnham
コマンドー : ショーン・パーカー
グルーピー : Richard Rekow
Adrian Prussia Friend : ロドニー・J・リチャーズ
役員#2 : ザカリー・サントス
グルーピー : Randall Schowe
Super Special Coroner : Randall Shea
探偵 : マシュー・スコモ
Chanter : JC Tremblay (Jean-Christophe Tremblay)
FBIエージェント : エリック・ウォマック
患者 : Christina Bobrowsky (ノンクレジット)
Recording Tech : Gregoer Boru (ノンクレジット)
ビーチガール : Marianne Bourg (ノンクレジット)
ハーモニー : Toyia Brown (ノンクレジット)
グルーピー : Laura Colquhoun (ノンクレジット)
患者 : エリザベス・コルンガ (ノンクレジット)
Flowerchild : エリン・ミシェル・コンロイ (ノンクレジット)
患者 : Nick de Graffenreid (ノンクレジット)
中国人ウェイトレス : エレン・ホー (ノンクレジット)
コマンドー : ティモシー・ラリー (ノンクレジット)
ビーチガール : Adeana Lane (ノンクレジット)
患者 : Stevie Blue Lolan (ノンクレジット)
Mormon FBI Agent : ジェイコブ・ライマン (ノンクレジット)
フライトアテンダント : アマンダ・マドックス (ノンクレジット)
グルーピー : Emilee Madrak (ノンクレジット)
歯科助手 : Kirstin Masters (ノンクレジット)
患者 : チェルシー・オトゥール (ノンクレジット)
賢一郎 (日本人ウェイター) : 斎藤修 (ノンクレジット)
グルーピー : Chantal Thuy (ノンクレジット)
Lourdes : ダイアナ・エリザベス・トーレス (ノンクレジット)
患者 : Daniel Yabaccio (ノンクレジット)










フィフス・ウェイブ (2015)
フィフス・ウェイブ (2015)
フィフス・ウェイブ (2015)

『 フィフス・ウェイブ 』 (原題:The 5th Wave) は、2015年に製作されたアメリカ映画。
 謎の地球外生命体 “アザーズ” の襲来により壊滅的状況となった世界を舞台に、人間に紛れ込んだアザーズに怯えながらも、離れ離れになった弟を捜し出そうと孤独なサバイバルに挑むヒロインの姿を描くSF・ミステリー。
 原作は、2013年に発刊されベストセラーとなったリック・ヤンシーのヤングアダルト小説「フィフス・ウェイブ」。
監督は「ディセント2 (2009)」「Bloedlink (2014)」の脚本や、「アリス・クリードの失踪 (2009)」の監督・脚本を務めるJ・ブレイクソン。
 脚本は、アニメ「ポカホンタス (1995)」「エバー・アフター (1998)」「28DAYS(デイズ) (2000)」「エリン・ブロコビッチ (2000)」「イン・ハー・シューズ (2005)」「恋は突然に。 (2006)」「シャーロットのおくりもの (2006)」「路上のソリスト (2009)」のスザンナ・グラントと、「ロスト・イン・スペース (1998)」「ビューティフル・マインド (2001)」「アイ,ロボット (2004)」「ダ・ヴィンチ・コード (2006)」「アイ・アム・レジェンド (2007)」「天使と悪魔 (2009)」「ニューヨーク 冬物語 (2014)」「ダイバージェントNEO (2015)」のアキヴァ・ゴールズマン、TVドラマ「エイリアス/2重スパイの女 (2001~2006)」TVドラマ「FRINGE/フリンジ (2008~2012)」「アメイジング・スパイダーマン2 (2014)」TVドラマ「暴走地区-ZOO- (2015)」のジェフ・ピンクナーの共同執筆。
 撮影は「ダウン・イン・ザ・バレー (2005)」「ブラッド・パラダイス (2006)」「28週後... (2007)」「127時間 (2010)」「レポゼッション・メン (2010)」「イントルーダーズ (2011)」「エウロパ (2012)」「REDリターンズ (2013)」「メイズ・ランナー (2014)」のエンリケ・シャディアック。
 音楽は「キック・アス (2010)」「リンカーン/秘密の書 (2012)」「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー (2013)」「キャプテン・フィリップス (2013)」「G.I.ジョー バック2リベンジ (2013)」「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー (2014)」アニメ「ベイマックス (2014)」「キングスマン (2014)」「ピクセル (2015)」のヘンリー・ジャックマン。
 主演は「悪魔の棲む家 (2005)」「アイズ (2008)」「(500)日のサマー (2009)」「キック・アス (2010)」「モールス (2010)」「HICK-ルリ13歳の旅 (2011)」「ダーク・シャドウ (2012)」「キャリー (2013)」「イコライザー (2014)」「イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所 (2014)」「ダーク・プレイス (2015)」のクロエ・グレース・モレッツ。
 共演は、TVドラマ「メル&ジョー 好きなのはあなたでしょ? (2010~2012)」TVM「フレネミーズ (2012)」「The Kings of Summer (2013)」「ジュラシック・ワールド (2015)」のニック・ロビンソン、「ウルヴァリン:X-MEN ZERO (2009)」「ソルト (2010)」「レポゼッション・メン (2010)」「大統領の執事の涙 (2013)」「ジゴロ・イン・ニューヨーク (2013)」「ラスト・デイズ・オン・マーズ (2013)」「完全なるチェックメイト (2015)」「スポットライト 世紀のスクープ (2015)」のリーヴ・シュレイバーなど。


[ 公開日 ]

2016年1月14日 オーストラリア公開
2016年1月14日 ドイツ公開
2016年1月14日 香港公開
2016年1月14日 ハンガリー公開
2016年1月14日 イスラエル公開
2016年1月14日 クウェート公開
2016年1月14日 マレーシア公開
2016年1月14日 ポルトガル公開
2016年1月14日 シンガポール公開
2016年1月14日 タイ公開
2016年1月15日 ブルガリア公開
2016年1月15日 エストニア公開
2016年1月15日 インドネシア公開
2016年1月15日 ベトナム公開
2016年1月21日 フィリピン公開
2016年1月21日 アルゼンチン公開
2016年1月21日 ブラジル公開
2016年1月21日 ベラルーシ公開
2016年1月21日 カザフスタン公開
2016年1月21日 マケドニア共和国公開
2016年1月21日 ロシア公開
2016年1月21日 ウクライナ公開
2016年1月21日 ウルグアイ公開
2016年1月22日 カナダ公開
2016年1月22日 スペイン公開
2016年1月22日 イギリス公開
2016年1月22日 アイルランド公開
2016年1月22日 リトアニア公開
2016年1月22日 スウェーデン公開
2016年1月22日 アメリカ公開
2016年1月27日 ベルギー公開
2016年1月27日 フランス公開
2016年1月28日 チリ公開
2016年1月28日 コロンビア公開
2016年1月28日 オランダ公開
2016年1月29日 ラトビア公開
2016年1月29日 メキシコ公開
2016年1月29日 ルーマニア公開
2016年2月4日 イタリア公開
2016年2月4日 カンボジア公開
2016年2月25日 デンマーク公開
2016年2月25日 韓国公開
2016年3月3日 キプロス公開
2016年3月3日 ギリシャ公開
2016年3月4日 ノルウェー公開
2016年3月4日 トルコ公開
2016年4月1日 フィンランド公開
2016年4月15日 ポーランド公開
2016年4月21日 デンマーク公開
2016年4月23日 日本公開



【 ストーリー 】

― 私は人類最後の一人なのかもしれない。 ―

ある日、地球から400km上空を巨大な未確認飛行物体が周回し始めた。
そして人類は彼らを<アザーズ>と呼んだ。
アメリカのオハイオ州、ニュースでこの衝撃的事実を知った女子高生のキャシー(クロエ・グレース・モレッツ)の平穏な日常は、この日を境に崩れ去った。
10日後、最初の攻撃が始まったのだ。
知的生命体<アザーズ>は、人間に姿を変え我々人類に攻撃を開始した。

第1の波 「暗黒」
世界中のエネルギー供給をシャットダウンし、地球は漆黒の闇に包まれる。

第2の波 「崩壊」
想像を絶する地殻変動を仕掛け、地面は裂け、津波に街が沈む。

第3の波 「感染」
原因不明のウィルスを爆発的に蔓延させ、全人類の99%が死滅する。

第4の波 「侵略」
<アザーズ>は徐々に生存者に寄生し始め、人類に襲い掛かる。

圧倒的知能を持つ生命体<アザーズ>により4度にわたる攻撃を受け、人類の99%が死滅。
壊滅状態となった地球で生き残ったキャシーは、人間と見分けがつかない<アザーズ>への恐怖に支配されながらも、離ればなれになってしまった弟を救うため、子供たちが拉致された基地へと向かう。
だが<アザーズ>は人間に紛れ込み、誰が敵なのか味方なのか分からない。
そんな末期的な状況の中、旅の途中でキャシーはベン(ニック・ロビンソン)に命を助けられる。
キャシーは彼に惹かれながらも、心から信頼できないまま共に基地を目指すのだった。
人類を滅亡の危機から救う唯一の手段は、<アザーズ>を見つけ出し、滅亡を意味する第5の波≪フィフス・ウェイブ≫を防ぐしかない。
果たして人類は<アザーズ>の目的を阻止できるのか・・・?

フィフス・ウェイブ (2015)



【 スタッフ 】

監督 : J・ブレイクソン
原作 : リック・ヤンシー
脚本 : スザンナ・グラント 、アキヴァ・ゴールズマン 、ジェフ・ピンクナー
製作 : トビー・マグワイア 、グレアム・キング 、マシュー・プルーフ 、リン・ハリス 、ティム・ヘディントン
製作総指揮 : リチャード・ミドルトン 、ベン・ワイズブレン
プロダクションエグゼクティヴ : デニス・オサリヴァン
ラインプロデューサー : クリス・ローウェンスタイン
撮影 : エンリケ・シャディアック
美術/プロダクションデザイン : ジョン・ビリングトン
スーパーヴァイジングアートディレクター : ジュリアン・アシュビー
編集 : ポール・ルベル
音楽 : ヘンリー・ジャックマン
衣装デザイン : シャレン・デイヴィス
キャスティング : フランシーヌ・マイスラー
セットデコレーション : フランク・ガライン
視覚効果スーパーバイザー : ジェフ・キャンベル 、ブライアン・ゴドウィン 、ジョン・ヘイリー 、Gregory D. Liegey 、ダレン・ポー 、Scott Stokdyk
視覚効果コーディネーター : Karina Benesh 、アンナ=レナ・カール 、ミーガン・ガルブレイス 、ジョー・グリーンバーグ 、ブレット・マディル 、Crisanta Melendez 、ジャックリーン・ラシーン
視覚効果プロダクションマネージャー : アニー・クロード・ラピエール
視覚効果エグゼクティブプロデューサー : Michele C. Vallillo 、デヴィッド・ヴァン・ダイク
視覚効果プロデューサー : ネイシャウ・アリ 、Diana Stulic Ibanez 、Jinnie Pak 、キャリー・リチャードソン 、Sreyans Bardia 、Hetal Jain
アソシエイト視覚効果プロデューサー : Christa Tazzeo
視覚効果 : サリー・スレイド
視覚効果アートディレクター : Patrick Zentis
視覚効果アーティスト : Charles Bahous 、ファラオ・バレット 、リッチ・ボボ 、ポール・コープランド 、カルロス・パトリック・デ・レオン 、ボー・ジャンツェン 、アシム・カーン 、マイケル・ローズ 、デレク・シュナイダー 、ジェレミー・トンプソン 、Donmill Yip
コンポジッティングスーパーバイザー : Christian Boudman 、ジェームズ・黒田 、Pieter Van Houte
VFXコーディネーター : Prakash Pathak
効果スーパーバイザー : ティム・シブリー
デジタル効果スーパーバイザー : マイケル・S・ハーバー 、Harimander Singh Khalsa
CGスーパーバイザー : ショーン・シューア
特殊効果職長 : ヒース・フッド
特殊効果 : クリス・クライン 、ケン・ゴレル 、マット・シグモン 、デヴィッド・ウェイン
特殊効果クルー / 特殊効果技術者 : P・デヴィッド・ミラー
特殊メイクアップ効果アーティスト : マーク・ジェームズ・ロス
特殊効果メイクアップコンタクトレンズ技術者 : Gazal Tabrizipour
補綴 : ビル・ジョンソン
メイクアップ部門ヘッド : リサ・ラヴ
キーメイクアップアーティスト : トラヴィス・ペイツ
メイクアップアーティスト : ミケーレ・ルイス
ヘアスタイリスト部門ヘッド : Anji Bemben
キーヘアスタイリスト : エリザベス・ロビンソン
ヘアスタイリスト : Suzanna Boykin
追加ヘアスタイリスト : モーリス・ビーマン
サード追加ヘアスタイリスト : Talya Melvey
スタントコーディネーター : ジョーイ・ボックス
ファーストアシスタントディレクター : マシュー・ダン
セカンドアシスタントディレクター : デヴィッド・ウォーターズ
第2セカンドアシスタントディレクター : シメオン・ジョーンズ
追加セカンドアシスタントディレクター : ジェイソン・インマン 、トッド・マネス



【 キャスト 】

キャシー・サリヴァン : クロエ・グレース・モレッツ
十字架で傷ついた男 : マシュー・ザク
リズベス : ガブリエラ・ロペス
ジュリア : ベイリー・アン・ボーダーズ
ベン・パリッシュ / ゾンビ : ニック・ロビンソン
オリヴァー・サリヴァン : ロン・リヴィングストン
リサ・サリヴァン : マギー・シフ
サム・サリヴァン : ザッカリー・アーサー
サッカーコーチ : デイヴ・マルドナド
テレビニュースアンカー : ポール・ライデン
ホワイトハウス報道官 : E・ロジャー・ミッチェル
ポールソン夫人 : チャーミン・リー
ジェレミー : パーカー・ウェリング
泣いている生徒 : マディソン・ステインズ
ダンボ : トニー・レヴォロリ
ハッチフィールド : テリー・セルピコ
ヴォッシュ大佐 : リーヴ・シュレイバー
パーカー二等兵 : デレク・ロバーツ
拡声器を持つ兵士 : ジェフリー・ケネディ
混乱する男性 : デヴィン・マギー
武装した男性 : ジャスティン・スミス
番号を呼ぶ兵士 : ジェームズ・サットン
レズニック軍曹 : マリア・ベロ
試験室の技術者 : アドラ・デイ
森のスナイパー : ケヴィン・L・ジョンソン
ティーカップ : タリサ・ベイトマン
オムパ : ケイド・キャノン・ボール
フリントストーン : Alex MacNicoll
パウンドケーキ : Nadji Jeter
リンガー : マイカ・モンロー
タンク : フリン・マックヒュー
エヴァン・ウォーカー : アレックス・ロー
ヘリコプターの兵士 : コートニー・ムンク
シチュエーションルームの兵士 : ケンドリック・クロス
技術兵 : チェルシー・ヘイズ
ボブ少佐 : マイケル・ビーズリー
難民 / 軍兵士 : ヴィダル・ルーベン
検疫する医者 : Shafayat Ahmed (ノンクレジット)
難民 : Jzon Azari (ノンクレジット)
隔離病棟の患者 : ペリー・ボール (ノンクレジット)
兵士 / 白兵戦インストラクター : チャールズ・バーデン (ノンクレジット)
幼い難民の少年 : ボビー・バトソン (ノンクレジット)
捕らえられた少年 : ブラッド・ビオール (ノンクレジット)
兵士 : チェイス・ベック (ノンクレジット)
キャシーに似た人 : Hannah Bidinger (ノンクレジット)
検疫に掛かった人 : Faith Blankenship (ノンクレジット)
捕らえられた難民少年 : Igor Bondaruk (ノンクレジット)
検疫に掛かった人 : Kelly Borgnis (ノンクレジット)
兵士#2 : ニコラス・ボスク (ノンクレジット)
捕らえられた幼い難民少年 : マイヤ・ボイド (ノンクレジット)
兵士 : アーロン・ブリュースター (ノンクレジット)
Core Vosch Solider : DuRa Brown (ノンクレジット)
サットン (トルーパー) : ジェフリー・ジェームズ・ブッチーノ (ノンクレジット)
避難者 : Marilea Butler (ノンクレジット)
難民 : チャック・クラーク (ノンクレジット)
捕らえられた10代の若者 : Olivia Cloer (ノンクレジット)
俳優 : マディ・レイ・クーパー (ノンクレジット)
サッカー選手 : アンドリュー・カニンガム (ノンクレジット)
荒らされる子供 : Jake DeLaughter (ノンクレジット)
チアリーダー : Hunter Denoyelles (ノンクレジット)
学生 : ジェームズ・リチャード・ダウII (ノンクレジット)
検疫患者 : Katherine Efird (ノンクレジット)
難民 : ディラン・A・フォックス (ノンクレジット)
隔離病棟の患者 : Tahseen Ghauri (ノンクレジット)
フェイ (トルーパー) : Faneal Godbold (ノンクレジット)
10代の新兵 : ブライアン・ゴンザレス (ノンクレジット)
難民 : キース・ハム (ノンクレジット)
検疫を受ける難民 : ロバート・ハッチ (ノンクレジット)
軍司令官 : ロバート・ヘンドレン (ノンクレジット)
難民 : ウォルター・ヘンドリックスIII (ノンクレジット)
検疫人 : ジェフリー・ハワード (ノンクレジット)
ウィルソン家の娘 : レイニー・ケイト・ハルバート (ノンクレジット)
第2司令部の兵士 : カーター・イアン (ノンクレジット)
難民 : ビリー・ジェームズ (ノンクレジット)
隔離病棟の患者 : Carlee James (ノンクレジット)
屋根の上の少年 : マーク・ジョン・ジェフリーズ (ノンクレジット)
隔離病棟の感染患者 : バリー・W・ジェラルド・Jr. (ノンクレジット)
隔離病棟の感染患者 : キャサリン・ジェラルド (ノンクレジット)
ウェッブ軍曹 : アダム・C・ジョンソン (ノンクレジット)
捕えられた少年 / 新兵 : Yoel Kanchelov (ノンクレジット)
兵士 / 軍警察 : Sanya Kongdara (ノンクレジット)
隔離病棟の患者 : Shere Ladd (ノンクレジット)
ヘンリー (オフィサー) : スコット・レッドベター (ノンクレジット)
検疫患者 : アマンダ・リー (ノンクレジット)
兵士 : エイドリアン・ロケット (ノンクレジット)
アンカー#1 : アンディ・マシーニー (ノンクレジット)
捕えられた難民少年 : Eric McCrea (ノンクレジット)
Voshc's Soldier : スタンリー・マクラフリンII (ノンクレジット)
ベンの友人 : Jamall Rashaud McMillan (ノンクレジット)
検疫の医者 : ディナ・マクニール (ノンクレジット)
難民 : ロジャー・ニール (ノンクレジット)
Dr.Osborne : ジョニー・オットー (ノンクレジット)
兵士 : ジム・パーマー (ノンクレジット)
Vosch Soldier : アレン・パーカー (ノンクレジット)
隔離されたエイリアン : Symone Plummer (ノンクレジット)
隔離された病人 / 兵士 : Paul Michael Pouler (ノンクレジット)
検疫患者 : Kimberly Reneau (ノンクレジット)
兵士 : ウィリアム・A・ロドリゲス (ノンクレジット)
検疫に掛かった人 : Kelly Róisín (ノンクレジット)
捕えられた難民少年 : ドニー・サドラー (ノンクレジット)
共同アンカ​​ー : タイロン・D・ショー (ノンクレジット)
チアリーダー : サド・シアラー (ノンクレジット)
捕えられた少年 : WynterRae' Sherburne (ノンクレジット)
傍観者 : Jamie Soricelli (ノンクレジット)
難民 : ダイアン・スターキー (ノンクレジット)
捕えられた10代の若者 : Michael Steedley (ノンクレジット)
Vosch's Core Soldier : カリー・ストーン (ノンクレジット)
検疫に掛かった人 : マリー・トラウトマン (ノンクレジット)
医者 : バーバラ・ヴィンセント (ノンクレジット)
検疫に掛かった人 : デニス・E・ウィリアムズ (ノンクレジット)
検疫に掛かった人 : Daniel J. Wolfgram (ノンクレジット)










ワイルド わたしの中の獣 (2016)
ワイルド わたしの中の獣 (2016)

『 ワイルド わたしの中の獣 』 (原題:Wild) は、2016年に製作されたドイツ映画。
 1匹のオオカミに魅せられ心を通わせるうちに、、秘めた欲望が覚醒していく女性の倒錯した愛を描く異色の官能ドラマ。
監督・脚本は、女優としてTVM「666/DEVIL'S SIGN (1995)」「バンディッツ (1997)」「CLUBファンダンゴ (2000)」「エニグマ奪還 (2001)」「トンネル (2001)」「High Maintenance (2006)」「Pihalla (2009)」「Unter dir die Stadt (2010)」「Lollipop Monster (2011)」などに出演、本作が長編3作目となるニコレッテ・クレビッツ。
 撮影は「フィロソファー (1988)」「官能 (2001)」「Schläfer (2005)」「Nachmittag (2007)」「Madonnen (2007)」「Deutschland 09 - 13 kurze Filme zur Lage der Nation (2009)」「Der Räuber (2010)」のラインホルト・フォルシュナイダー。
 主演は、TVM「Das blaue Licht (2010)」短編「Blitzeis (2011)」「Diaz - Don't Clean Up This Blood (2012)」短編「Incubo (2012)」「Scherbengericht (2013)」「Lügen und andere Wahrheiten (2014)」「Die Lügen der Sieger (2014)」「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男 (2015)」「Buddha's Little Finger (2015)」のリリト・シュタンゲンベルク。
 共演は「セブンス・コンチネント (1989)」「71フラグメンツ (1994)」「ドッグ・デイズ (2001)」「インポート、エクスポート (2007)」「アイガー北壁 (2008)」「ミケランジェロの暗号 (2010)」「ファウスト (2011)」「ドッペルゲンガー 凍てつく分身 (2014)」のゲオルク・フリードリヒ、「さよなら、アドルフ (2012)」「Für Elise (2012)」TVM「The Missionary (2013)」「Zum Geburtstag (2013)」「Der Geschmack von Apfelkernen (2013)」「ロストックの長い夜 (2014)」TVM「Zorn - Vom Lieben und Sterben (2015)」TVM「Aufbruch (2016)」「Nirgendwo (2016)」のザスキア・ローゼンダールなど。


[ 公開日 ]

2016年1月24日 アメリカ Sundance Film Festival 上映
2016年2月1日 オランダ International Film Festival Rotterdam 上映
2016年2月3日 スウェーデン Göteborg International Film Festival 上映
2016年2月26日 ルクセンブルク Luxembourg City Film Festival 上映
2016年4月11日 トルコ共和国 Istanbul Film Festival 上映
2016年4月14日 ドイツ公開
2016年4月22日 アメリカ San Francisco International Film Festival 上映
2016年4月29日 ポーランド Off Camera International Festival of Independent Cinema 上映
2016年7月22日 ポーランド New Horizons Film Festival 上映
2016年7月27日 ニュージーランド New Zealand International Film Festival 上映
2016年8月7日 オランダ Pluk de Nacht Open Air Film Festival 上映
2016年9月20日 アルゼンチン German Film Festival 上映
2016年9月21日 ノルウェー Bergen International Film Festival 上映
2016年10月6日 イギリス London Film Festival 上映
2016年11月1日 デンマーク CPH PIX 上映
2016年11月3日 リトアニア Scanorama Film Festival Vilnius 上映
2016年12月24日 日本公開
2017年1月13日 ポーランド公開
2017年9月9日 ベトナム Deutsches Filmfestival 上映
2018年4月5日 フランス TV premiere 放送



【 ストーリー 】

職場と自宅の往復を繰り返すだけの無機質な日々を送るアニア(リリト・シュタンゲンベルク)はある日、自宅のマンション前に広がる森で、一匹のオオカミを見かける。
オオカミは彼女をじっと見つめ、森の中に姿を消した。
嫌な上司ボリス(ゲオルク・フリードリヒ)にこき使われ、冴えない日々を過ごしていたアニアは、初めて触れる“野性”に心かき乱し、激しく惹かれていく。
次第にオオカミに執着するようになった彼女は、あらゆる手を尽くしてオオカミを捕獲し、自宅に連れ込む。
初めは、狭い部屋で暴れるオオカミに命の危険を感じたものの、次第に“彼”と心を通わせるようになり、それと共に秘められていたアニアの欲望が露わになっていく。
狼の虜になったアニアは、食事を用意し、同じ部屋で眠り、まるで恋人のように接し始める。
次第に野性に取り込まれ、人間として常軌を逸脱した行動を見せ始めるアニア。
その様子に戸惑う周囲の人々。
しかし、ボリスはそんな彼女の変化に興味を示す。
やがて、心の隙間を埋めるかのように、アニアはボリスと関係を持ってしまう。
果たして、人と獣の狭間で生きるようになった彼女を待つ運命とは・・・?

ワイルド わたしの中の獣 (2016)
ワイルド わたしの中の獣 (2016)



【 スタッフ 】

監督 : ニコレッテ・クレビッツ
脚本 : ニコレッテ・クレビッツ
製作 : ベティーナ・ブロケンパー
ラインプロデューサー : サシャ・ヴェリー
撮影 : ラインホルト・フォルシュナイダー
サウンドデザイナー / スーパーヴァイジングサウンドエディター : Rainer Heesch
サウンドレコーディスト : クリストフ・シリング
美術/プロダクションデザイン : シルヴェスター・コゾレック
ストーリーボードアーティスト : ミルヤ・エンゲルハルト
編集 : ベッティナ・ボーラー
音楽 : テラノーヴァ 、ジェイムズ・ブレイク
特殊効果スーパーバイザー : ステファン・フォン・トレスコウ
キーメイクアップアーティスト : アンティエ・ボッケロー
メイクアップアーティスト : ジュディス・クロエ
アシスタントディレクター : ロン・ハルト
アニマルトレーナー : ゾルタン・ホーカイ 、ピーター・イヴァニー
プロダクションマネージャー : エドガー・コックス 、オリヴァー・ウィスマン

「ワイルド わたしの中の獣」オフィシャルサイト



【 キャスト 】

アニア : リリト・シュタンゲンベルク
ボリス (アニアの上司) : ゲオルク・フリードリヒ
オオカミ : ネルソン
オオカミ : コッサ
キム : ジルク・ボーデンベンダー
ジェニー (アニアの妹) : ザスキア・ローゼンダール
女子工員 : コッティ・ユン
女子工員 : ローリー・ヤング
女子工員 : ジョイ・マリア・バイ
トム : ピット・ブコウスキ
マーティン : ベネディクト・レイ
清掃員 : Tamer Yigit
清掃員 : ヘイダー・イルマズ
オリー : Frowin Wolter
Hauswärtin : アン・カトリン・グーミッチ
看護師 : フランツィカ・アント
婦警 : ミラ・ブルック
リサイクルプラントのチーフ : Christine Voigt
ペットショップ店員 : ステファン・ノーベル=ハイゼ
射撃クラブのオーナー : ヴォルフガング・ハウ
祖父 : ヘルマン・バイヤー








虹蛇と眠る女 (2015)
虹蛇と眠る女 (2015)
虹蛇と眠る女 (2015)

『 虹蛇と眠る女 』 (原題:Strangerland) は、2015年に製作されたオーストラリア・アイルランド合作映画。
 オーストラリアの先住民族アボリジニに伝わる説話を題材に、砂漠地帯にある小さな街へと越してきた一家が、先住民族アボリジニに伝わる神話が絡んだ子供たちの失踪事件に翻弄されていく姿を描くサスペンス・ドラマ。
 監督は、短編「Sammy Blue (2000)」など多くの短編映画や長編ドキュメンタリー「Naked on the Inside (2007)」を執筆・監督、本作が長編劇映画デビュー作となる女性監督キム・ファラント。
 脚本は、主にオーストラリアやイギリスのTV産業で脚本家・女優として活躍、オーストラリアのTVシリーズ「Tangle (2009~2012)」イギリスBBCのTVドラマ「The Silence (2010)」「The Lady Vanishes (2013)」の脚本を務めるフィオナ・セレスと、本作が劇映画脚本デビュー作となるアイルランド出身の脚本家・映画監督のマイケル・キニロンズ。
 撮影監督は「Rewind (2010)」の監督・脚本や、「32A (2007)」「Kings (2007)」「My Brothers (2010)」「ランウェイ (2010)」「Jack Taylor: The Dramatist (2012)」の撮影を担当するP・J・ディロン。
 主演は「NINE (2009)」「ラビット・ホール (2010)」「ブレイクアウト (2011)」「ペーパーボーイ 真夏の引力 (2012)」「イノセント・ガーデン (2013)」「レイルウェイ 運命の旅路 (2013)」「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 (2014)」「リピーテッド (2014)」「パディントン (2014)」のニコール・キッドマン。
 オスカー女優ニコール・キッドマンが子供たちの行方を追う母親役を体当たりで演じ、ヌードシーンも披露している。
共演は「マトリックス (1999)」「ロード・オブ・ザ・リング (2001)」「Vフォー・ヴェンデッタ (2005)」「ウルフマン (2010)」「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー (2011)」「ホビット 思いがけない冒険 (2012)」「クラウド アトラス (2012)」「ブレイキング・ゴッド (2014)」のヒューゴ・ウィーヴィング、「恋におちたシェイクスピア (1998)」「スターリングラード (2000)」「レオポルド・ブルームへの手紙 (2002)」「ヴェニスの商人 (2004)」「ダーウィン・アワード (2006)」「マンデラの名もなき看守 (2007)」「レッド・バロン (2008)」「約束のハドソン川 (2009)」「ヘラクレス (2014)」のジョセフ・ファインズ、十代からTVのCMに出演、2014年ヴォーグ・ポルトガルの表紙を飾り、2015年にはmiumiuの秋冬キャンペーンモデルに抜擢されるなどモデルとして活躍し、本作が長編映画デビュー作となる期待の新人女優マディソン・ブラウンなど。


[ 公開日 ]

2015年1月23日 アメリカ Sundance Film Festival 上映
2015年3月4日 韓国 Marie Claire Film Festival 上映
2015年3月6日 セルビア Belgrade Film Festival 上映
2015年5月17日 アメリカ Seattle International Film Festival 上映
2015年6月5日 オーストラリア Sydney Film Festival 上映
2015年7月8日 アイルランド Galway Film Fleadh 上映
2015年7月9日 マケドニア共和国公開
2015年7月10日 カナダ Toronto 公開
2015年7月10日 リトアニア公開
2015年7月10日 アメリカ公開
2015年7月17日 エストニア公開
2015年7月17日 トルコ共和国公開
2015年8月5日 ドイツ Fantasy Filmfest 上映
2015年8月6日 ポルトガル公開
2015年10月2日 スイス Zurich Film Festival 上映
2015年11月14日 アイルランド Cork International Film Festival 上映
2015年12月21日 スウェーデン DVD premiere 発売
2016年2月5日 イギリス公開
2016年2月5日 アイルランド公開
2016年2月27日 日本公開
2016年3月17日 ロシア公開
2016年10月13日 ブラジル公開
2019年2月28日 ドイツ DVD premiere 発売



【 ストーリー 】

オーストラリアの荒涼とした砂漠地帯に佇む小さな町ナスガリ。
訳あってこの地に引っ越してきたキャサリン(ニコール・キッドマン)とマシュー(ジョセフ・ファインズ)の一家に予想もしない事件が降りかかった。
ある満月の夜、彼らの二人の子供たちが神隠しに遭ったかのように姿を消したのだ。
うだるような暑さのこの土地で行方不明となった者は、2、3日で命の危険に晒される。
子供たちに命を危ぶみ、地元のベテラン警官レイ(ヒューゴ・ウィーヴィング)らは大規模な捜索を行うが、手がかりすらつかめず、次第に夫婦に疑いの目が向けられていく。
一家には、それでもなお明るみにできないある事情を抱えていた。
憔悴していくキャサリンに、先住民族アボリジニの子供たちが、「虹の蛇が二人を飲み込んだ。歌えば帰ってくる。」という謎の言葉を告げる・・・。

虹蛇と眠る女 (2015) 5


― 虹蛇について ―

虹蛇(にじへび)は、天候現象の虹に関連し、創造と雨を降らせる力があるとされる神話・伝説上の巨大な蛇である。
虹蛇の神話・伝説は、世界各地、主に北アメリカ、オーストラリア、西アフリカで知られている。
オーストラリアでは、様々な呼び名(カリア、ムイトなど)を持ち広く知られている。
漢字の「虹」が虫偏であるのも、中国の伝説において虹が竜の一種とみなされていたからである。
また主虹である「虹」を雄とし、副虹たる雌を「蜺」(ゲイ)と呼んだ。
アフリカでは創造母神マウウが最初に創造したものであり、世界創造を手伝った後は大地を支えるために海の底でとぐろをまいていて、ときどきとぐろを解いて自分の体で空にアーチをかける。
この虹のヘビは、人間や他の動物の創造に何らかの関わりを持ち、雨を降らせるという重要な役目を担ってきた。
もし、雨が長く降らず干ばつが続くようなら、それは虹のヘビが眠ったまま目を覚ましていないことを意味する。
そのため、ヘビを起こすために特別に騒々しい儀式(雨乞い)を行う必要がある。
ただし、不用意にこのヘビを怒らせると、虹のヘビは怒りにまかせて巨大な体を空や大地に叩きつけ、あらゆる種類の災害を引き起こす。
世界創造における虹のヘビの役割は、入り江や川、湖や泉を作ることだった。
川が曲がりくねっているのは虹のヘビが川を作るのにその身をよじらせながら進んだためだとされている。
また、泉や湖が丸いのは、虹のヘビが体を休めるためにとぐろをまいて休憩していたからである。
現在では虹のヘビは、乾季の間は泉の奥に潜んでいて、雨季になると泉から姿を現して雨を降らせる役目を果たすと信じられている。
空に掛かる虹のアーチは次の雨季に備えて虹のヘビがそれまで暮らしていた泉や川から、新しい棲み家へと移動していることを現している。



【 スタッフ 】

監督 : キム・ファラント
原案 : フィオナ・セレス
脚本 : フィオナ・セレス 、マイケル・キニロンズ
製作 : ナオミ・ウェンク 、マクダラ・ケレハー
共同製作 : アマンダ・バウアーズ 、キム・ファラント
製作総指揮 : モリー・コナーズ 、マリア・セストーン 、サラ・E・ジョンソン 、アドリアナ・L・ランデール 、ブライス・メンジス 、アンドリュー・マッキー 、リチャード・ペイテン
アソシエイトプロデューサー : Aoife McGonigal
ラインプロデューサー : キャサリン・ビショップ
撮影監督 : P・J・ディロン
美術/プロダクションデザイン : メリンダ・ドーリング
アートディレクション : Mandi Bialek-Wester
編集 : ヴェロニカ・ジェネット
音楽 : キーフス・シアンシア
衣装デザイン : エミリー・セレシン
キャスティング : ニッキー・バレット
セットデコレーション : グレン・W・ジョンソン
視覚効果スーパーバイザー : ジェームズ・ロジャース
視覚効果プロデューサー : マット・デイリー 、ジェームズ・ウィットラム
コンポジッター : アレックス・コーブル
シニアデジタルマットペインター : Veress Kovács István
トラッカー : ネイサン・シェルドリック
デジタルコンポジッター : ウィル・トール
視覚効果エディター : デヴィッド・クイン
特殊効果スーパーバイザー : Lloyd Finnemore
特殊効果技術者 : Simon Mak Murrell
ヘア&メイクアップデザイナー : ノリコ・ワタナベ
アシスタントディレクター : チャールズ・ロザラム
セカンドアシスタントディレクター : エリン・ランダー
サードアシスタントディレクター : ネイサン・ハート
謝辞 : Jonathan Loughran 、Marten Rabarts 、Safka Sintmaartensdijk 、Michael Wannenmacher



【 キャスト 】

キャサリン : ニコール・キッドマン
マシュー : ジョセフ・ファインズ
警官レイ : ヒューゴ・ウィーヴィング
コリーン : リサ・フラナガン
バーティー : メイン・ワイアット
リリー : マディソン・ブラウン
トム : ニコラス・ハミルトン
アラン・ロバートソン : ジム・ラッセル
スティーブ・ロバートソン : ショーン・キーナン
ローズ : ブロンウィン・ペンリス
ジャラ (子役) : トランギ・J・スピィーディー=コー
スラッグ : Morgan Junor-Larwood
Deputy Pete : クリス・パティンソン
州立公園の男 : リーフ・アイルランド
ニール・マクファーソン : マーティン・ディングル・ウォール
サリー・マクファーソン : ミーガン・アルストン
ニールの娘 : Carys Fulchs
Checkout Chick : テイラー・ファーガソン
ダレル : ルーク・キャロル
パブの常連 : ベネディクト・ハーディ-
スーパーマーケットの子供 : アレクサンダー・ミッチンソン
入れ墨男 : ピーター・ハウランド
スケーターボーイ : Jarrad Burcher
スケーターボーイ : アシュレー・ヤング
バーテンダー : ロブ・ファラント








パパが遺した物語 (2015)
パパが遺した物語 (2015)
パパが遺した物語 (2015)

『 パパが遺した物語 』 (原題:Fathers and Daughters / 伊題:Padri e figlie) は、2015年に製作されたアメリカ・イタリア合作映画。
ニューヨークを舞台に、少女の成長物語を通して、父と娘のかけがえのない絆を描く感動のヒューマン・ドラマ。
小説家の父親と愛する娘との関係を過去と現在を交錯させながら、心に傷を負いながらも娘との生活を立て直そうとする父の葛藤と、トラウマを抱える娘の姿を綴る。
監督は「最後のキス (2001)」「リメンバー・ミー (2003)」「幸せのちから (2006)」「7つの贈り物 (2008)」「もう一度キスを (2010)」「スマイル、アゲイン (2013)」のガブリエレ・ムッチーノ。
脚本は、2012年のブラックリスト(ハリウッドで映画化が実現していない優秀脚本を選定する賞)の10位に選ばれた脚本家のブラッド・デッシュによるオリジナル脚本。
撮影は「ドラムライン (2002)」「イントゥ・ザ・ブルー (2005)」「L.A.デンジャラス (2006)」「ケビン・コスナー チョイス! (2008)」「俺たちダンクシューター (2008)」「ターミネーター4 (2009)」「デッドフォール 極寒地帯 (2012)」「ネイビーシールズ (2012)」「ニード・フォー・スピード (2014)」のシェーン・ハールバット。
音楽は「最後のキス (2001)」「ソフィー・マルソーの愛人〈ラマン〉 (2003)」「イタリア的、恋愛マニュアル (2005)」「ナポレオンの愛人 (2006)」「副王家の一族 (2007)」「クワイエット・カオス~パパが待つ公園で (2008)」「もう一度キスを (2010)」「昼下がり、ローマの恋 (2011)」のパオロ・ブォンヴィーノ。
主演は、小説家の父親ジェイク役を「ロビン・フッド (2010)」「スリーデイズ (2010)」「レ・ミゼラブル (2012)」「アイアン・フィスト (2012)」「ブロークンシティ (2012)」「マン・オブ・スティール (2013)」「ニューヨーク 冬物語 (2014)」「ノア 約束の舟 (2014)」のラッセル・クロウ、心に傷を負った娘ケイティ役を「赤ずきん (2011)」「TIME/タイム (2011)」「レ・ミゼラブル (2012)」「ファインド・アウト (2012)」「ラヴレース (2012)」「グリフィン家のウエディングノート (2013)」「荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~ (2014)」「テッド2 (2015)」「PAN~ネバーランド、夢のはじまり~ (2015)」のアマンダ・セイフライド、ケイティの幼少時代を「Horror House (2012)」「The List (2013)」「Finders Keepers (2014)」「スペース・ステーション76 (2014)」「Boys of Abu Ghraib (2014)」「Lifted (2015)」のカイリー・ロジャーズが演じる。
共演には、ダイアン・クルーガーやジェーン・フォンダ、オクタヴィア・スペンサーといった実力派キャストが出演する。


[ 公開日 ]

2015年10月1日 イタリア公開
2015年10月3日 日本公開
2015年10月8日 中国
2015年10月8日 台湾公開
2015年10月23日 ラトビア公開
2015年10月23日 トルコ共和国公開
2015年11月12日 チェコ共和国公開
2015年11月12日 スロバキア公開
2015年11月13日 イギリス公開
2015年11月13日 アイルランド公開
2015年11月19日 ハンガリー公開
2015年11月27日 エストニア公開
2015年12月3日 タイ Major Cineplex Thailand 公開
2015年12月10日 韓国公開
2015年12月11日 ベトナム Phuong Nam 公開
2016年1月1日 スペイン公開
2016年1月7日 イスラエル公開
2016年1月7日 クウェート公開
2016年1月7日 シンガポール公開
2016年1月20日 インドネシア公開
2016年1月27日 フィリピン公開
2016年2月12日 ポーランド公開
2016年2月15日 スウェーデン DVD premiere 公開
2016年3月31日 香港公開
2016年5月19日 ブラジル公開
2016年5月19日 ギリシャ公開
2016年5月27日 メキシコ公開
2016年6月2日 ポルトガル公開
2016年6月30日 ドイツ公開
2016年7月8日 アメリカ公開
2016年7月14日 ペルー公開
2016年7月20日 ブラジル DVD and Blu-ray premiere 公開
2017年2月15日 オランダ TV premiere 公開
2017年3月8日 ロシア公開



【 ストーリー 】

― 父は、愛する娘への物語を書き続けた。 約束を果たすために・・・。 ―

1989年、ニューヨーク。
小説家のジェイク・デイヴィス(ラッセル・クロウ)は、妻と7歳の一人娘ケイティ(カイリー・ロジャーズ)との3人で、幸せな毎日を送っていた。
しかし、ジェイクが起こした交通事故で妻が死亡。
ジェイクも長期入院することになり、ケイティは妻の姉のエリザベス(ダイアン・クルーガー)に預けられる。
7カ月後、退院したジェイクは真っ先に娘の元へと駆けつける。
「もう離れない?」と不安げに聞くケイティに、これからは「ずっと一緒だ」と答えるジェイク。
しかし事故の後遺症の発作を隠しつつ仕上げた新作小説は、評論家から酷評されてしまう。
そして追い打ちをかけるかのように、エリザベスと夫ウイリアム(ブルース・グリーンウッド)が、ケイティの養育権を巡る訴訟を起こす。
必死で娘との生活を守ろうとするジェイクだが、病状も生活も苦しくなっていくばかり。
ギリギリまで追い詰められていく中、彼は新しい小説の執筆を始める。
それは彼と娘のケイティについての物語だった・・・。
・・・25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、過去のトラウマから人を愛することができなくなっていた。
自暴自棄な日々を過ごし、人と深い関係を築くことを避けてきた彼女は、ある日、父の小説の大ファンだという青年キャメロン(アーロン・ポール)と出会い、恋に落ちる。
ケイティは過去と向き合い、新しい人生に踏み出そうとするが・・・。
次第に明かされていくあまりに純粋な父と娘の愛の物語。
そしてケイティに遺された、父の最後の小説とは・・・。

パパが遺した物語 (2015)



【 スタッフ 】

監督 : ガブリエレ・ムッチーノ
脚本 : ブラッド・デッシュ
製作 : ニコラス・シャルティエ 、シェリル・クラーク 、クレイグ・J・フローレス
共同製作 : Babacar Diene 、ドミニク・ロスタム
製作総指揮 : ラッセル・クロウ 、リチャード・ミドルトン 、Romilda De Luca 、キース・ロジャー
アソシエイトプロデューサー : Bill Karesh
撮影 : シェーン・ハールバット
美術/プロダクションデザイン : ダニエル・B・クランシー
アートディレクション : Gregory A. Weimerskirch
編集 : アレックス・ロドリゲス
音楽 : パオロ・ブォンヴィーノ
音楽監督 : Thomas Golubic
劇中歌 : マイケル・ボルトン
衣裳デザイン : アイシス・マッセンデン
アシスタント衣装デザイナー : Faye Sevilla
衣装スーパーバイザー : Darcie Buterbaugh
キャスティング : メアリー・ヴァーニュー
セットデコレーション : ジュリー・スミス
視覚効果スーパーバイザー : ステファノ・レオーニ 、Francesco Grisi
視覚効果プロデューサー : Rosario Barbera
視覚効果エディター : フランチェスコ・ピッコーリ
CGスーパーバイザー : Gaia Bussolati
マットペインター : ジュゼッペ・パリシ
コンポジッター : Emanuele Comotti 、Chiara Feriani 、Federica Foresti 、ロベルタ・ロンゴ 、ダニーロ・モンテサルキオ 、マウロ・モレッティ 、ガブリエレ・モッタ 、Riccardo Stasi
視覚効果コーディネーター研修生 : Davide Signorelli
特殊効果技術 : ジェイク・ヘイズ
メイクアップ部門ヘッド : ジョン・キャグリオーネ・Jr
キーメイクアップアーティスト : Mary Ann Skiba
メイクアップアーティスト : ジョン・キャグリオーネ・Jr 、Jeannee Josefczyk
ヘア部門ヘッド : カレン・ラヴェル
ヘアスタイリスト : Winfrey Izear 、ジェイソン・レナー
ポストプロダクションスーパーバイザー : マイケル・ジャックマン
アクションコーディネーター : ランス・ギルバート 、ジェイソン・シルヴィス



【 キャスト 】

ジェイク・デイヴィス (小説家) : ラッセル・クロウ
ケイティ・デイヴィス (ジェイクの娘) : アマンダ・セイフライド
ケイティ・デイヴィス (幼少期) : カイリー・ロジャーズ
キャメロン (作家志望の青年) : アーロン・ポール
エリザベス : ダイアン・クルーガー
ルーシー : クヮヴェンジャネ・ウォレス
ウィリアム : ブルース・グリーンウッド
キャロライン : ジャネット・マクティア
セオドラ : ジェーン・フォンダ
ドクター・コーマン : オクタヴィア・スペンサー
ジョン : ライアン・エッゴールド
エヴァン : ブレンダン・グリフィン
博物館の訪問者 : トニー・エイメン
ジョン・ウィルトン : ジェイソン・マッキューン
ドクター : チャールズ・デヴィッド・リチャーズ
Pulizter Attendee : アル・ソット
ボブ・マクナリー : ジョン・シェパード
ミシェル : Michelle Veintimilla
書店パトロン : Kaza Marie Ayersman
ナンシー : Claire Chapelli
NYPD Officer in Diner : モモ・カサブランカ
歌うウェイター : ブライアン・ミュラー
歩行者 : Phil Nardozzi
書店パトロン : Chris A. Riskus
ナース : ケイシー・デイリー
バーパトロン : ジェレミー・ロング
ブライアン : クリス・ダグラス
Subpoena Server : Nathan Hollabaugh
Dr. バレット : Darren Eliker
タクシーの運転手 : Frank Conforti
アーロン : Sam Turich
葬儀哀悼者 : F・ロバート・マクマリー
歌うウェイター : ジェイソン・シェイヴァース
警察官 : Frank McAleavey
公園の母親 : キム・ホワイトヘッド
ウェイター : ダグ・ロバーツ
バーの男 : ジミー・ニコラス
アンドリュー : Jake Scheib
銀行員 : ブライアン・ミラー
スクールガール : Evelyn Wawrzyniak
歌うウェイター : Jesse Dillon Sorrells
ペアレント : Electa Rawls
弁護士 : テッド・L・スチュワート
マイケル : Matt Scheib
セクレタリー : Rebecca Piocquidio
ディエゴ : Santiago Veizaga
書店パトロン : ホリー・ウェスターマン
Tyler Mizak
Lindsey Elizabeth
NYPD役員 / 銀行の顧客 : ニコラス・バルザー (ノンクレジット)
ブルックリンの歩行者 : Todd Bobenrieth (ノンクレジット)
公園の歩行者 : Jennifer Boch-Wawrzyniak (ノンクレジット)
バーパトロン : トロイ・ボグダン (ノンクレジット)
ウェイター : Robert Braund (ノンクレジット)
銀行テラー / レストランパトロン : デボラ・チャリティー (ノンクレジット)
バーテンダー : ジェニファー・パール・チルダース (ノンクレジット)
Pulitzer Colleague : Lloyd Crago (ノンクレジット)
会話中の男 : Matt Croyle (ノンクレジット)
バーパトロン : ビル・ドゥーリー (ノンクレジット)
Pulitzer Colleague : エイミー・リン・エリオット (ノンクレジット)
博物館パトロン : Mark Falvo (ノンクレジット)
病院の患者 : パティ・フロム (ノンクレジット)
事務員 / 歩行者 : Sheralyn Graise (ノンクレジット)
書店パトロン : Corri Gross (ノンクレジット)
ドクター : Richard Guesman (ノンクレジット)
ブルックリンジョガー : コナー・ハノン (ノンクレジット)
バーパトロン : クリス・ジェイムソン (ノンクレジット)
Orderly : ウィリアム・カニア (ノンクレジット)
Officer Dorvance : スコット・ロックハート (ノンクレジット)
ソーシャルワーカー : Chris McCail (ノンクレジット)
NYPD Officer in Diner : デヴィッド・デイル・マッキュー (ノンクレジット)
バス停の妊婦 : ティファニー・ザンダー・マッケンジー (ノンクレジット)
歩行者 : Paul Nandzik (ノンクレジット)
病院ビジター : ジェフリー・ニール (ノンクレジット)
ニューヨークストリートの歩行者 : Frankie Palombi (ノンクレジット)
Men's Club, Birthday Party, Pulitzer audience : Bob Raspet (ノンクレジット)
里親 : ブレント・ライヘルト (ノンクレジット)
ニューヨークの歩行者 : ウィリアム・サンダース (ノンクレジット)
マイク (Pulitzer colleague) : マイク・ウォーカー (ノンクレジット)
レストランパトロン : Brian Welsh (ノンクレジット)
Men's Club, Party Attendee / Pulitzer : フランク・ウィルソン (ノンクレジット)








チャップリンからの贈りもの (2014)
チャップリンからの贈りもの (2014)1
チャップリンからの贈りもの (2014)2

『 チャップリンからの贈りもの 』 (原題:La rançon de la gloire / 英題:The Price of Fame) は、2014年に製作されたフランス映画。
 喜劇王チャップリンの遺体が盗まれた実際の事件を題材に、マヌケでドジな2人組が巻き起こす大騒動を、チャップリンの遺族の全面協力を得て描くヒューマン・コメディ。
 監督は、俳優として「ポネット (1996)」「夜風の匂い (1999)」「レディ・エージェント 第三帝国を滅ぼした女たち (2008)」「殺し屋 (2008)」「マリー・アントワネットに別れをつげて (2012)」などに出演、「マチューの受難 (2000)」「神々と男たち (2010)」の監督を務めるグザヴィエ・ボーヴォワ。
 脚本は、本作の監督を務めるグザヴィエ・ボーヴォワと、「ブラウン夫人のひめごと (2002)」「迷宮の女 (2003)」「クロス・ファイヤー (2008)」の製作や、「神々と男たち (2010)」「大統領の料理人 (2012)」の脚本を手掛けるエチエンヌ・コマール。
 撮影は「ゴダールのマリア (1984)」「ポネット (1996)」「マチューの受難 (2000)」「不完全なふたり (2005)」「TOKYO! (2008)」「神々と男たち (2010)」「ホーリー・モーターズ (2012)」「不正義の果て (2013)」のカロリーヌ・シャンプティエ。
 音楽は「シェルブールの雨傘 (1963)」「ロバと王女 (1970)」「栄光のル・マン (1971)」「愛と哀しみのボレロ (1981)」「ネバーセイ・ネバーアゲイン (1983)」「プレタポルテ (1994)」「ブッシュ・ド・ノエル (1999)」「100歳の少年と12通の手紙 (2009)」の巨匠ミシェル・ルグラン。
 主演は「ありふれた事件 (1992)」「24時間4万回の奇跡 (1999)」「ル・ブレ (2002)」「サンサーラ (2003)」「エイリアンVSヴァネッサ・パラディ (2004)」「ナルコ (2004)」「ココ・アヴァン・シャネル (2009)」「匿名レンアイ相談所 (2010)」「SHIBARI 壊れた二人 (2013)」のブノワ・ポールヴールドと、「アリスの出発(たびだち) (1995)」「あるいは裏切りという名の犬 (2004)」「ゴー・ファースト 潜入捜査官 (2008)」「この愛のために撃て (2010)」「漆黒の闇で、パリに踊れ (2012)」「シャドー・チェイサー (2012)」「インターセクション (2013)」のロシュディ・ゼム。
 共演は「プレタポルテ (1994)」「そして僕は恋をする (1996)」「デブラ・ウィンガーを探して (2002)」「ラクダと針の穴 (2003)」「マルチェロ・マストロヤンニ 甘い追憶 (2006)」「ゼロ時間の謎 (2007)」「クリスマス・ストーリー (2008)」「愛のあしあと (2011)」「皇帝と公爵 (2012)」のキアラ・マストロヤンニなど。
 チャップリンが晩年を過ごした邸宅や実際の墓地で撮影を行ない、チャップリンの息子ユージーンと孫娘ドロレスも特別出演している。


[ 公開日 ]

2014年8月28日 イタリア Venice Film Festival 上映
2014年9月25日 ブラジル Rio de Janeiro International Film Festival 上映
2014年10月5日 韓国 Busan International Film Festival 上映
2014年10月6日 フランス Festival International du Film de Saint-Jean-de-Luz 上映
2014年10月18日 スペイン Madrid premiere 上映
2014年12月16日 アラブ首長国連邦 Dubai International Film Festival 上映
2014年12月19日 フランス Les Arcs International Film Festival 上映
2015年1月7日 フランス公開
2015年1月23日 スウェーデン Göteborg International Film Festival 上映
2015年3月13日 アメリカ Miami International Film Festival 上映
2015年3月19日 リトアニア International Film Festival Vilnius 上映
2015年4月9日 ハンガリー公開
2015年4月23日 ギリシャ公開
2015年4月30日 イスラエル公開
2015年5月6日 スロベニア公開
2015年5月27日 アメリカ Seattle International Film Festival 上映
2015年6月4日 オーストラリア Sydney Film Festival 上映
2015年6月29日 日本 Festival du Film Français au Japon 上映
2015年7月3日 フィンランド公開
2015年7月18日 日本公開
2015年7月24日 ルーマニア公開



【 ストーリー 】

1977年12月25日。
世界の喜劇王チャーリー・チャップリン死去。
スイス・レマン湖畔。
お調子者のエディの親友オスマンは、娘がまだ小さく妻は入院中。
医療費が払えなくなるほど貧しい生活を送っていた。
そんな時テレビから“喜劇王チャップリン死去”という衝撃のニュースが。
エディは埋葬されたチャップリンの柩を盗み身代金で生活を立て直そうと、弱気のオスマンを巻き込んで決死の犯行へ。
ところが、詰めの甘い計画は次々にボロを出すばかりか、ツキのなさにも見舞われて崩壊寸前。
あきらめかけた時、追詰められたオスマンが最後の賭けに出た。
人生どん底の2人に救いの手は差し伸べられるのか・・・。

チャップリンからの贈りもの (2014)3


― チャップリン遺体誘拐事件 ―

本作はチャップリン遺体誘拐事件の実話に基づいているが、実際の事件のあらましはこうだ。
死去から2ヶ月たった3月2日の朝、チャップリン邸近くのヴヴェイ墓地管理人は墓荒らしに気付く。
数日後、遺体と引き換えに60万スイスフランを要求する電話があった。
妻ウーナは「夫は天国と私の心のなかにいます」と身代金取引を拒否したが、やけくその犯人たちは子供達に危害を加えると脅してきたので警察も本格的に捜査を始めた。
映画と違って、犯人からの27回の電話に応対したのは、娘で女優のジェラルディンだ。
女優らしく、悲嘆にくれている見事な演技力で会話を引き延ばして逆探知に成功し、事件は解決した。
 犯人は失業中のポーランド人自動車修理工と東欧からの亡命者。身代金で修理工場を建てるつもりだったらしい。
映画の通り、ドタバタの2人組で、棺桶を掘り出す日が大雨だったので、土がドロドロで同じ穴のもっと深い所に埋めるという当初の計画(この計画自体よく分からないが…)を断念し、鉛の内ばりをした重い棺桶を遠くまで運ぶはめになった。(ちなみに、ホンモノの棺桶は黒と銀のビロードに覆われていた。)
犯人たちは棺桶をジュネーブ湖の西の端ノヴィーユ村の麦畑に埋め直していた。
主犯の男がよく釣りに行っていた場所だったらしいが、とても静かな場所を選んでくれたことにウーナは感謝した。
畑の所有者はその場所にステッキを飾り付けた小さな十字架を立てた。



【 スタッフ 】

監督 : グザヴィエ・ボーヴォワ
脚本 : グザヴィエ・ボーヴォワ 、エチエンヌ・コマール
共同脚本 : マリー=ジュリー・マイユ
製作 : パスカル・コシュトゥー
共同製作 : エチエンヌ・コマール 、Pauline Gygax 、Max Karli
撮影 : カロリーヌ・シャンプティエ
美術/プロダクションデザイン : ヤン・メガール
アートディレクション : ヤン・メガール
編集 : マリー=ジュリー・マイユ
音楽 : ミシェル・ルグラン
衣装スーパーバイザー : フランソワーズ・ニコレ
キャスティング : ブリジット・モワドン
視覚効果プロデューサー : ソフィー・ドニーズ
リードコンポジッター : Damien Hurgon
デジタルコンポジッター : Étienne Bolo 、ニコラス・ゴーティエ
キーメイクアップアーティスト : Catherine Bruchon
キーヘアスタイリスト : Leticia Rochaix



【 キャスト 】

エディ・リカルト : ブノワ・ポールヴールド
オスマン・ブリチャ : ロシュディ・ゼム
サミラ : セリ・グマッシュ
ローザ : キアラ・マストロヤンニ
Noor : ナディーン・ラバキー
ジョン・クルーカー : ピーター・コヨーテ
L'inspecteur Maltaverne : グザヴィエ・マリー
Le jeune inspecteur : アーサー・ヴォーヴォワ
Le 3e inspecteur : Jean-Daniel Bigler
チャップリン夫人 : ドロレス・チャップリン
サーカス支配人 : ユージーン・チャップリン
オスマンの同僚 : アデル・バンシェリフ
病院秘書 : マリリン・カント
Le médecin : オリヴィエ・ラブルダン
L'infirmière : Isabelle Caillat
銀行家 : Vincent Aubert
検事 : フィリップ・ローデンバッハ
弁護士 : ルイ=ド・ドゥ・ランクザン
Le président du tribunal : ブリジット・モワドン
Le juge informateur : ローラン・サンドス
Le journaliste : Frank Semelet
Le présentateur TV : Bertrand Butty
Le gardien de prison : Alexandre Calamel
ウーナ・チャップリン (声) : マーシャ・メリル
L'homme qui demande la rançon (声) : ミシェル・ルグラン
Franziska, l'écuyère : Franziska Nock
ルッジェーロ、ルピエロ : ガストン・ハニ
Circassien : アレックス・デュラン
Circassien : アンジェロ・ミゲル
Circassienne : Anouschka Bouglione
Circassien : Carlos Mayorga Macias
Circassien : Darien Fraga Leyra
Circassien : Dennis Nyariaro
Circassien : ダンカン・カランジャ
Circassien : Giovanni Onani
Circassien : Hamparey Raudo
Circassienne : Lisandra Sanchez
Circassienne : リス・メアリー・デルガド·サンチェス
Circassien : Michaël Odoul
Circassien : Paolo Finardi
Circassien : Peter Wachira
Circassien : レイナルド・モンテイロ
ミスター・ロイヤル : グザヴィエ・ボーヴォワ (ノンクレジット)
Spectateur procès : ジャン・ドゥーシェ (ノンクレジット)
Passant : Jason Grangier (ノンクレジット)





― DVD📀 ―


― サウンドトラック ―

インド・オブ・ザ・デッド (2013)
インド・オブ・ザ・デッド (2013)1
インド・オブ・ザ・デッド (2013)2

『 インド・オブ・ザ・デッド 』 (原題:Go Goa Gone) は、2013年に製作されたインド映画。
  インドのリゾート地ゴアを舞台に、ビーチリゾートでのレイヴパーティーで、新型ドラッグにより生まれたゾンビの大群に立ち向かう若者たちの戦いをコミカルに描いたインド初の本格ゾンビコメディ。
 監督は、アメリカ在住のインド人監督コンビ、「99 (2009)」「Shor in the City (2011)」「Happy Ending (2014)」のラージ・ニディモール&クリシュナ・D・K。
 脚本は、本作の監督を務めるラージ・ニディモール&クリシュナ・D・Kと、「Sir (1993)」「Raja Hindustani (1996)」「Kalyug (2005)」「Traffic Signal (2007)」「99 (2009)」「Golmaal 3 (2010)」「Blood Money (2012)」「Golmaal 4 (2014)」などに出演する俳優のクナール・ケームー、「99 (2009)」「Shor in the City (2011)」の脚本務めたシタ・メーナン、「99 (2009)」の脚本や俳優として「Good Night Good Morning (2010)」に出演した Raja Sen 。
 撮影は「スペース・インパクト (2006)」「Sleeper (2009)」「ブラッドマネー 炎の復讐 (2012)」「Deception (2013)」のダン・マッカーサーと、「House of Bodies (2013)」の Lukasz Pruchnik 。
 音楽は、多くのインド映画に楽曲提供している新世代作曲家コンビのサチン・ジガル。
出演は「レッド・マウンテン (2003)」「たとえ明日が来なくても (2003)」「キル・マイ・ボーイフレンド (2004)」「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム (2007)」「エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ (2012)」のサイフ・アリー・カーン、本作の脚本も務めているクナール・ケームー、「ツタンカーメンの秘宝 (2006)」「Namastey London (2007)」「Love Aaj Kal (2009)」「Badmaa$h Company (2010)」「Delhi Belly (2011)」「Sooper Se Ooper (2013)」「Revolver Rani (2014)」「Shaadi Ke Side Effects (2014)」のヴィール・ダース、「F.A.L.T.U (2011)」「OMG Oh My God! (2012)」「Shortcut Romeo (2013)」のプージャー・グプター、「Mumbai Meri Jaan (2008)」「スラムドッグ$ミリオネア (2008)」「The President Is Coming (2009)」「フェア・ゲーム (2010)」「Aisha (2010)」「カイト (2010)」「Jo Dooba So Paar: It's Love in Bihar! (2011)」「Finding Fanny (2014)」のアーナンド・ティワーリーなど。


[ 公開日 ]

2013年5月10日 イギリス公開
2013年5月10日 インド公開
2013年5月10日 アメリカ limited 公開
2013年6月15日 フランス Lyon Festival Bollywood India 上映
2013年10月13日 日本 India Film Festival Japan 上映
2013年10月16日 アメリカ Chicago International Film Festival 上映
2014年8月27日 ドイツ Fantasy Filmfest 上映
2015年3月21日 日本公開



【 ストーリー 】

失職したハルディク(クナール・ケームー)、失恋したラヴ(ヴィール・ダース)、そして彼らに巻き込まれたバニー(アーナンド・ティワーリー)の3人は、ムンバイから “ヒッピーの聖地” として有名なビーチリゾート、ゴアを訪れ、離島を会場としたロシア人マフィア主催のレイヴパーティーに忍び込む。
そこでお披露目された新型ドラッグは、食べた者がゾンビ化するとんでもない代物だったが、お金のない3人はドラッグが買えず、ゾンビ化をまぬがれる。
周囲はゾンビだらけで、ゾンビに噛まれた者もゾンビになってしまう。
パーティーに誘ってくれた、ラヴの新たな意中の女性ルナ(プージャー・グプター)の安否を気にしながら、3人はホラー映画で得た知識と、TVゲームで鍛えた射撃能力でゾンビたちに立ち向かうが・・・。

インド・オブ・ザ・デッド (2013)3



【 スタッフ 】

監督 : クリシュナ・D・K 、ラージ・ニディモール
脚本 : クリシュナ・D・K 、ラージ・ニディモール 、クナール・ケームー 、シタ・メーナン 、Raja Sen
製作 : サイーフ・アリー・カーン 、スニル・ルッラー 、シタ・メーナン 、Prem Pillai 、Anuradha Sharma 、Dinesh Vijan
撮影 : ダン・マッカーサー 、Lukasz Pruchnik
美術/プロダクションデザイン : Clara Álvarez
アートディレクション : Rupin Suchak
編集 : Arindam Ghatak
音楽 : サチン・ジガル
衣装デザイン : Nital Ganatra
視覚効果(Visual Effects) : Shudhdodhan Milind Ambhore 、Shruti Anand 、Swapnil Andraskar 、Swapnil Bagul 、Vishal Bansal 、Praveen Bareria 、Mahesh Baria 、Dhirendra Chhatpar 、Santosh Choudhary 、Vishal Darkunde 、Vikram Donode 、Piyush Dugad 、Akash Fargade 、Parag Godse 、Swapnil Khandagle
メイク : トム・ルータラ 、Sonam Chandna 、Ayesha DeVitre 、Sean Genders



【 キャスト 】

ボリス : サイーフ・アリー・カーン
ハルディク : クナール・ケームー
ラヴ : ヴィール・ダース
ルナ : プージャー・グプター
バニー : アーナンド・ティワーリー
ピトバシュ
Hardik Malaviya
Soha Ali Khan
Suparn Verma






牢獄処刑人 (2013)
牢獄処刑人 (2013)1

『 牢獄処刑人 』 (原題:On the Job / 別題:OTJ: On the Job) は、2013年に製作されたフィリピン映画。
 権力者が服役中の囚人を使って暗殺を実行するという実在の事件を基に、警察の手引きで極秘に出獄し、依頼された殺しを鮮やかに敢行する2人の囚人と、事件を捜査する刑事との攻防を描くクライムアクション。
 監督は「Scorpio Nights 2 (1999)」「Mano po 2: My home (2003)」「スパイダー・ボーイ ゴキブリンの逆襲 (2005)」「Rigodon (2012)」「Tiktik: The Aswang Chronicles (2012)」「ABCs of Death 2 (2014)」「On the Job 2 (2015)」のフィリピンの俊英エリック・マッティ。
 脚本は、本作の監督を務めるエリック・マッティと、「Zombadings 1: Patayin sa shokot si Remington (2011)」「北(ノルテ)―歴史の終わり (2013)」「On the Job 2 (2015)」のミチコ・ヤマモト。
 撮影は「Tumbok (2011)」「Rigodon (2012)」「Tiktik: The Aswang Chronicles (2012)」のRicardo Buhay III 。
出演は「戦場のアンジェリータ/従軍慰安婦の叫び (1989)」「マクベイン (1991)」「ホセ・リサール (1998)」「母と娘 (2000)」「アボン 小さい家 (2003)」「ヘルアイランド (2009)」「囚われ人 パラワン島観光客21人誘拐事件 (2012)」「ボーン・レガシー (2012)」のジョエル・トーレ、「Shake Rattle & Roll X (2008)」「Till My Heartaches End (2010)」「Paano na kaya (2010)」「Catch Me... I'm in Love (2011)」「Won't Last a Day Without You (2011)」「24/7 in Love (2012)」のジェラルド・アンダーソン、「Milan (2004)」「Paano kita iibigin (2007)」「Manila (2009)」「Ang tanging ina mo: Last na 'to! (2010)」「Enteng ng Ina mo (2011)」「24/7 in Love (2012)」「Ekstra (2013)」「Starting Over Again (2014)」のピオロ・パスクアル、「Flavor of the Month (1990)」「Shake, Rattle & Roll 2 (1990)」「Aswang (1992)」「Catch Me... I'm in Love (2011)」「Tiktik: The Aswang Chronicles (2012)」「Girl Boy Bakla Tomboy (2013)」「Da Possessed (2014)」「So It's You (2014)」のジョーイ・マルケスなど。


[ 公開日 ]

2013年5月24日 フランス Cannes Film Festival premiere 上映
2013年7月20日 韓国 Puchon International Fantastic Film Festival 上映
2013年8月28日 フィリピン公開
2013年9月19日 アメリカ Austin Fantastic Fest 上映
2013年9月19日 アメリカ Fantastic Fest 上映
2013年9月27日 カナダ limited 公開
2013年9月27日 アメリカ limited 公開
2013年10月16日 スペイン Sitges Film Festival 上映
2013年11月9日 アメリカ San Diego Asian Film Festival 上映
2014年2月11日 アメリカ DVD発売
2014年3月30日 香港 Hong Kong International Film Festival 上映
2014年5月23日 イギリス Terracotta Far East Film Festival 上映
2014年6月12日 フィリピン French Film Festival 上映
2014年7月19日 日本公開



【 ストーリー 】

白昼の繁華街、大胆に仕事をした2人の殺し屋が鮮やかに逃亡を果たす。
彼らは中年のベテランヒットマン・タタン(ジョエル・トーレ)と新人のダニエル(ジェラルド・アンダーソン)で、刑務所に服役中の囚人でもある。
仕事の依頼があると警察の手引きで極秘に脱獄し、仕事をして再び刑務所に戻っていく。
出所が近いタタンは、若くてタフなダニエルに殺しの技術を伝えて引退し、家族との平穏な生活を送ることを夢見ている。
一方、世代も価値観もまったく異なる連邦警察のエリート捜査官コロネル(ピオロ・パスカル)と地元の刑事アコスタ(ジョーイ・マルケス)は、共同で事件を捜査していた。
2人はいがみ合いながらも、強い正義感をもって事件の核心に迫っていく。
そして、タタンとダニエルの新たな仕事が動き出したとき、警察との壮大な死闘が展開し、同時に巨悪の脅威が彼らに襲いかかる・・・。

牢獄処刑人 (2013)2



【 スタッフ 】

監督 : エリック・マッティ
脚本 : エリック・マッティ 、ミチコ・ヤマモト
製作 : エリック・マッティ 、マルー・N・サントス 、チャロ・サントス 、Ronald Y. Monteverde 、Leonardo Po 、Marizel V. Samson 、Millette Soto 、Kristina Syfu 、Steven Vesagas
撮影 : Ricardo Buhay III
美術/プロダクションデザイン : リチャード・サムス
編集 : ジェイ・ハリリ
音楽 : アーウィン・ロムロ



【 キャスト 】

タタン : ジョエル・トーレ
ダニエル : ジェラルド・アンダーソン
コロネル : ピオロ・パスクアル
アコスタ : ジョーイ・マルケス
マイケル・デ・メシャ
レオ・マルティネス
エンジェル・アキノ
ヴィヴィアン・ヴェレツ
ウィリアム・マルティネス
マイク・カスティーリョ
Shaina Magdayao
Rayver Cruz
Empress Schuck
Mark Andaya
Japh Bahian
Dawn Balagot
John Balagot
Irene Celebre
Mon Confiado
J.M. De Guzman
Michael Flores
Cristy Fulgar
Jayvee Gayoso
Joger Go
Marites Guillen
Stephen Ku
Joseph Marco
Baldo Marro
Niño Muhlach
Glenn Picazo
Lito Pimentel
Iking Rivera
Rosanna Roces
Ronald Santos
Joel Saracho
Al Tantay






マギー (2015)
マギー (2015)
マギー (2015)

『 マギー 』 (原題:Maggie) は、2015年に製作されたアメリカ映画。
人々をゾンビ化させるウイルスが蔓延する近未来を舞台に、ウイルスに侵され次第に人間性が失われていく娘に何もしてやれず、無力感にとらわれる父親の苦悩と父娘の愛を描く異色のゾンビホラー・ドラマ。
 監督は、TVドラマ「ウォーキング・デッド」のメインタイトルのグラフィック・ディレクターや、アカデミー賞授賞式の舞台のクリエイティブ・ディレクターを務めた経験を持ち、CMやショートフィルム製作も定評があり、プレイステーションや、NFL、SONY、ナイキ、BBCなども手掛け、本作が長編映画初監督作となるヘンリー・ホブソン。
 脚本は、オリジナル処女脚本として書き上げた本作が、優秀な製作前の脚本に贈られる「ザ・ブラックリスト」に2011年に選出されて注目を集め映画化、NASA(アメリカ航空宇宙局)観測所のエンジニアとしての顔を併せ持ち、現在も脚本制作の傍ら、地球をまわり星雲や準星、ブラックホールなどから光子を集めるNASAのチャンドラX線観測衛星のミッションを行っているジョン・スコット3世。
 撮影は「ゴーストハウス (2003)」「THE JUON/呪怨 (2004)」「テキサス・チェーンソー ビギニング (2006)」「実験室KR-13 (2008)」「ファンボーイズ (2008)」「ミドルメン/アダルト業界でネットを変えた男たち (2009)」「世界侵略:ロサンゼルス決戦 (2011)」「リンカーン弁護士 (2011)」「エビデンス -全滅- (2013)」のルーカス・エトリン。
 音楽は「スノー・エンジェル (2007)」「Mr.ゴールデン・ボール/史上最低の盗作ウォーズ (2009)」「テイク・シェルター (2011)」「ピンチ・シッター (2011)」「MUD マッド (2012)」「グランド・ジョー (2013)」「セルフィッシュ・サマー (2013)」のデヴィッド・ウィンゴ。
 主演は「80デイズ (2004)」「アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生 (2007)」「エクスペンダブルズ (2010)」「エクスペンダブルズ2 (2012)」「ラストスタンド (2013)」「大脱出 (2013)」「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション (2014)」「サボタージュ (2014)」「ターミネーター:新起動/ジェニシス (2015)」のアーノルド・シュワルツェネッガー。
 共演は「リトル・ミス・サンシャイン (2006)」「幸せのレシピ (2007)」「幸せの1ページ (2008)」「私の中のあなた (2009)」「ゾンビランド (2009)」「ニューイヤーズ・イブ (2011)」「ザ・コール [緊急通報指令室] (2013)」「エンダーのゲーム (2013)」「ハウンター (2013)」「8月の家族たち (2013)」のアビゲイル・ブレスリン、「パトリオット (2000)」「マリー・アントワネットの首飾り (2001)」「ミムジー ~未来からのメッセージ~ (2007)」「ドラゴン・タトゥーの女 (2011)」「もうひとりのシェイクスピア (2011)」「レッド・ライト (2012)」「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト (2013)」「ヴァンパイア・アカデミー (2014)」のジョエリー・リチャードソンなど。


[ 公開日 ]

2015年4月22日 アメリカ Tribeca Film Festival 上映
2015年5月6日 フィリピン公開
2015年5月7日 アイスランド DVD premiere 発売
2015年5月8日 カナダ公開
2015年5月8日 アメリカ internet 公開
2015年5月8日 アメリカ limited 公開
2015年5月14日 シンガポール公開
2015年5月22日 インド公開
2015年5月22日 スウェーデン公開
2015年5月27日 アルジェリア公開
2015年5月27日 エジプト公開
2015年5月27日 フランス公開
2015年5月27日 ルクセンブルク公開
2015年5月27日 モロッコ公開
2015年5月27日 モナコ公開
2015年5月27日 チュニジア公開
2015年5月28日 アラブ首長国連邦公開
2015年5月28日 クウェート公開
2015年5月28日 レバノン公開
2015年5月29日 フィンランド公開
2015年6月4日 マレーシア公開
2015年6月18日 ポルトガル公開
2015年6月19日 アンゴラ公開
2015年6月19日 ベトナム公開
2015年6月20日 イギリス Edinburgh International Film Festival 上映
2015年6月25日 イタリア公開
2015年6月25日 タイ公開
2015年6月26日 ノルウェー公開
2015年7月3日 スイス Neuchâtel International Fantastic Film Festival 上映
2015年7月3日 南アフリカ公開
2015年7月9日 ブラジル公開
2015年7月15日 ニュージーランド DVD premiere 発売
2015年7月16日 オーストラリア DVD premiere 発売
2015年7月24日 イギリス公開
2015年7月24日 アイルランド公開
2015年8月27日 オランダ Blu-ray and DVD premiere
2015年8月28日 ドイツ DVD premiere 発売
2015年9月30日 スイス Zurich Film Festival 上映
2015年10月15日 イスラエル公開
2016年1月8日 スペイン公開
2016年2月6日 日本公開



【 ストーリー 】

感染するとゾンビ化していく、壊死性ウイルスが爆発的に流行している近未来。
アメリカの田舎の小さな町に住む16歳のマギー(アビゲイル・ブレスリン)も、このウイルスに感染する。
その頃、当局は感染者たちを社会から隔離 された特別病棟に収容していた。
そこで、苦痛と危険に満ちた過程を経てゾンビへと姿を変えるが、その後、どうなるかについて、語られることはなかった。
彼女の父ウェイド(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、特別病棟に収容された娘のマギーを捜し出し、家族のもとへと連れ帰る。
家にはマギーにとって義理の母にあたるキャロライン(ジョエリー・リチャードソン)と、彼女とウェイドの間に生まれた下の子2人がいた。
ウェイドは、実母を数年前に失くした大事なマギーを可能な限り、手元に置こうと、隔離命令を持って現れた地元警察を追い返す。
しかし、マギーの苦痛に満ちた変化は徐々に進行していき、キャロラインは2人の子供を連れて家を出ていく。
ウェイドは1人、苦しむマギーを為す術もなく見守るだけだったが、決断の時は、迫っていた・・・。

マギー (2015)



【 スタッフ 】

監督 : ヘンリー・ホブソン
脚本 : ジョン・スコット3世
製作 : コリン・ベイツ 、マシュー・ベア 、ビル・ジョンソン 、アラ・ケシシアン 、トレヴァー・カウフマン 、アーノルド・シュワルツェネッガー 、ピエール=アンジェ・ル・ポガム 、Joey Tufaro
共同製作 : ケイティ・オマリー
製作総指揮 : エド・カゼル三世 、ジム・セイベル 、フローリアン・ダーゲル 、ジョン・スコット3世 、ロナルド・R・E・ヘバート 、バリー・ブルッカー 、スタン・ワートリーブ 、Claudia Bluemhuber 、Todd Trosclair
共同製作総指揮 : ライアン・ブラック
アソシエイトプロデューサー : チャールズ・V・ベンダー 、チャーリー・フランス 、Jason Waggenspack
ラインプロデューサー : ゲイリー・ハッカベイ 、Steph Scire
撮影 : ルーカス・エトリン
美術/プロダクションデザイン : ガボール・ノーマン
アートディレクション : フランク・ジトー 、ガボール・ノーマン・ナジー
編集 : ジェーン・リッツォ
音楽 : デヴィッド・ウィンゴ
音楽監督 : ローラ・カッツ
衣装デザイン : クレア・ブロー
キャスティング : ライアン・グロリオソ
セットデコレーション : ライアン・マーティン・ドワイヤー
視覚効果スーパーバイザー : エド・チャップマン 、Troy Barsness 、ヴィクター・ダンカン 、Eugene Guaran 、Miklos Kozary 、パトリック・マーフィー 、Aymeric Perceval
視覚効果コーディネーター : Alice Cumbaa 、マレー・ゲイル 、メラニー・マレー 、アダム・ネーグル
視覚効果エグゼクティブプロデューサー : Megan Meloth 、Jennifer Sofio 、Courtney Vanderslice
視覚効果プロデューサー : Scott Boyajan 、ダイアン・キングストン
視覚効果ラインプロデューサー : Hélène Bécourt 、Patrick Guevin
特殊効果コーディネーター : ガイ・クレイトン
特殊効果職長 : Jason White
特殊効果技術者 : エドワード・ジュベール
特殊効果 : マシュー・ブラウン 、キップ・テイラー
メイクアップ部門ヘッド : カリー・ファリス
コンセプトデザイン : マイケル・ブルーム
特殊効果メイクアップ : Bailey Domke 、マルコス・ゴンザレス 、エルヴィス・ジョーンズ 、マシュー・オトゥール
特殊効果コンタクトレンズ : ケヴィン・カーター
アイレンズ技術者 : Kristin Lamonica
キーメイクアップアーティスト : Melanie Deforrest
メイクアップアーティスト : LeDiedra Richard-Baldwin 、エイミー・ワインバーグ
メイクアップアシスタント : April Melerine 、ローレン・トーマス
ヘア部門ヘッド : Donita Miller
キーヘアスタイリスト : Margeaux Fox 、ドナ・スパーン
ヘアスタイリスト : エドウィン・バード・Jr
アシスタントヘアスタイリスト : アリソン・シェパード
スタントコーディネーター : ビリー・D・ルーカス
謝辞 : Jarred Bradley 、フランク・デロン 、Ivy Dorey 、Taurean Dossett 、Manija Emran 、Robert Gaudette 、アラン・グリーン 、Katie Gunnell 、ビリー・ホーキンス 、ジェイミー・ホブソン 、ケイト・ホブソン 、Michael Kives 、Tara S. Kole 、ベンジャミン・クレイマー 、ミッチ・ランドリュー 、アダム・S・マーシャル 、キャロル・モートン 、パメラ・ピカリング 、Reg Poerscout-Edgerton 、ダン・ラビノー 、Joan Scheckel 、ローグ・サザーランド 、ジョナサン・M・ターコ



【 キャスト 】

ウェイド・ヴォーゲル : アーノルド・シュワルツェネッガー
マギー・ヴォーゲル : アビゲイル・ブレスリン
キャロライン・ヴォーゲル : ジョエリー・リチャードソン
レイ : ダグラス・M・グリフィン
ホルト : J・D・エバーモア
ボニー : レイチェル・ホイットマン・グローヴス
Dr. カプラン : ジョディ・ムーア
トレント : ブライス・ロメロ
アリー : レーデン・グリア
ボビー : エイデン・フラワーズ
モリー : カーセン・フラワーズ
警備員 : ウォルター・フォン・ヒューネ
スクラブウーマン : Dana Michelle Gourrier
ローレッタ : エイミー・ブラセット
ドクター : デヴィッド・A・コール
メーソン : マッティ・リプタク
ナース : リアン・パティソン
ナディーン : マリス・ブラック
ホリー : ジェシー・ヒューズ
バーバラ : デニス・ウィリアムソン
キャンディス : テイラー・マーフィー
病院の兵士 : コリン・ウォーカー
おびえた女性 : アシュレイ・ニコル・ハドソン
ケン : P・J・マーシャル
兵士 #1 : ブレット・ベイカー
ドクター : John L. Armijo (ノンクレジット)
店員 : ティム・ベル (ノンクレジット)
リンダ : ローラ・カユーテ (ノンクレジット)
SWATオフィサー : Duane Cothren (ノンクレジット)
ジュリア : Haylie Creppel (ノンクレジット)
感染した兵士 : Ryan Hebert (ノンクレジット)
州兵 : ケン・マッセイ (ノンクレジット)
George Garmen : ウェイン・ペール (ノンクレジット)
ローレッタの娘 : マディソン・ソニア (ノンクレジット)
サラ : Christine Tonry (ノンクレジット)








クライム・スピード (2014)
クライム・スピード (2014)
クライム・スピード (2014)

『 クライム・スピード 』 (原題:American Heist) は、2014年に製作されたアメリカ(製作国:カナダ・ルクセンブルグ)映画。
10年の刑期を終え今度こそ更生すると誓うならず者の兄と、過去に起こした1度の過ちを悔い、今は更生して新たな人生を模索する中で、兄と刑務所仲間が仕掛けた銀行強盗に巻き込まれていく弟、兄弟が起こした銀行強盗事件の行方を描くクライム・サスペンス。
 実話の銀行強盗事件をもとに、1959年にスティーブ・マックィーン主演で製作された「セントルイス銀行強盗」を現代に置き換えリメイクした作品。
 監督は、本作でハリウッド監督デビューを飾った「LOpuKHI (2009)」「Sluzhebnyy roman - Nashe vremya (2011)」の監督・脚本を務める若干31歳の若手監督サリク・アンドレアシアン。
 脚本は「秘密指令クラッシュ (1995)」「ファイナルカット (1995)」TVM「スティグマ/裂け目 (1999)」OV「スパイラルコード (2002)」OV「ヘル・ファイヤー (2004)」TVM「ビレッヂ 生贄の森 (2008)」「ドルフ・ラングレン ザ・リベンジャー (2010)」TVM「ジャバウォック 天空の龍神と雷斬りの剣 (2011)」「ザ・シューター 大統領暗殺 (2013)」の脚本や、「消されたヘロイン/裏切りの銃弾 (2008)」「ドライブ・ファースター (2010)」の監督・脚本を務めるラウル・イングリス。
 撮影は「L.A.救命士 (1998)」「イン・ザ・ベッドルーム (2001)」「アンスピーカブル (2003)」「スリーウェイ 誘う女たち (2004)」「リトル・チルドレン (2006)」「クーリエ 過去を運ぶ男 (2011)」「ザ・ワーズ 盗まれた人生 (2012)」「リーガル・マインド ~裏切りの法廷~ (2013)」のアントニオ・カルヴァッシュ。
 主演は「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃 (2002)」「ニュースの天才 (2003)」「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 (2005)」「ファクトリー・ガール (2006)」「アウェイク (2007)」「ジャンパー (2008)」「リセット (2010)」「テイカーズ (2010)」「ザ・レジェンド (2014)」のヘイデン・クリステンセンと、「戦場のピアニスト (2002)」「キング・コング (2005)」「ダージリン急行 (2007)」「プレデターズ (2010)」「ミッドナイト・イン・パリ (2011)」「マリリン・モンロー 瞳の中の秘密 (2012)」「グランド・ブダペスト・ホテル (2013)」「サード・パーソン (2013)」「ドラゴン・ブレイド (2014)」のエイドリアン・ブロディ。
 共演は「パラサイト (1998)」「姉のいた夏、いない夏 (2001)」「ワイルド・スピード (2001)」「テキサス・チェーンソー ビギニング (2006)」「ワイルド・スピード MAX (2009)」「ワイルド・スピード MEGA MAX (2011)」「ワイルド・スピード EURO MISSION (2013)」「ワイルド・スピード SKY MISSION (2015)」のジョーダナ・ブリュースター、「タイガーランド (2000)」「フランケンフィッシュ (2004)」「ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン (2005)」「NEXT -ネクスト- (2007)」「セントアンナの奇跡 (2008)」「ソウルガールズ (2012)」TVドラマ「アンデッド (2014)」TVM「BESSIE/ブルースの女王 (2015)」のトリー・キトルズ、R&Bミュージックのカリスマ・アーティストで本作の音楽も担当しているエイコン(アリウネ“エイコン”チアム)、元アメリカ海兵隊員出身で「G.I.ジョー バック2リベンジ (2013)」「The Big Short (2015)」「ファンタスティック・フォー (2015)」「ターミネーター:新起動/ジェニシス (2015)」のアーロン・ウィリアムソンなど。


[ 公開日 ]

2014年9月11日 カナダ Toronto International Film Festival 上映
2014年10月22日 アメリカ New Orleans Film Festival 上映
2015年1月16日 リトアニア公開
2015年1月22日 ロシア公開
2015年2月20日 オランダ Blu-ray and DVD premiere 発売
2015年3月5日 クウェート公開
2015年5月28日 韓国公開
2015年6月19日 アメリカ Ultra VOD 公開
2015年6月25日 シンガポール公開
2015年7月13日 スウェーデン DVD発売
2015年7月15日 フランス DVD発売
2015年7月22日 フィリピン公開
2015年7月24日 アメリカ公開
2015年8月6日 イスラエル公開
2015年9月8日 ドイツ Blu-ray & DVD premiere 発売
2015年11月7日 日本公開



【 ストーリー 】

爆弾製造の犯罪を犯し、半年を服役したのちに、自動車販売店の整備工として新しい人生を歩もうとしているジェームズ(ヘイデン・クリステンセン)は、独立して自分の店を持とうとしていたが、過去の犯罪歴のためか銀行から融資が下りず、落胆していた。
そんな時に、元恋人のエミリー(ジョーダナ・ブリュースター)が車の修理のために店にやってきた。
久々の再会はぎこちないものだったが、彼女の家に修理に行き、久々の会話が二人を昔のような気持ちを甦らせ、ヨリを戻す。
ある日、彼の目の前に、犯罪で10年の服役を終えた兄のフランキー(エイドリアン・ブロディ)が現れた。
これまで犯罪者として歩んできた兄と関わりたくなかったジェームズだったが、仲間と不動産の仕事をするからという言葉を信じ、ジェームズのパートナーとなるレイ(トリー・キトルズ)とシュガー(アリウネ“エイコン”チアム)に会う。
ジェームズの車である場所に行き、3人を待っていると銃声が鳴り響き、あわてて戻ってきた3人を乗せて車を発進させると、そこにパトカーがやってくる。
なんとか振り切って逃げたものの自分の車を目撃されたために、車を処分するしかなかった。
まんまと騙されたジェームズは、フランキーが仲間たちと銀行強盗を計画していることを知り、逃れようとするが、彼のドライブテクニックが欲しい一味は、エミリーに危害が及ぶことを示唆し、ドライバーとしてターゲットの銀行へ向かう。
綿密に計画された強盗は成功したかにみえた。
だが、早く警察が到着したことで彼らは絶体絶命のピンチを迎えてしまう。
兄弟二人が脱出するために考えた最後の切り札とは・・・?

クライム・スピード (2014)



【 スタッフ 】

監督 : サリク・アンドレアシアン
脚本 : ラウル・イングリス
製作 : トーヴ・クリステンセン 、サリク・アンドレアシアン 、Gevond Andreasyan 、ゲオルギー・マルコフ 、ウラジミール・ポリアコフ
製作総指揮 : George Castrounis 、アルカディー・ゴルボヴィッチ 、ジャック・ナッサー 、ジョセフ・ナッサー 、ジョジョ・ライダー 、マイケル・ウェクスラー
ラインプロデューサー : ホイットニー・ブラウン
撮影 : アントニオ・カルヴァッシュ
美術/プロダクションデザイン : ジェームズ・A・ジェラルデン
アートディレクション : スペンサー・デイヴィソン
編集 : キラン・パレガッダ
音楽 : エイコン (アリウネ・“エイコン”・チアム)
衣装デザイン : リズ・ストーブ
キャスティング : Dominika Posserén 、ジャネル・スカデリ
セットデコレーション : ブラッドフォード・ジョンソン
視覚効果スーパーバイザー : ジャスティン・ボール
視覚効果 : メイ・サツキ・アサイ
VFXスーパーバイザー : Ruslan Timerbaev
CGスーパーバイザー : アレクセイ・アンドレエフ
デジタルコンポジッター : Vladimir Kozhekin
特殊効果技術 : Marshall T. Broyles 、Matthew Brady Harris
メイクアップ部門ヘッド : ペイジ・リーヴス
キーメイクアップアーティスト : エリカ・デューイ
メイクアップアーティスト : ルーシー・オライリー 、LeDiedra Richard-Baldwin
ヘア部門ヘッド : Donita Miller
パーソナルヘアスタイリスト (ヘイデン・クリステンセン&エイドリアン・ブロディ) : Karola Dirnberger
タトゥー専門グラフィックデザイナー : リー・グレン
スタントコーディネーター : Gregg Brazzel



【 キャスト 】

ジェームズ・ケリー : ヘイデン・クリステンセン
フランキー・ケリー : エイドリアン・ブロディ
エミリー : ジョーダナ・ブリュースター
シュガー : エイコン (アリウネ・“エイコン”・チアム)
レイ : トリー・キトルズ
Spoonie : ルイス・ダ・シルヴァ・Jr
オートショップボス : ランス・E・ニコルズ
銀行の支店長 : John McConell
警察キャプテン : ジョー・クレスト
ハウス : アーロン・V・ウィリアムソン
目撃者 : レイチェル・ビルソン
ローンオフィサー : ローラ・カユーテ
人質の女 : キャロル・サットン
ケイティ : エレナ・サンチェス
ストリッパー : ベリンダ・デルガド
Paramedic : ジャド・ローマンド
フェロー収容者 : ステファン・ソレア
キッド#1 : カーデン・ワシントン・ルイス
キッド#2 : タイラー・ハンフリー
Co-Worker : Christopher Ramage
警官 : Rod Maiorano
フラワーガール : Kyla O'Deay
ツーリスト : アンドレア・ヴィットリア・アルバラド (ノンクレジット)
プリズンガード : John L. Armijo (ノンクレジット)
銀行セキュリティ担当 : ジョン・アーサー (ノンクレジット)
警官 : Renaldo Brady (ノンクレジット)
Mardi Gras Goer : Kenneth Kynt Bryan (ノンクレジット)
メトロポリタン警察署長 : トム・カイン (ノンクレジット)
シュートアウトコップ#1 : フェルダー・チャーボネット (ノンクレジット)
人質 : エドワード・J・クレア (ノンクレジット)
SWAT : Duane Cothren (ノンクレジット)
警察ディスパッチャ : ジャジー・エリス (ノンクレジット)
Mardi Gras Indian : Divine Prince Ty Emmecca (ノンクレジット)
メカニックショップ顧客 : ジョセフ・フィッシャー (ノンクレジット)
カメラマン : Lyle R. Guidroz (ノンクレジット)
ウェイトレス : クリスタル・ハムリン (ノンクレジット)
銀行テラー : ロニー・フック (ノンクレジット)
バス乗客 : ジョン・C・クライン (ノンクレジット)
銀行窓口係 : シンシア・ルブランク (ノンクレジット)
銀行の警備員 : エルトン・ルブランク (ノンクレジット)
警察官 : ジェラール・“ジェリー”・ルイス (ノンクレジット)
若い警官 : アーロン・マシューズ (ノンクレジット)
ディスパッチャ : マイク・R・モロー (ノンクレジット)
銀行テラー : エイミー・オブライアント (ノンクレジット)
Mardi Gras Reveler : エヴェレスト・ロビンソン (ノンクレジット)
花嫁介添人 : キャンディス・トレイシー・ロス (ノンクレジット)
プリズンガード : Robert Segari (ノンクレジット)
警官#1 : ケリー・シムズ (ノンクレジット)
銀行人質 : カール・シングルトン (ノンクレジット)
役員スタントン : ジェームス・ディーン・スミス (ノンクレジット)
歩行者 : ローガン・ダグラス・スミス (ノンクレジット)
Hoodie : マイケル・デヴィッド・スミス (ノンクレジット)
シュートアウトコップ#2 : アンドリュー・J・スピンクス (ノンクレジット)
花嫁 : マロリー・トンプソン (ノンクレジット)
プリズンガード : Mark Tubre (ノンクレジット)
移動トラックのドライバー : Joseph Uzzell (ノンクレジット)
結婚式のゲスト : ジャスティン・ヴァイス (ノンクレジット)
銀行人質 : ジェシー・ヤーボロー (ノンクレジット)







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[送料無料] クライム・スピード [DVD]
価格:3879円(税込、送料無料) (2019/10/1時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クライム・スピード【動画配信】
価格:432円(税込、送料無料) (2019/10/1時点)


イントゥ・ザ・ストーム (2014)
イントゥ・ザ・ストーム (2014)1

『 イントゥ・ザ・ストーム 』 (原題:Into the Storm) は、2014年に製作されたアメリカ映画。
観測のため荒れ狂う竜巻に立ち向かう“ストームチェイサー”と呼ばれるプロフェッショナルを中心に、直径3200メートル、秒速135メートルに及ぶ超巨大竜巻に直面した人々の姿を描くディザスターパニックムービー。
POV(主観映像)方式も取り入れた臨場感あふれる映像で、荒れ狂う竜巻に襲われたアメリカ中西部シルバートンの人々の壮絶な一日を描き出していく。
 監督は「愛の蜃気楼/歪んだオアシス (1995)」の撮影や、「タイタニック (1997)」「アバター (2009)」の第2班監督、TVM「ファイヤークラッシュ・灼熱のカタストロフ (2002)」「エイリアンズ・オブ・ザ・ディープ (2005)」「ファイナル・デッドブリッジ (2011)」の監督を務めるスティーヴン・クエイル(スティーヴン・クォーレ)。
 脚本は「エビデンス -全滅- (2013)」「Step Up: All In (2014)」のジョン・スウェットナム。
撮影は「ザ・フィアー2 (1998)」「ルール2 (2000)」「いけにえ (2005)」「バタフライ・エフェクト2 (2006)」「サイレント・ノイズ リベレーション (2007)」「ブラッディ・バレンタイン 3D (2009)」「ドライブ・アングリー3D (2010)」「ファイナル・デッドブリッジ (2011)」のブライアン・ピアソン。
 音楽は「タイムライン (2003)」「コンスタンティン (2005)」「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT (2006)」「ランボー 最後の戦場 (2008)」「エクスペンダブルズ (2010)」「ファイナル・デッドブリッジ (2011)」「ブレーキ (2012)」「グランド・イリュージョン (2013)」のブライアン・タイラー。
 主演は、TVM「レジェンド・オブ・エジプト (1999)」TVM「シェイクスピア21-マクベス (2005)」TVドラマ「ロビン・フッド (2006~2009)」TVM「アガサ・クリスティー ミス・マープル3 無実はさいなむ (2007)」TVドラマ「ストライクバック:極秘ミッション (2011)」「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー (2011)」「ホビット 思いがけない冒険 (2012)」のリチャード・アーミティッジ。
 共演は、TVドラマ「ターザン (2003)」TVドラマ「プリズン・ブレイク (2005~2009)」「聖なる予言 (2006)」OV「プリズン・ブレイク ファイナル・ブレイク (2009)」TVドラマ「ウォーキング・デッド (2010~2013)」「Black Gold (2011)」「フェイシズ (2011)」のサラ・ウェイン・キャリーズ、「ロード・トリップ (2000)」「バッドサンタ (2003)」「僕らのミライへ逆回転 (2008)」「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い (2009)」「デュー・デート ~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断~ (2010)」「僕の大切な人と、そのクソガキ (2010)」「テッド (2012)」「ムービー43 (2013)」のマット・ウォルシュなど。


[ 公開日 ]

2014年7月28日 カナダ Fantasia International Film Festival 上映
2014年8月7日 ロシア公開
2014年8月8日 カナダ公開
2014年8月8日 アメリカ公開
2014年8月13日 フランス公開
2014年8月14日 香港公開
2014年8月20日 イギリス公開
2014年8月21日 ドイツ公開
2014年8月22日 日本公開
2014年8月27日 イタリア公開
2014年8月28日 韓国公開
2014年8月29日 スペイン公開
2014年9月4日 オーストラリア公開



【 ストーリー 】

アメリカ中西部シルバートンの町に地球史上最大規模の超巨大竜巻が襲来。
最悪の事態はまだこれからだと専門家たちが予測する中、気まぐれで恐ろしい巨大竜巻を前に町の人々は為すすべもない。
ほとんどの住民はシェルターに避難するが、竜巻を追って観測する研究者“ストームチェイサー”たちは、生涯に一度の観測のためにあえて竜巻の渦に向かっていく。
そんな中、二人の息子が通う高校の教頭(リチャード・アーミティッジ)は、生徒や家族を守ろうと懸命の努力を続けていた・・・。

イントゥ・ザ・ストーム (2014)2



【 スタッフ 】

監督 : スティーヴン・クエイル (スティーヴン・クォーレ)
脚本 : ジョン・スウェットナム
製作 : トッド・ガーナー
共同製作 : ジョン・スウェットナム
製作総指揮 : リチャード・ブレナー 、ウォルター・ハマダ 、デイヴ・ノイスタッター 、マーク・マクネア 、ジェレミー・スタイン 、ブルース・バーマン
アソシエイト・プロデューサー : ショーン・ロビンズ 、ジェレミー・スタイン
撮影 : ブライアン・ピアソン
ワイヤーワーク撮影考案・監修 : ボブ・ブラウン 、スコット・ワークマン
美術/プロダクションデザイン : デヴィッド・R・サンドファー
アートディレクション : キルステン・オグルズビー 、マルコ・ルベオ
編集 : エリック・シアーズ
音楽 : ブライアン・タイラー
衣装デザイン : キンバリー・アダムス
セット制作 : ブラナ・ローゼンフェルド
視覚効果(Visual Effects) : ブライアン・アドラー 、シシュ・アイカト 、エリック・アクタガワ 、ダン・アルターマン 、Oliver Adranghi 、Mario Afu 、Suzaine Aguirre 、Kavan Ahalpara 、Praveen Allu 、Jongjun An 、Hazra Anup 、Mohammed Anuz 、Syed Arafath Apsar 、Ivan Asen 、Hunter Athey
特殊効果(Special Effects) : スティーヴ・オースティン 、ウィリアム・ボッグス 、ケヴィン・C・ブレイディ 、ドニー・ディーン 、スカイラー・ゴレル 、ジョー・パンケイク 、Robert Benavidez 、Andrew Blair 、Ron Buck 、Patrick Carson 、Rich E. Cordobes 、Robert P. Floyd 、John C. Johnson 、John Kinsora 、Samuel Clemens Long
メイク : ロッキー・フォークナー 、Jessica Lou Allen 、Stephanie Arble 、Shannon Bakeman 、Emilie Cockels 、Kevin J Edwards 、Angela Gurule 、Angela Gurule 、Robbin Hawthorne 、Jack McQuisten 、Brigette A. Myre 、Daniel Phillips 、Mary Spencer
謝辞 : Martin Lisius
日本語字幕・吹替翻訳 : アンゼたかし
日本語吹替版演出 : 打越領一
提供 : ニュー・ライン・シネマ
提携 : ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ
制作 : ブロークン・ロード
配給 : ワーナー・ブラザース・エンターテイメント・カンパニー 、ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ



【 キャスト 】

ゲイリー・モリス : リチャード・アーミティッジ (吹替:てらそままさき)
アリソン・ストーン : サラ・ウェイン・キャリーズ (吹替:山像かおり)
ピート : マット・ウォルシュ (吹替:咲野俊介)
ケイトリン : アリシア・デブナム=ケアリー (吹替:早見沙織)
ダリル : アーレン・エスカーペタ (吹替:菅原雅芳)
ドニー : マックス・ディーコン (吹替:内山昂輝)
トレイ : ネイサン・クレス (吹替:河西健吾)
ジェイコブ : ジェレミー・サンプター (吹替:三宅貴大)
ルーカス : リー・ウィテカー (吹替:倉富亮)
ドンク : カイル・デイヴィス (吹替:松下宣夫 (デニス))
リービス : ジョン・リープ (吹替:植野行雄 (デニス))
スコット・ローレンス
リンダ・ゲーリンガー
メアリーアン・ネイジェル
フランク・ジーガー
マイケル・エリソン
ゲイリー・イングランド
ドン・レモン
ジョン・W・ハーディ
タラス・ロス
キム・アダムス
クリス・ブリュースター
スティーヴン・ハウプトマン
メアリー・マック
キャリー・ショーン
David Drumm
Brandon Ruiter
Jimmy Groce
Keala Wayne Winterhalt
Kron Moore
London Elise Moore
Vincent McCurdy-Clark
Stephanie Koenig
Chuck Gaidica
Steve Garagiola
Mikayla Bouchard
Gino Borri
Amanda Ryskamp
Mike Ancrile
Apollo Bacala
Christine Bell
Chris Bellant
Wayne Brinston
Steven Campbell
Ron Causey
Brendan Cipriano
Niki Cipriano
Patricia Lynne Cissell
Deborah Claybaugh
John Dickerson
Dennis Doyle Jr.
Fernelle Edmund
Helena Ellison
James Feaheny
Stephen C. Forsell
Pam German
Jacob Godzak
Allison Good
Nate Hatton
Pennie-Marie Hawkins
Jeff Hill
Alyssa Iselli
Tim Jenkins
Ellen Kimmel
Joe Kras
Jodi Kraska
Tracey Kroll
Sandra Kwiatkowski
Abe Larkin
Jennifer Nichole Lee
Michael Matthews
Roland Matthews
Mariah McCalley
Phillip E. McDermott
Ralph H. Meyer
Joseph Jerry Morton
Charles Andrew Mummert
Rose Anne Nepa
Courtney Ney
Alexandra Nye
Terri Partyka
Diezel Ramos
Ralph A. Recchia
Nicholas Ritz
Julie Ariane Russell
Zakk Saam
Aubrey Lynea Shore
Nikki Smith
Eric Tuchelske
Karla Vogel-Cipriano
Thaddeus Walster
James Wasiloff
Robert Wax
Gail Welch
Kaitlan Welton
Jacquelyn Whitesel
Rick Wooley








博士と彼女のセオリー (2014)
博士と彼女のセオリー (2014)1

『 博士と彼女のセオリー 』 (原題:The Theory of Everything) は、2014年に製作されたイギリス映画。
将来を嘱望されながらも若くして難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症した車椅子の天才科学者スティーブン・ホーキング博士が、妻ジェーンの献身的な支えを得て一緒に数々の困難に立ち向かっていく様を描くヒューマン・ラブストーリー。
原作は、スティーブン・ホーキング博士の妻であるジェーン・ホーキングの回顧録「Travelling to Infinity: My Life with Stephen」。
監督は「キング 罪の王 (2005)」「マン・オン・ワイヤー (2008)」「レッド・ライディング II :1980 (2009)」「プロジェクト・ニム (2011)」「シャドー・ダンサー (2011)」のジェームズ・マーシュ。
脚本は、アニメ「Death of a Superhero (2011)」のアンソニー・マクカーテン。
撮影は「ヴェニスの商人 (2004)」「こわれゆく世界の中で (2006)」「1408号室 (2007)」「縞模様のパジャマの少年 (2008)」「Chatroom/チャットルーム (2010)」「陰謀の代償 N.Y.コンフィデンシャル (2010)」「ワン・デイ 23年のラブストーリー (2011)」「欲望のバージニア (2012)」「誰よりも狙われた男 (2013)」のブノワ・ドゥローム。
音楽は「ラブ・クライム (2009)」「プリズナーズ (2013)」「悪童日記 (2013)」のヨハン・ヨハンソン。
主演は「グッド・シェパード (2006)」「美しすぎる母 (2007)」「エリザベス:ゴールデン・エイジ (2007)」「ブーリン家の姉妹 (2008)」「ブラック・レコード~禁じられた記録~ (2009)」「HICK-ルリ13歳の旅 (2011)」「マリリン 7日間の恋 (2011)」「レ・ミゼラブル (2012)」「ジュピター (2015)」のエディ・レッドメインと、「ノーサンガー・アベイ (2007)」「フラッシュバック (2008)」「情愛と友情 (2008)」「わたしの可愛い人―シェリ (2009)」「テンペスト (2010)」「ヒステリア (2011)」TVM「MI5:消された機密ファイル (2011)」「今日、キミに会えたら (2011)」「あなたとのキスまでの距離 (2013)」「アメイジング・スパイダーマン2 (2014)」のフェリシティ・ジョーンズ。


[ 公開日 ]

2014年9月7日 カナダ Toronto International Film Festival 上映
2014年10月9日 アメリカ Mill Valley Film Festival 上映
2014年11月7日 カナダ Toronto 公開
2014年11月7日 アメリカ limited 公開
2014年11月25日 イタリア Torino Film Festival 上映
2014年11月26日 アメリカ公開
2014年12月4日 香港公開
2014年12月10日 韓国公開
2014年12月25日 ドイツ公開
2015年1月1日 イギリス公開
2015年1月6日 アメリカ MoMA - The Contenders 上映
2015年1月15日 イタリア公開
2015年1月16日 スペイン公開
2015年1月21日 フランス公開
2015年1月29日 オーストラリア公開
2015年2月26日 ロシア公開
2015年3月13日 日本公開



【 ストーリー 】

1963年イギリス、ケンブリッジ。
ケンブリッジ大学大学院で理論物理学を研究するスティーヴン・ホーキング(エディ・レッドメイン)は、パーティで魅力的な女性ジェーン(フェリシティ・ジョーンズ)と出逢う。
同じ大学で中世スペイン詩を学んでいる才媛だ。
ユーモアのセンスが似通っている二人は、たちまち意気投合。
キャンパスの内外でデートを重ね、舞踏会の夜に満天の星空の下でキスを交わした。
その恋のときめきは、宇宙論の研究テーマが定まらなかったスティーヴンにある閃きをもたらした。
ロジャー・ペンローズが提唱する特異点理論を宇宙に応用できるのではないかと考えたのだ。
それは、宇宙全てを説明するただ一つのセオリーを見つける第一歩に。
が、その頃スティーヴンの身体に異変が起こる。
何もない所で転んだり、チョークを持つ手が震えたり。
しかもその症状は次第に重くなっていった。
心配になって検査を受けたスティーヴンは、医者から思いがけない宣告を受ける。
彼が患っているのは、脳から命令が神経に伝わらなくなる運動ニューロン疾患。
治療法はなく、余命は2年だと言う。
ショックを受けたスティーヴンは寮の部屋に引きこもり、ジェーンとの連絡も断ってしまう。
そんなスティーヴンの病状を彼の友人から聞いたジェーンは、すぐに寮の部屋を訪ねた。
スティーヴンは彼女をクリケットのフィールドに連れ出すと、自分がどれほど身体の自由が利かなくなったかを見せつけた。
しかし、ジェーンはひるまずスティーヴンとの愛を貫く覚悟を決める。
未来を悲観するスティーヴンの家族に対し「皆で力を合わせて病気と闘おう」と宣言。
スティーヴンと結婚する道を選択する。
結婚2年目に長男のロバートが誕生。
スティーヴンは、ジェーンの励ましを受けながら「時空特異点」に関する論文を執筆し、博士号を取得する。
それは、手を携えて2年の余命宣告に立ち向かった夫妻の努力の結晶だった。
しかしスティーヴンの病の進行が止まった訳ではなかった。
友人たちが集まった祝いの席で、ナイフとフォークが使えず情けない思いにかられるスティーヴン。
長女のルーシーが誕生した頃、彼は車椅子が手放せなくなっていた。
1974年、スティーヴンは「ブラックホールの消滅」を提唱したホーキング放射の理論を発表。
科学雑誌ネイチャーの表紙を飾り時の人となる。
一方、2人の育ちざかりの子供の養育とスティーヴンの介護に追われる日々を送っていたジェーンは、自分一人で全てをこなす事に限界を感じていた。
そんな彼女の様子を見かねた母ベリル(エミリー・ワトソン)は、気分転換のために教会の聖歌隊に入る事を勧める。
これが、ホーキング夫妻とジョナサン(チャーリー・コックス)の長い付き合いの始まりだった。
聖歌隊の指揮者としてジェーンと知り合ったジョナサンは、間もなくロバートにピアノを教えるためにホーキング家に出入りするようになる。
そしてスティーヴンの介護がどれほど大変かを知った彼は、自分も介護を手伝うと申し出た。
それはジェーンにとってまたとない申し出だったが、家庭内に自分以外の男性が入り込むのを容認する事はスティーヴンにとっては辛い決断だった。
間もなくジェーンが第三子を妊娠。
夫妻の周囲の人々は、ジョナサンが子供の父親ではないかと疑いの目を向けた。
いたたまれなくなったジョナサンは一家から距離を置こうとするが、それをスティーヴンが「ジェーンには君が必要だ」と言って引き止めた。
ジェーンとジョナサンがお互いに惹かれあっていることを知りながら....。
数年後、オペラの公演に招待されてヨーロッパへ旅立ったスティーヴンが肺炎で病院に担ぎ込まれる出来事が起こる。
ジェーンが大急ぎで現地に駆けつけた時、スティーヴンは昏睡状態で人工呼吸器につながれていた。
彼を生かすには喉を切開して呼吸装置を付けなければならないが、二度と話せなくなる。
医者にそう告げられ、命を失うか声を失うかの選択を迫られたジェーンは、迷いなく後者を選ぶ。
結果、命をとりとめたスティーヴン。
しかし彼とジェーンの行く手には、また別の試練が待ち受けていた・・・。

博士と彼女のセオリー (2014)2


< 受賞歴 >

・ 2014年11月14日 ハリウッド映画賞
   ブレイクアウト男優賞 受賞/エディ・レッドメイン

・ 2014年9月6日 トロント国際映画祭
   ブレイクスルー賞 受賞/エディ・レッドメイン 、フェリシティ・ジョーンズ 、ジェームズ・マーシュ

・ 2014年10月12日 ミルバレー映画祭
   金賞 受賞

2014年12月7日 ニューヨーク映画批評家オンライン賞
   作品賞トップ10 入賞
   主演男優賞 受賞/エディ・レッドメイン

・ 2014年12月8日 アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞
   作品賞トップ10 3位

・ 2015年1月3日 パームスプリングス国際映画祭
   Desert Palm Achievement Award 受賞/エディ・レッドメイン

・ 2015年1月6日 アイオワ映画批評家協会賞
   主演男優賞 2位/エディ・レッドメイン
   主演女優賞 2位/フェリシティ・ジョーンズ
   作曲賞 3位/ヨハン・ヨハンソン

・ 2015年1月11日 ゴールデングローブ賞
   主演男優賞(ドラマ部門) 受賞/エディ・レッドメイン
   作曲賞 受賞/ヨハン・ヨハンソン

・ 2015年1月25日 全米俳優組合(SAG)賞
   主演男優賞 受賞/エディ・レッドメイン

・ 2015年2月8日 英国アカデミー賞
   英国作品賞 受賞
   主演男優賞 受賞/エディ・レッドメイン
   脚色賞 受賞/アンソニー・マクカーテン

・ 2015年2月22日 アカデミー賞
   主演男優賞 受賞/エディ・レッドメイン

※その他、受賞・ノミネート多数。



【 スタッフ 】

監督 : ジェームズ・マーシュ
原作 : ジェーン・ホーキング
脚本 : アンソニー・マクカーテン
製作 : ティム・ビーヴァン 、エリック・フェルナー 、リサ・ブルース 、アンソニー・マクカーテン
製作総指揮 : アメリア・グレンジャー 、ライザ・チェイシン 、デヴィッド・コッシ 、リチャード・ヒューイット 、ルーカス・ウェッブ
撮影 : ブノワ・ドゥローム
美術/プロダクションデザイン : ジョン・ポール・ケリー
編集 : ジンクス・ゴッドフリー
音楽 : ヨハン・ヨハンソン
衣装デザイン : スティーヴン・ノーブル
キャスティング : ニーナ・ゴールト
セット制作 : クレア・ニア・リチャーズ
視覚効果(Visual Effects) : Max Alexander 、Adriano Cirulli 、Mitch Crease 、Andy Cuthbert 、Agueda Del Castillo 、Stian Halvorsen 、Shani Hermoni 、Mark Honer 、Manuel Huertas 、Taskin Kenan 、Ines Li 、Simon Lowe 、Finola O'Brien 、Maria Peralta Ramos 、Kim Ranzani
特殊効果(Special Effects) : マーク・ホルト
メイク : アニタ・バーガー 、クリス・ライオンズ 、Sidony Etherton 、Agnes Legere 、Kristyan Mallett 、Lacey Rixson 、Nora Robertson 、Alex Rouse 、Jan Sewell 、Lesley Smith 、Barbara Taylor
謝辞 : レスリー・マンヴィル 、アレックス・メトカーフ 、ロバート・ニクソン



【 キャスト 】

スティーヴン・ホーキング : エディ・レッドメイン
ジェーン・ワイルド・ホーキング : フェリシティ・ジョーンズ
ジョナサン・ジョーンズ : チャーリー・コックス
ベリル・ワイルド (ジェーンの母親) : エミリー・ワトソン
ジョージ・ワイルド (ジェーンの父親) : ガイ・オリヴァー=ワッツ
フランク・ホーキング (スティーヴンの父親) : サイモン・マクバーニー
イソベル・ホーキング (スティーヴンの母親) : アビゲイル・クラッテンデン
フィリパ・ホーキング (スティーヴンの妹) : シャーロット・ホープ
メアリー・ホーキング (スティーヴンの妹) : ルーシー・チャペル
デニス・シャーマ : デヴィッド・シューリス
ブライアン : ハリー・ロイド
ロジャー : クリスチャン・マッケイ
ケンブリッジ病院の医師 : アダム・ゴドリー
キップ・ソーン : エンゾ・シレンティ
ジョン・テイラー : サイモン・チャンドラー
エレイン・メーソン : マキシン・ピーク
アイザック・カラトニコフ : ゲオルグ・ニコロフ
ダイアナ・キング (バシル・キングの妹) : アリス・オル=ユーイング
トーマス・モリソン
ニコラ・スローン
アイリーン・デイヴィス
ウィル・バートン
ショーン・ルーカス
カロル・スティール
Tom Prior
Sophie Perry
Finlay Wright-Stephens
Michael Marcus
Gruffudd Glyn
Paul Longley
Nicholas Gerard-Martin
Brett Brown
Anthony Skrimshire
Lottie Hamilton
Rufus Taylor
Delilah Sexton
Oliver Payne
Raffiella Chapman
Sam Houston
Victoria Emslie
Frank Leboeuf
Lucy Challenger
Nicola Victoria Buck
Stuart Benson
Andrew Bridgmont
Jamie Edwards
Jumaane Brown
Adil Akram
James Amey
Antonia Anderson
Richard Banks
Cameron Bell
Kishore Bhatt
Sal Bolton
Brett Brown
Jill Buchanan
Pamela Betsy Cooper
Chris Cowlin
Andrew Craig
Brian P Smith
Gioacchino Jim Cuffaro
Richard Cunningham
Leigh Dent
Ryan Paul Edwards
Aaron Ellis
Cynthia Garbutt
David Golt
James Gribble
Kenton Hall
John Harley
Anastasia Harrold
Dominic Hatje
George Hewer
Thom Jackson-Wood
Helen Kingston
Joelle Koissi
Martyn Mayger
Penny Mitchell
John Neville
Shaun Newnham
Hugh O'Brien
Jeremy Oliver
Tony Pankhurst
Heather Pearse
Antonio Piras
Scott Plumridge
Martin Poole
Zac Rashid
Glyn Roberts
Steve Saunders
Janette Sharpe
Jesse James Sims
Colin Taylor
John Warman
Jon Wennington
Aidan White
James Wiles
Brian William Woodward
Miroslav Zaruba








[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

博士と彼女のセオリー [ エディ・レッドメイン ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2019/8/17時点)


ディアボリカル (2015)
ディアボリカル(2015)
ディアボリカル(2015)1

『 ディアボリカル 』 (原題:The Diabolical) は、2015年に製作されたアメリカ映画。
幼い2人の子供を育てるシングルマザーが、謎の発光や顔面が溶けた怪人の出現といった時空を超えて現れる未知なる恐怖から家族を守るべく、真相を突き止めようと奮闘する姿を描くSF・ホラー。
監督は、本作が初監督作となるミュージックビデオなどを手掛けてきたアリステア・ルグラン。
主演は「TATARI タタリ (1999)」「13ウォーリアーズ (1999)」「ファイナル・デスティネーション (2000)」「キューティ・ブロンド (2001)」「デッドコースター (2003)」TVドラマ「HEROES/ヒーローズ (2006~2010)」「バイオハザード III (2007)」「オブセッション 歪んだ愛の果て (2009)」「バイオハザード IV アフターライフ (2010)」のアリ・ラーター。
共演は「ザ・プロデューサー (1995)」「マルホランド・ドライブ (2001)」「アダルト♂スクール (2003)」「26世紀青年 (2006)」「ブラック・ダリア (2006)」「LIVE! ライブ (2007)」「ディスコード/ジ・アフター (2014)」のパトリック・フィスクラー、「アナポリス 青春の誓い (2006)」「unknown アンノウン (2006)」「狼たちの激闘 (2007)」「ビューティフル・ウェーブ (2011)」のウィルマー・カルデロンなど。


[ 公開日 ]

2015年3月16日 アメリカ South by Southwest Film Festival 上映
2015年8月13日 クウェート公開
2015年8月21日 ベトナム公開
2015年8月22日 日本公開
2015年8月28日 イギリス Film4 FrightFest
2015年10月2日 アメリカ Popcorn Frights Film Festival
2015年10月16日 イギリス公開
2015年10月16日 アメリカ DVD and Blu-ray premiere
2015年10月19日 カナダ Toronto After Dark Film Festival
2015年10月26日 ドイツ DVD and Blu-ray premiere
2016年12月30日 メキシコ公開
2017年8月31日 ボリビア公開



【 ストーリー 】

郊外の住宅地で幼い子供たちと一緒に暮らすマディソン(アリ・ラーター)は、毎晩起こる超常現象に困り果てていた。
家の中で謎の発光や震動が起こり、顔面が溶けた血まみれの怪人が現れるといった話を、警察は聞く耳持たず、さらに超常現象の専門家もおびえて逃げてしまう始末。
そんな中、マディソンはインターネットで妙な研究所のことを知り・・・。

ディアボリカル (2015)



【 スタッフ 】

監督 : アリステア・ルグラン
脚本 : アリステア・ルグラン 、ルーク・ハーヴィス
製作 : ロス・M・ディナースタイン
製作総指揮 : ジェイミー・カーマイケル 、ケビン・イワシマ
アソシエイトプロデューサー : アンドリュー・シュワルツ
ラインプロデューサー : ジョエル・ヘンリー
撮影 : ジョン・フロスト
美術/プロダクションデザイン : モナ・ナム
アートディレクション : ダイアナ・ライト
編集 : ブレア・ミラー
音楽 : イアン・ハルトクイスト
衣装デザイン : ミシェル・トンプソン
衣装スーパーバイザー : Jordy Scheinberg
キャスティング : リンジー・ヘイズ・クルーガー
セットデコレーション : Ani Babayan
視覚効果スーパーバイザー : ビリー・ジャクソン
視覚効果プロデューサー : Tabitha Ozturk
視覚効果アーティスト : David Eschrich
視覚効果 : Saul Herckis 、Eric Schrecongost
アニメーター : マイク・ロンバルド
特殊メイクアップ効果デザイナー : ジェイソン・コリンズ
特殊メイクアップ効果アーティスト : クリスティーナ・ワルツ
デパートメントヘッドメイクアップアーティスト : シェリー・ラッカー
キーメイクアップアーティスト : Robyn Rebbe
メイクアップアーティスト : ケイル・トーマス
スタントコーディネーター : T・J・ホワイト
謝辞 : Marc Bortz 、ザック・ブライト 、アビー・デイヴィス



【 キャスト 】

マディソン : アリ・ラーター
ミゲル : ウィルマー・カルデロン
ニコライ : アルジュン・グプタ
ジェイコブ : マックス・ローズ
ヘイリー : クロエ・ペリン
プリズナー : カート・カーリー
ウォレス夫人 : メリン・ダンジー
カール : Joe Egender
オースティン : パトリック・フィスクラー
ネストル : Trey Holland
ダニー : Thomas Kuc
オタク友達 : イーサン・ジョシュ・リー
Officer Chambers : スコット・マッカーサー
マーシー : ローラ・マーゴリス
ジョエル : McCarrie McCausland
スチュアート : Isaac Salzman
ハーバート博士 : Mark Steger
顔のない囚人 : Andrew Varenhorst
警官 : サム・J・ワーナー
カーティス : トム・ライト
ネイバー : シェリリン・ヘンダーソン (ノンクレジット)
キャンプキッド : クリスティン・ジョニー (ノンクレジット)





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ディアボリカル【Blu-ray】 [ アリ・ラーター ]
価格:3693円(税込、送料無料) (2019/8/11時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ディアボリカル [ アリ・ラーター ]
価格:3564円(税込、送料無料) (2019/8/11時点)




砂上の法廷 (2016)
砂上の法廷 (2016)

『 砂上の法廷 』 (原題:The Whole Truth) は、2016年に製作されたアメリカ映画。
大物弁護士の殺人事件で容疑者となった息子の弁護を引き受けた敏腕弁護士が、有罪を裏付ける証拠や証言をする人々の“嘘”、完全黙秘を続けていた容疑者が一転して語り始めたの言葉によって、二転三転する事件の真相に迫る法廷ミステリー。
 監督は、前作「フローズン・リバー (2008)」がアカデミー賞のオリジナル脚本賞ほか2部門にノミネートされた実績を持つコートニー・ハント。
 脚本は「水曜日に抱かれる女 (1993)」の監督・脚本や、「女優フランシス (1982)」「ロンリー・ブラッド (1985)」「運命の逆転 (1990)」「モブスターズ/青春の群像 (1991)」「マチルダ (1996)」「悪魔を憐れむ歌 (1997)」「ワイルド・スモーカーズ (1998)」「アンドリューNDR114 (1999)」「イナフ (2002)」の脚本を担当するニコラス・カザン。
 撮影は「男たちの戦場 (2006)」「Lucky Country (2009)」「IN HER SKIN/イン・ハー・スキン (2009)」「サンクタム (2011)」「Wish You Were Here (2012)」「ジェームズ・キャメロン 深海への挑戦 (2014)」「Krampus (2015)」のジュールズ・オロフリン。
 主演は「スピード (1994)」「チェーン・リアクション (1996)」「マトリックス (1999)」「コンスタンティン (2005)」「イルマーレ (2006)」「地球が静止する日 (2008)」「50歳の恋愛白書 (2009)」「フェイク・クライム (2010)」「47RONIN (2013)」「ジョン・ウィック (2014)」「ノック・ノック (2015)」のキアヌ・リーヴス。
 共演は「ブリジット・ジョーンズの日記 (2001)」「シカゴ (2002)」「コールド マウンテン (2003)」「シンデレラマン (2005)」「ミス・ポター (2006)」「かけひきは、恋のはじまり (2008)」「アパルーサの決闘 (2008)」「ケース39 (2009)」のレニー・ゼルウィガー、TVM「アガサ・クリスティー ミス・マープル3 無実はさいなむ (2007)」TVドラマ「ボーンキッカーズ 考古学調査班 (2008)」TVドラマ「ボーンレジェンダリー (2008)」TVM「ボーンキッカーズ (2008)」TVドラマ「アンダーカバー (2010)」「幸せの教室 (2011)」「オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主 (2013)」「ベル ~ある伯爵令嬢の恋~ (2013)」のググ・バサ=ローなど。


[ 公開日 ]

2016年 アメリカ公開
2016年3月25日 日本公開
2016年6月10日 イギリス公開



【 ストーリー 】

巨額の資産を持つ大物弁護士が自宅で殺害される事件が発生。
容疑者として逮捕されたのは、被害者の17歳の息子だった。
拘留後、完全黙秘を続ける少年の弁護を引き受けたのは、敏腕弁護士ラムゼイ(キアヌ・リーヴス)。
何も語ろうとしない被告人をよそに、開廷された裁判では全ての証人が少年の有罪を裏付ける証言をする。
だが、その証言のわずかな綻びから、ラムゼイは証人たちの嘘を見破る。
有罪確定に見えた裁判の流れが変わり始めた矢先、沈黙を破って衝撃の告白を始める被告の少年。
彼の言葉は果たして真実なのか?
そして、真犯人は別に存在するのか・・・?

砂上の法廷 (2016)



【 スタッフ 】

監督 : コートニー・ハント
脚本 : ニコラス・カザン
製作 : リチャード・サックル 、アンソニー・ブレグマン 、エロン・ダーショウィッツ 、ケヴィン・スコット・フレイクス
共同製作 : マーク・ファザーノ
製作総指揮 : スコット・フィッシャー 、ジャミン・オブライエン 、バディ・パトリック 、アール・リモン 、チャールズ・ローヴェン 、ラジ・ブリンダー・シン 、Vishal Rungta 、リチャード・サックル 、ギデオン・タドモア
共同製作総指揮 : ロバート・オグデン・バーナム 、Ankur Rungta
ラインプロデューサー : チップ・ホーリハン
撮影監督 : ジュールズ・オロフリン
美術/プロダクションデザイン : Mara LePere-Schloop
アートディレクション (追加写真) : Arthur Jongewaard
編集 : ケイト・ウィリアムズ
音楽 : サシャ・ガルプリーヌ 、Evgueni Galperine
衣装デザイン : アビー・オサリヴァン
キャスティング : リンジー・グラハム 、メアリー・ヴァーニュー
セットデコレーション : ブラッドフォード・ジョンソン
視覚効果プロデューサー : David McElfresh
特殊効果コーディネーター : Mark Hava
メイクアップ部門ヘッド : ジェリー・B・オッペンハイム
キーメイクアップアーティスト : ナタリー・クリスティン・ジョンソン
メイクアップアーティスト : グロリア・ベルツ
キーヘアスタイリスト : マルコス・ゴンザレス
ヘアスタイリスト : Damita Jones
スタントコーディネーター : William Scharpf



【 キャスト 】

リチャード・ラムゼイ : キアヌ・リーヴス
アーサー・ウェスティン : ショーン・ブリジャース
ロレッタ・ラシター : レニー・ゼルウィガー
ジャネル・ブレイディ : ググ・バサ=ロー
ケネス・チョイ
ブーン・ラシター : ジェームズ・ベルーシ
ジャック・ルグラン : クリストファー・ベリー
マイケル(マイク)・ラシター : ガブリエル・バッソ
陪審員#3 : ララ・グライス
ウエイトレス : ジョディ・リン・ブロックトン
アンジェラ・モーリー : ニコル・バール
トリクシー・ウェスティン : ジャッキー・タトル
プールサイドゲスト : ジャスティン・ルブラン
エドゥアール・J・ロビショー (裁判官) : リッチー・モンゴメリー
アレックス : マッティー・リプタク
ジェームズ・ルブラン : ジム・クロック
犯罪テック : トーマス・フランシス・マーフィー
法廷のオブザーバー : ガス・ロードス
副検事 : John L. Armijo
リチャード・ラムゼイの親友 : ジョン・アーサー
弁護士 : ドナルド・M・クラウゼ
警官グレイブス : ジェイソン・カークパトリック
裁判所書記官 : サマンサ・ボリュー
プールサイドゲスト : パトリック・カーンズ
リムジンの運転手 : ラッキー・ジョンソン
法廷の傍聴人 : エルトン・ルブランク
陪審員#8 : シンシア・ルブランク
ロビンス副保安官 : ジェシー・ヤーボロー
TVレポーター : ニコラス・X・パーソンズ
法廷の傍聴人 : マイケル・D・アングリン
陪審後援者 : Lisa Raziano
法廷の傍聴人 : Chris Angerdina
弁護士 : トレイシー・B・マン
陪審員#12 : ジェラルディン・グレン
バイウォーター居住者 : ミシェル・デヴィート
バンの運転手 : ウェス・キャノン
弁護士 : Jerome Andries
オフィススタッフ : Nazeema Bartek
裁判見物人 : ボブ・ウォーカー
オフィサー シャノン・スティード : リンゼイ・キンボール
ブーンの友達 : マック・アルスフェルド
陪審員#2 : カール・シングルトン
カフェパトロン : Sadarias Harrell
バティスト副保安官 : Jamara Laster
警備員 : ジェフ・グレイズ
法廷出席者 : Kina Dach'e Bullock
陪審員 : Susie Labry
St. Bernard Parish Deputy : ジョン・C・クライン
法廷レポーター : Tamika Shanell Johnson
陪審員 : Tearyn Belanger
ニュースカメラの男 : スコット・エヴェレット・ニコルズ
廷吏 : ラリー・マギー
廷吏 : バリー・スミス
法廷のオブザーバー : Peggy Ernewein
裁判所速記者 : メリッサ・エヴァンス
裁判所のパトロン : エドワード・シュナイダー
バーパトロン : ショーン・ベック (ノンクレジット)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

砂上の法廷【Blu-ray】 [ キアヌ・リーヴス ]
価格:1500円(税込、送料無料) (2019/7/27時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

砂上の法廷 [ キアヌ・リーヴス ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2019/7/27時点)


ヴァンパイア・アカデミー (2014)
ヴァンパイア・アカデミー (2014)1
ヴァンパイア・アカデミー (2014)2

『 ヴァンパイア・アカデミー 』 (原題:Vampire Academy) は、2014年に製作されたアメリカ映画。
 バンパイアと人間のハーフの少女が、バンパイア族の王位継承権をめぐって巻き起こる事件に巻き込まれていく姿を描くアクションファンタジー。
 原作は、ヴァンパイアたちが学ぶ学園を舞台にしたリシェル・ミードのベストセラーYA小説シリーズ。
 監督は「ストーム (1997)」「恋にあこがれて in N.Y. (2001)」「フォーチュン・クッキー (2003)」「ミーン・ガールズ (2004)」「スパイダーウィックの謎 (2008)」「(500)日のサマー (2009)」「空飛ぶペンギン (2011)」TVドラマ「イーストエンドの魔女たち (2013~)」のマーク・ウォーターズ。
 脚本は「ヘザース/ベロニカの熱い日 (1989)」「フォード・フェアレーンの冒険 (1990)」「ハドソン・ホーク (1990)」「バットマン リターンズ (1992)」「デモリションマン (1993)」「セックス・カウントダウン (2007)」のダニエル・ウォーターズ。
 撮影は「サマー・デイズ (1987)」「ホワイトファング (1991)」「ディスクロージャー (1994)」「サバイビング・ピカソ (1996)」「キス★キス★バン★バン (2000)」「アンダーワールド (2003)」「DOOM ドゥーム (2005)」「勇者たちの戦場 (2006)」「近距離恋愛 (2008)」のトニー・ピアース=ロバーツ(アンソニー・ピアース=ロバーツ)。
 音楽は「サンキュー・スモーキング (2006)」「ハンティング・パーティ (2007)」「マイレージ、マイライフ (2009)」「キス&キル (2010)」「ヤング≒アダルト (2011)」「モネ・ゲーム (2012)」「とらわれて夏 (2013)」のロルフ・ケント。
 主演は、女優リー・トンプソンと映画監督ハワード・ドゥイッチの娘で、TVドラマ「リンガー 2つの顔 (2011)」「Mayor Cupcake (2011)」「Hallelujah (2011)」「ビューティフル・クリーチャーズ 光と闇に選ばれし者 (2013)」のゾーイ・ドゥイッチと、本作がスクリーン・デビュー作となるルーシー・フライ。
 共演は「タイム・ジャンパー (2008)」「ゲット・ザ・ワールド (2012)」のダニーラ・コズロフスキー、「恋するミュージック・マン♪ (2003)」「デスペラード・イン・ウエスト (2005)」「もしも昨日が選べたら (2006)」「トレジャー・オブ・スケルトンアイランド (2007)」TVドラマ「シェイムレス 俺たちに恥はない (2011~2014)」のキャメロン・モナハン、「デタッチメント 優しい無関心 (2011)」「ゲットバック (2012)」のサミ・ゲイルなど。


[ 公開日 ]

2014年2月7日 カナダ公開
2014年2月7日 アメリカ公開
2014年2月14日 ルーマニア公開
2014年2月27日 ロシア公開
2014年3月5日 フランス公開
2014年3月6日 オーストラリア公開
2014年3月13日 ドイツ公開
2014年5月1日 イタリア公開
2014年7月4日 イギリス公開
2014年7月25日 スペイン公開
2014年7月26日 日本公開



【 ストーリー 】

命に限りがある穏やかなヴァンパイア“モロイ”を保護する聖ウラジーミル学園。
ヴァンパイアと人間の間に生まれた子は、“ダンファー”と呼ばれていた。
この学園で暮らすダンファーの問題児ローズ(ゾーイ・ドゥイッチ)は、不思議な絆で結ばれたモロイ王族の親友リサ(ルーシー・フライ)を、血に飢えた不死身のヴァンパイア“ストリゴイ”から護衛するガーディンを目指してトレーニングを積んでいた。
そんなローズの前に、熟練ガーディアンのディミトリ教官(ダニーラ・コズロフスキー)が現れる。
特訓を通じて、彼に強く惹かれてゆくローズ。
しかし、2人は教官と生徒という関係ゆえ、ローズは禁断の愛に苦しむ。
やがて、安全なはずの学園内でリサの身を脅かす事件が発生。
しかも犯人はローズとリサ以外は誰も知るはずのない、リサの特別な能力のことを知っているようだった。
果たして犯人の正体と、その狙いとは・・・?
そして不思議な“絆”とリサの能力の正体とは・・・。

ヴァンパイア・アカデミー (2014)3



【 スタッフ 】

監督 : マーク・ウォーターズ
原作 : リシェル・ミード 『ヴァンパイア アカデミー』 (ソフトバンククリエイティブ刊)
脚本 : ダニエル・ウォーターズ
製作 : ドン・マーフィ 、スーザン・モントフォード 、マイケル・プレガー 、ディーパック・ナヤール
製作総指揮 : スチュアート・フォード 、ボブ・ワインスタイン 、ハーヴェイ・ワインスタイン 、Jillian Preger DeFrehn 、Cory Kaplan 、Paul Sarony
撮影 : トニー・ピアース=ロバーツ(アンソニー・ピアース=ロバーツ)
美術/プロダクションデザイン : フランク・ウォルシュ
アートディレクション : アンディ・トムソン 、Tom Whitehead
編集 : クリス・ギル
音楽 : ロルフ・ケント
音楽監修 : ハワード・パー
衣装デザイン : ルース・マイヤーズ
キャスティング : マーシー・リロフ 、レグ・ポースコート・エドガートン
セット制作 : Lisa Chugg
視覚効果(Visual Effects) : テレンス・アルバレズ 、トニー・アサートン 、マシュー・ブリストウ 、キア・コーツ 、マイケル・ブルース・エリス 、Branko Basarovski 、Gabriel Blanco 、Ron Bowman 、Marc Calvelo 、Chad Cortvriendt 、Jaime Burés Cuco 、Shome Dasgupta 、Danish Davis 、Bharat De 、Ryan Delaney
特殊効果(Special Effects) : ノア・メディングス 、ジョン・ラフィケ 、ニック・ライドアウト 、クリス・ワトソン 、Dom Blake 、Nick Joscylene 、Caroline Steiner 、Mark Vanstone
メイク : クリス・ライオンズ 、Punam Chhatralia 、Louise Coles 、Cat Corderoy 、Lynn Doron 、Annette Field 、Babs Forman 、Richard Glass 、Pamela Haddock 、Beth John 、Samantha Kininmonth 、Jennifer Knipp 、Sally Miura 、Flora Moody 、Marc Pilcher



【 キャスト 】

ローズ・ハサウェイ : ゾーイ・ドゥイッチ
リサ・ドラゴミール : ルーシー・フライ
クリスチャン・オゼラ : ドミニク・シャーウッド
ディミトリ・ベリコフ : ダニーラ・コズロフスキー
メイソン : キャメロン・モナハン
ミア : サミ・ゲイル
ナタリー : サラ・ハイランド
タチアナ女王 : ジョエリー・リチャードソン
キロワ校長 : オルガ・キュリレンコ
ヴィクトル・ダシュコフ : ガブリエル・バーン
クレア・フォイ
ベン・ピール
ラモン・ティカラム
チョーイ・ケン・ベー
ニック・ジラード
ポール・ストックマン
ウィル・チューダー
Ashley Charles
Dominique Tipper
Edward Holcroft
Bronté Norman-Terrell
Chris Mason
Harry Bradshaw
Shelley Longworth
Rory Fleck-Byrne
Alexander Abadzis
Elizabeth Conboy
Ryan Prescott
Cameron Harris
Macey Chipping
Mark Lewis
Maria Dagyte
Alice Wahtel
Levan Doran
Rodrig Andrisan
Mai Arwas
James Ayling
Nic Bernasconi
Jackson Bews
Bruce Chong
Alex Donovan
Faith Elizabeth
Chloe-Allyn Gallacher
Kevin Hudson
Tom Jacob
Isca Loren
Serhat Metin
Marcus Payne
Olivia Pye
Charlotte Rickard
Anya Taylor-Joy
Leila Wong







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヴァンパイア・アカデミー【動画配信】
価格:432円(税込、送料無料) (2019/7/16時点)


バトルフロント (2013)
バトルフロント (2013)1

『 バトルフロント 』 (原題:Homefront) は、2013年に製作されたアメリカ映画。
家族との静かな生活を求めて田舎に引っ越した元麻薬潜入捜査官が、娘の学校で起きたトラブルを切っ掛けに図らずも犯罪組織との抗争に巻き込まれていく姿を描くクライム・アクション。
原作は、チャック・ローガンの犯罪小説「Homefront」。
監督は、TVM「ゴブリン (1993)」「デンバーに死す時 (1995)」「コレクター (1997)」「クローン (2001)」「ニューオーリンズ・トライアル (2003)」「エクスプレス 負けざる男たち (2008)」TVドラマ「ハッピー・タウン/世界一幸せな狂気 (2010)」TVドラマ「VEGAS/ベガス (2012~2013)」のゲイリー・フレダー。
脚本は、俳優として「ランボー (1982)」「コブラ (1986)」「ジャッジ・ドレッド (1995)」「ドリヴン (2001)」「シェイド (2003)」「バレット (2012)」「大脱出 (2013)」などの多くの作品に出演、「パラダイス・アレイ (1978)」「ロッキー2 (1979)」「ステイン・アライブ (1983)」「ロッキー4/炎の友情 (1985)」「ロッキー・ザ・ファイナル (2006)」「ランボー 最後の戦場 (2008)」「エクスペンダブルズ (2010)」などの監督を務めるシルヴェスター・スタローン。
撮影は「イリュージョニスト (1983)」「ブレイド (1998)」「リトル★ニッキー (2000)」「タイムリミット (2003)」「収容所のラブレター (2007)」「ザ・ホール (2009)」「アダルトボーイズ遊遊白書 (2013)」のテオ・ヴァン・デ・サンデ。
音楽は「マジェスティック (2001)」「ツイステッド (2004)」「ブラック・ダリア (2006)」「告発のとき (2007)」「バッド・ルーテナント (2009)」「クレイジーズ (2010)」「メカニック (2011)」「ゲットバック (2012)」「42 ~世界を変えた男~ (2013)」のマーク・アイシャム。
主演は「スナッチ (2000)」「トランスポーター (2002)」「カオス (2005)」「アドレナリン (2006)」「ローグ アサシン (2007)」「バンク・ジョブ (2008)」「エクスペンダブルズ (2010)」「メカニック (2011)」「ハミングバード (2012)」「PARKER/パーカー (2013)」のジェイソン・ステイサム。
共演は「25年目のキス (1999)」「スパイダーマン (2002)」「トリスタンとイゾルデ (2006)」「ミルク (2008)」「127時間 (2010)」「猿の惑星:創世記(ジェネシス) (2011)」「THE ICEMAN 氷の処刑人 (2012)」「オズ はじまりの戦い (2013)」のジェームズ・フランコ、「モンタナの風に抱かれて (1998)」「タイタンズを忘れない (2000)」「ブルークラッシュ (2002)」「スーパーマン リターンズ (2006)」「ラスベガスをぶっつぶせ (2008)」「決闘の大地で (2010)」「アナザー・ハッピー・デイ ふぞろいな家族たち (2011)」「ムービー43 (2013)」のケイト・ボスワース、「シザーハンズ (1990)」「エイリアン4 (1997)」「17歳のカルテ (1999)」「Mr.ディーズ (2002)」「ダーウィン・アワード (2006)」「スター・トレック (2009)」「ブラック・スワン (2010)」「THE ICEMAN 氷の処刑人 (2012)」のウィノナ・ライダーなど。


[ 公開日 ]

2013年11月27日 カナダ公開
2013年11月27日 アメリカ公開
2013年12月6日 イギリス公開
2014年1月8日 フランス公開
2014年1月23日 ドイツ公開
2014年6月19日 韓国公開
2014年8月1日 スペイン公開
2014年8月9日 日本公開



【 ストーリー 】

元麻薬潜入捜査官フィル・ブローカー(ジェイソン・ステイサム)は、一人娘マディ(イザベラ・ヴィドヴィッチ)のことを思い、かつての仕事や過去を忘れ再出発を決意、亡き妻の田舎で新たな生活を始める。
だが、裏で町を牛耳る麻薬密売人ゲイター・ボーダイン(ジェームズ・フランコ)は、ある企みのためブローカー親子を陥れていく。
平穏な暮らしを望むフィルだったが、マディに危険が迫り、彼の怒りはついに臨界点を超える。
最愛の娘を守るため、フィルは容赦なしに迫りくる脅威にたった一人で立ち向かっていく・・・。

バトルフロント (2013)2



【 スタッフ 】

監督 : ゲイリー・フレダー
原作 : チャック・ローガン
脚本 : シルヴェスター・スタローン
製作 : ケヴィン・キング=テンプルトン 、シルヴェスター・スタローン 、ジョン・トンプソン
共同製作 : ロバート・オルティス
製作総指揮 : ジェームズ・D・スターン 、ダグラス・E・ハンセン 、アヴィ・ラーナー 、トレヴァー・ショート 、ボアズ・デヴィッドソン 、レネ・ベッソン 、マーク・ギル 、ダニー・ラーナー 、マシュー・オトゥール 、レス・ウェルドン 、Lonnie Ramati 、Nicole Williams
撮影 : テオ・ヴァン・デ・サンデ
美術/プロダクションデザイン : グレッグ・ベリー
アートディレクション : A・トッド・ホランド
編集 : パドレイク・マッキンリー
音楽 : マーク・アイシャム
衣装デザイン : ケリー・ジョーンズ
キャスティング : バーバラ・フィオレンティーノ
セット制作 : Cynthia La Jeunesse
視覚効果(Visual Effects) : ブラッドリー・M・バクスター 、アンジェリーナ・ボリソワ 、ジャレド・バック 、Arpine Aleksanyan 、Kiril Altakov 、Aaron Askew 、Hyun Min Bae 、Mitchell Baxter 、Paul Belcher 、Maria Boyuklieva 、John Brizzi 、Jordan Combs 、Chris M. Cooper 、Isabel Copellar 、Alexandre Daigle
特殊効果(Special Effects) : ジョン・S・ベイカー 、ドニー・ディーン 、マット・カッチャー 、マーク・ローリー 、Robert Benavidez 、Molly Edwards 、Justin B. Johnson 、Matthew Kutcher 、James Parsons 、Jennifer Picard 、Wayne Rowe 、Kyle A. Wasserman
メイク : ジャック・ラザロ 、Kimberly Amacker 、Jonny Bullard 、Daina Daigle 、Stacy Kelly 、Courtney Lether 、Donita Miller 、Aimee Stuit 、Emily Tatum 、Tony Ward 、Amy Wood
謝辞 : マーク・モス 、Sam Kaufmann
日本語字幕 : 種市譲二



【 キャスト 】

フィル・ブローカー : ジェイソン・ステイサム (吹替:山路和弘)
モーガン・“ゲイター”・ボーダイン : ジェームズ・フランコ (吹替:咲野俊介)
シェリル・マリー・モットト : ウィノナ・ライダー (吹替:志田有彩)
キャシー・ボーダイン・クルム : ケイト・ボスワース (吹替:林真里花)
スーザン・ヘッチ : ラシェル・ルフェーブル
サイラス・ハンクス : フランク・グリロ
キース・ロドリゲ保安官 : クランシー・ブラウン
マディ・ブローカー : イザベラ・ヴィドヴィッチ
マーカス・ヘスター
オマー・ベンソン・ミラー
チャック・ジトー
プルイット・テイラー・ヴィンス
リンズ・エドワーズ
オーウェン・ハーン
スチュアート・グリア
クリスタ・キャンベル
アミン・ジョセフ
ランス・E・ニコルズ
マイケル・トレイナー
ジョー・クレスト
ビリー・スローター
クリストファー・アラン・ウィーヴァー
クレイグ・スターク
リッチー・モンゴメリー
レーデン・グリア
アンバー・ドーン・ランドラム
エディ・マシューズ
ウィリアム・ウェバー
マイケル・パパジョン
カルロス・ナヴァロ
ニコル・アンドリュース
エミリー・D・ヘイリー
ロドニー・ヘバート
エルトン・ルブランク
ブリジット・ニコルズ
デニーン・タイラー
Austin Craig
Karen Kaia Livers
Greg Sproles
Oren Hawxhurst
Ronn Surels
Marjorie Parker
Kenny Cook
Joshua Brady
Robert Fortner
John L. Armijo
Jon Arthur
Vincent Buckles
Grace Burt
Michelle Celeste
Edward J. Clare
Ross P. Cook
Duane Cothren
Dylan DePaula
Jerry Esslinger Jr.
Stephanie Grote
Brandon Guttuso
Shane Kretzmann
Jamie Mackey
David Miley
Toby Nichols
Diezel Ramos
Kerry Sims
Dathan Smith
Stefan Solea
Emily Jessie Thomas
Joseph Uzzell
Jesse Yarborough





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バトルフロント 【Blu-ray】 [ ジェイソン・ステイサム ]
価格:1500円(税込、送料無料) (2019/7/11時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バトルフロント [ ジェイソン・ステイサム ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2019/7/11時点)


ママはレスリング・クイーン (2013)
ママはレスリング・クイーン (2013)1

『 ママはレスリング・クイーン 』 (原題:Les reines du ring / 英題:Queens of the Ring) は、2013年に製作されたフランス映画。
 疎遠になった息子との関係を修復したいシングルマザーをはじめ、それぞれに事情を抱えた中年女性4人が人生の再起を懸けてプロレスに挑む姿を描いたフランス発のハートウォーミング・コメディ。
 監督は、フランスのテレビ畑出身で、本作が映画監督デビュー作となるジャン=マルク・ルドニツキ。
 脚本は、本作の監督を務めるジャン=マルク・ルドニツキと、「恋のベビーカー大作戦 (2012)」のクレモン・ミシェル、「アンタッチャブルズ (2012)」のジュリアン・ワーレ&ミー・フール、マノン・ディリス、エレーヌ・ル・ギャル、マリー・パヴェンコ、Thomas Perrier 、「見憶えのある他人 (1996)」「Travaux, on sait quand ça commence... (2005)」「幸せはシャンソニア劇場から (2008)」「Complices (2009)」「ザ・フォース (2011)」「Je m'appelle Bernadette (2011)」などに出演する俳優のEric Laugérias 、「Les dents de la nuit (2008)」のAllan Mauduit の共同執筆。
 撮影は「サハラ、熱砂の愛 (2009)」「理想の出産 (2011)」のアントワーヌ・モノ。
 主演は「Ma vie est un enfer (1991)」「みんな誰かの愛しい人 (2004)」「ブラック・ボックス ~記憶の罠~ (2005)」「ソフィー・マルソーの 過去から来た女 (2007)」「Cliente (2008)」「La croisière (2011)」TVM「魔術師マーリンの冒険 (2012)」「Joséphine (2013)」のマリルー・ベリ。
 共演は「恋愛日記 (1977)」「ゴダールの探偵 (1985)」「セ・ラ・ヴィ (1990)」「ザ・マシーン/私のなかの殺人者 (1994)」「バルニーのちょっとした心配事 (2000)」「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン (2002)」「唇を閉ざせ (2006)」「ヴィザージュ (2009)」「わたしはロランス (2012)」のナタリー・バイ、「サンチャゴに雨が降る (1975)」「赤ちゃんに乾杯! (1985)」「メランコリー (1993)」「クリクリのいた夏 (1999)」「ヴィドック (2001)」「ルビー&カンタン (2003)」「あるいは裏切りという名の犬 (2004)」「キューブ・ホスピタル (2008)」「ミックマック (2009)」「美女と野獣 (2014)」のアンドレ・デュソリエなど。


[ 公開日 ]

2013年6月12日 フランス Festival du Film de Cabourg 上映
2013年6月17日 フランス Champs-Elysées Film Festival 上映
2013年7月3日 フランス公開
2014年7月19日 日本公開



【 ストーリー 】

刑務所に服役していたローズ(マリルー・ベリ)は出所してすぐに息子のミカエルに会いにいくが、長いこと代理母に育てられた息子はローズのことを受け入れようとしなかった。
どうにかミカエルを取り戻したいローズは、その条件の一つである働き口を見つけようとし、ワンマン社長が牛耳る地元の大型スーパーマーケット、ハッピーマーケットに採用される。
そんな中ミカエルがプロレスのファンであることを知り、プロレス選手になれば彼は心を開いてくれるのではないかと思ったローズは、昔地元で名を馳せたプロレスラーだったリシャール(アンドレ・デュソリエ)のいるジムへ足を運ぶ。
リシャールは彼女を追い返すために仲間を連れてくるように言うが、ローズは同じスーパーで働く女性たちにプロレスはいい気晴らしになると説得して引き連れてくる。
浮気を繰り返す夫に愛想をつかせたコレット(ナタリー・バイ)、男に飢えているジェシカ(オドレイ・フルーロ)、自分の外見にコンプレックスを持つヴィヴィアン(コリンヌ・マシエロ)は、レスラーが派手な演出の中思い思いの衣装をまといリングに現れ大暴れする様子を初めて目にし、やる気をみなぎらせる。
彼女たちの熱意に動かされ、リシャールは彼女たちを特訓。
スーパーのレジ係たちがプロレスに挑戦するという噂が伝わっていき、いつしか地元では応援の輪が広がっていた。
メキシコの巨漢軍団との対戦が決まり、猛特訓する4人。
しかし次々に難問が彼女たちに降りかかる・・・。

ママはレスリング・クイーン (2013)2



【 スタッフ 】

監督 : ジャン=マルク・ルドニツキ
原案 : エレーヌ・ル・ギャル
脚本 : マノン・ディリス 、エレーヌ・ル・ギャル 、マリー・パヴェンコ 、クレモン・ミシェル 、ジャン=マルク・ルドニツキ 、ジュリアン・ワー 、レミー・フール 、Thomas Perrier 、Eric Laugérias 、Allan Mauduit
製作 : ファブリス・ゴルドスタイン 、トマ・ラングマン 、Antoine Rein
製作総指揮 : マイケル・J・ルイジ 、エマニュエル・モンタマ 、Antoine Gandaubert
撮影 : アントワーヌ・モノ
アートディレクション : ジャン=マルク・トラン・タン・バ
編集 : アントワーヌ・ヴァレイユ
音楽 : フレッド・アヴリル
衣装デザイン : マリ=ロール・ラッソン 、Claire Lacaze
キャスティング : ジジ・アコカ
視覚効果(Visual Effects) : ローラン・ブレット 、アラン・カルスー 、アンソニー・シャルボニエ 、ショーヴェット・フロリアン 、モンテイル・フレデリク 、ジョエル・ピント 、Etienne Allard 、Felipe Astorga 、Adrien Garcia 、Lionel Jacobs 、Pacini Kevin 、Mathieu Legros 、Julien Martins 、Benjamin Pelletreau 、Vincent Perzo
特殊効果(Special Effects) : Jérémy B. Caravita
メイク : Cédric Chami 、Elisa Costa 、Patricia Planche



【 キャスト 】

ローズ (シングルマザー / スーパーマーケットの従業員) : マリルー・ベリ
コレット (スーパーマーケットの主任) : ナタリー・バイ
ジェシカ (スーパーマーケットの従業員) : オドレイ・フルーロ
ヴィヴィアン (スーパーマーケットの従業員) : コリンヌ・マシエロ
リシャール (プロレスのコーチ) : アンドレ・デュソリエ
サンドリーヌ (スーパーの社長) : イザベル・ナンティ
ジャック・フランツ
ビユーナ
ユーゴ・フェルナンデス
シリル・ゲイ
アガト・ドゥロンヌ
ニッキー・ノード
エリック・サヴァン
マイク・ザ・ミズ・ミザニン
ドミニク・マカヴォイ
ロジーヌ・ファヴェ
ヴェロニク・バロー
フランク・アンドリュー
ジャン=マリー・パリス
Emilie Gavois-Kahn
Catalina-Maria Paunoiu
Virginie Le Cocguen
Gloria Geovanna Alvarado Nava
Sarahi Montserrat Alvarado Nava
Freddy Fontana
Hugo Blumental
Eliott Lobrot
Lucie-Cerise Bouvet
Philippe Chéreau
Christophe Agius
Marilou Lopes-Benites
Phil Brooks
Eve Torres
Steffye Scholtz
Nicole Corman
Pierre Bertre
Benhaïssa Ahouari
Eric Laugérias
Djibril Gueye
Nathalie Renoux
Clément Michel
Aymeric Dapsence
Axel Boute
Olivier Breitman
Mathilde Braure
Vincent Pietton
Christian Vantomme
Isabelle Hetier
Fabrice Colson
Gwendolyn Gourvenec
Yvonne Gradelet







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ママはレスリング・クイーン【動画配信】
価格:324円(税込、送料無料) (2019/7/6時点)


ギャロウ・ウォーカー 煉獄の処刑人 (2013)
ギャロウ・ウォーカー 煉獄の処刑人 (2013)
ギャロウ・ウォーカー 煉獄の処刑人 (2013)

『 ギャロウ・ウォーカー 煉獄の処刑人 』 (原題:Gallowwalkers) は、2012年に製作されたアメリカ映画。
 アメリカ西部開拓時代を背景に、恋人を殺され復讐に燃える孤高のガンマンとゾンビたちの戦いを描いた異色のウェスタン・ゾンビ・アクション。
 監督は「エヴリバディ・ラブズ・サンシャイン (1998)」「MONSTER [モンスター] (2005)」のアンドリュー・ゴス。
 脚本は、本作の監督を務めるアンドリュー・ゴスと、「MONSTER [モンスター] (2005)」のジョアンヌ・リエイ。
 撮影は「リゾート・トゥ・キル (1993)」「乱気流/グランド・コントロール (1998)」「Flight of Fancy (2000)」TVM「レッド・ロック (2001)」「ヴァンパイア/黒の十字架 (2002)」のヘナー・ホフマン。
 音楽は「恋におちたシェイクスピア (1998)」「コレリ大尉のマンドリン (2001)」「トゥー・ブラザーズ (2004)」「プルーフ・オブ・マイ・ライフ (2005)」「GOAL!2 (2007)」「ホスピス (2008)」「プリンセス・カイウラニ (2010)」「フロントミッション 革命の反逆者たち (2011)」のスティーヴン・ウォーベック。
 主演は、脱税による2年4か月の禁固刑を終え、本作がスクリーン復帰作となる「ブレイド (1998)」「アート オブ ウォー (2000)」「デッドロック (2002)」「アウト・オブ・タイム (2004)」「カオス (2005)」「アート オブ ウォー2 (2008)」「クロッシング (2009)」「ゲーム・オブ・デス (2010)」「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション (2014)」のウェズリー・スナイプス。
 共演は「レザー・ブレイド (1998)」「S・W・A・P (1998)」「The Ghost of Greville Lodge (2000)」「ラスト・ホラー・ムービー (2003)」「MONSTER [モンスター] (2005)」「Summer Scars (2007)」「復讐少女 (2012)」「The Magnificent Eleven (2013)」のケヴィン・ハワース、「バレンタイン・デイ (1999)」「ブードゥーマスター (2000)」「スパイダー パニック! (2002)」「僕はラジオ (2003)」「ニューヨーク・ミニット (2004)」TVM「ブルーサヴェージ セカンドインパクト (2005)」「メイク・イット・ハプン! (2008)」「Universal Squadrons (2011)」のライリー・スミス、「ロード・オブ・ウォー (2005)」「Spud (2010)」OV「デス・レース2 (2010)」OV「ロストボーイ サースト:欲望 (2010)」「Mad Buddies (2012)」「デンジャラス・ラン (2012)」OV「デス・レース3 インフェルノ (2012)」「Spud 2: The Madness Continues (2013)」のタニット・フェニックス、「ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男 (2005)」「007/カジノ・ロワイヤル (2006)」「ハード・パニッシャー (2013)」のシモーナ・ブルリコワなど。


[ 公開日 ]

2012年10月27日 イギリス Film4 FrightFest 上映
2013年6月6日 スペイン Nocturna, Madrid International Fantastic Film Festival 上映
2013年7月5日 スイス Neuchâtel International Fantastic Film Festival 上映
2013年7月29日 ドイツ Blu-ray&DVD発売
2013年8月6日 アメリカ DVD発売
2013年12月4日 オーストラリア DVD発売
2014年2月19日 スウェーデン DVD発売
2014年3月15日 日本公開
2014年5月5日 イギリス Blu-ray&DVD発売
2014年6月12日 ペルー公開
2014年8月22日 フランス Blu-ray&DVD発売
2015年1月13日 オランダ Blu-ray&DVD発売
2015年6月12日 スペイン internet 公開
2015年7月15日 スペイン DVD発売



【 ストーリー 】

アメリカ西部開拓時代の荒野。
孤高のガンマン、アマン(ウェズリー・スナイプス)は、恋人を死に追いやった悪党カンサ(ケヴィン・ハワース)とその手下たちに復讐を果たし、自らも息絶える。
だが、アマンの母が彼を生き返らせるため、神と恐ろしい契約を結んでしまう。
それは、“アマンに殺された者たちがゾンビとして蘇る”という呪いだった。
かくして彼に殺された悪党どもは“ギャロウ・ウォーカー”と呼ばれるゾンビとなり、アマンへの復讐を企てる。
こうして、アマン対ギャロウ・ウォーカーの果てしない戦いが再び幕を開ける・・・。

ギャロウ・ウォーカー 煉獄の処刑人 (2013)


・ 製作年のズレについて
スナイプスは1996年と97年に支払った所得税から、不法に払い戻しを受けようと所得税の虚偽申告による脱税容疑で告発され、2008年4月、フロリダ連邦地裁はスナイプスを有罪とし、禁固3年の実刑判決を下した。
スナイプス側の弁護士は悪意があったことを否定、「悪質なアドバイザーの勧めに従った結果」と主張している。
スナイプス側は罰金500万ドルを当局に納入するとともに、判決を不服として上訴した。
その後、保釈申請が受理され、本作の仕上げ作業のためイギリスへ3日間、また「チェイシング・ザ・ドラゴン」(原題)の撮影のためタイへ8週間の出国が認められている。
上訴の結果を待ちながら俳優活動を精力的に継続していたが、2010年7月16日、合衆国第11巡回区控訴裁判所はスナイプスの上訴を棄却し、禁固3年の実刑判決が確定し、ペンシルベニア州のマッキーン連邦刑務所に収監された。
2012年10月27日にイギリス “Film4 FrightFest ” において既に製作が完了していた本作が初披露。
2013年7月19日に出所する予定だったが、同年4月2日に仮釈放となり、本作が正式に発表される運びとなったため、製作年にズレが生じている。



【 スタッフ 】

監督 : アンドリュー・ゴス
脚本 : アンドリュー・ゴス 、ジョアンヌ・リエイ
製作 : ジャック・ボウヤー 、ブランドン・バロウズ 、コートニー・ローレン・ペン
製作総指揮 : アレックス・アヴァント 、ジャック・ボウヤー 、ロジャー・アラン・グラッド 、デヴィッド・シフ 、ケン・ロス
ラインプロデューサー : デヴィッド・ヒギンソン 、Guy Nockels
撮影監督 : ヘナー・ホフマン
第2ユニット撮影監督 : ジョン・ボール・アダレイ
美術/プロダクションデザイン : ローレンス・ボーマン
アートディレクション : デヴィッド・ドーラン 、マーク・ウォーカー 、Christophe Dalberg
編集 : Rudolf Buitendach 、スティーヴン・フォレスター
音楽 : スティーヴン・ウォーベック
音楽監督 : ニッキー・マシュー
衣装デザイン : Pierre Vienings
キャスティング : ミシェル・ルウィット
セットデコレーション : Leon van der Merwe
視覚効果スーパーバイザー : ハワード・ジョーンズ
リード視覚効果アーティスト : Myfanwy Harris
視覚効果アーティスト : ジェイムズ・バラード 、ジーン・ハモンド=ルイス 、ジャック・リス・フィリップス 、Tamsie Thomas
視覚効果エディター : トニー・トロンプ
DIプロデューサー : ジュリー・ハーディング
第二ユニットディレクター : ダグ・レンツ
デジタルアーティスト : アラン・マンロー
テクスチャアーティスト : Lee Baskerville
コンポジッター : ピーター・ハーディ 、Jonathan Klahr 、ロス・マクダウェル 、アンドリュー・モーガン 、Ali Noori 、Dawn Prance
特殊効果スーパーバイザー : Janek Zabielski
特殊効果アーティスト : Ainsley Donnelly 、ライアン・ルイス
特殊効果 : ピーター・ベイリー 、Robert Braune 、アンディ・ハウエル
特殊効果アシスタント : クリス・リーズ
特殊効果技術 : ダニエル・デ・ランゲ 、マリオ・ダシー 、Anthony Langkilde 、Justice Nhlapo 、Vasili Rinquest 、ジャクリーン・スワンポール 、Glen Warrington 、Donavin Waters 、Clinton Zabielski
特殊効果メイク : デヴィッド・ベネキ 、George Bernota 、ブルース・スポルディング・フラー 、ジョン・ハーフマン 、Guy Himber 、ポール・ハイエット 、キャロル・コッホ 、Russell Lukich 、Amber Meno
コンタクトレンズ技術 : Nikky Haberle
補綴スーパーバイザー : ポール・ハイエット
アシスタントデザイナー : アリソン・クライン
ファブリクター : John Shea
プロダクションアカウンタント : ジュリア・ボグダン=ロッロ
特殊メイク効果デザイナー : ポール・ハイエット
特殊効果メイク : ブライアン・ヒラード
ヘアスタイリスト : Iraina Crenshaw 、シンディ・リース=ソーン 、Tommy Van der Nest
チーフメイクアップアーティスト : ジャクリーン・ファウラー(ジャッキー・ファウラー)
メイクアップアーティスト : Lynn Jacket 、Julene Paton 、アリソン・レイニー 、シンディ・リース=ソーン
アシスタントメイクアップアーティスト : Anja Jäcksch
キーメイクアシスタント : スー・マイケル
第2ユニットメイクアップ : Nicholas Khachab
メイクアップトレイナー : イザベル・ベーレンス 、Laurentia Shuviku
補綴技術 : レベッカ・カイン 、ダン・フライ 、ロッド・ハムリン 、Richard Northcroft 、コナル・パーマー 、クレア・ラムジー
スタントコーディネーター : タイロン・スティーヴンソン
謝辞 : レイヴン・ジェンセン 、シモーナ・ローマン 、ウェイン・ウィリアム・スミス



【 キャスト 】

アマン : ウェズリー・スナイプス
カンサ : ケヴィン・ハワース
ファビュラス : ライリー・スミス
エンジェル : タニット・フェニックス
キスカット : シモーナ・ブルリコワ
アポロ・ジョーンズ牧師 : スティーヴン・エルダー
ガザ保安官 : パトリック・バーギン
スリップ・ノット : ジェイ・グラント (ジョナサン・ガルシア)
フール : ヘクター・ヒューゴ (ヘクター・ハンク)
と畜場の少年 : デヴィッド・デ・ビール
スエーニョ : アリッサ・プライダム
スカルバケット : ダラス・ペイジ
モスカ : デリック・グリフィス
フォーティー・ボールド : アレックス・アヴァント
と畜場の女主人 : ジェニー・ガゴ
トロイ : トミー・ファン・デア・ネスト
レッド : Arthur Berezin
Bubis : ジャック・ボウヤー
若いアマン : Frederick Haraseb
プーリードライバー : Roberto Husselmann
ソプラノ : シャニー・マリッツ
アマンの母 : ヴィッキー・モラー・フォーブス
Cunny : ショーン・ノーデ
ギャングメンバー#1 : ピエール・ルース
Church Elder #1 : Wotan Swiegers
Church Elder #2 : Derek Soutwork
Church Novice : マーティン・シュトラウス
One-Legged Prisonner Officer : ウィレム・ヴェンター
ポー : Vilo Vilonel
ギャングメンバー#2 : Joe Zmztsky









ハッピーエンドが書けるまで (2012)
ハッピーエンドが書けるまで (2012)2
ハッピーエンドが書けるまで (2012)1

『 ハッピーエンドが書けるまで 』 (英題:Stuck in Love) は、2012年に製作されたアメリカ映画。
 離婚した妻に未練を残す父親、愛を信じない姉と恋に臆病な弟、愛に関する様々な悩みを抱えた家族が、新しい一歩を踏み出してゆく姿を描くロマンス・ドラマ。
 監督・脚本は、本作が長編デビュー作となる「きっと、星のせいじゃない。 (2014)」のジョシュ・ブーン。
 撮影は「ラブ・ザ・ドッグ 犬依存症の女 (2007)」「スモーキング・ハイ (2008)」「オブザーブ・アンド・レポート (2009)」「ピンチ・シッター (2011)」「ピアース・ブロスナン サルベーション (2011)」「ロード・オブ・クエスト ~ドラゴンとユニコーンの剣~ (2011)」「エンド・オブ・ザ・ワールド (2012)」「セルフィッシュ・サマー (2013)」「アナーキー (2014)」のティム・オアー。
 音楽は「やさしい嘘と贈り物 (2008)」「きっと、星のせいじゃない。 (2014)」のマイク・モーギス&ナサニエル・ウォルコット。
 出演は「ワンス・アンド・フォーエバー (2002)」「がんばれ!ベアーズ ニュー・シーズン (2005)」「リトル・ミス・サンシャイン (2006)」「オー!マイ・ゴースト (2008)」「ラスト・ソング (2010)」「パーフェクト・プラン 完全なる犯罪計画 (2011)」「ムービー43 (2013)」「天国は、ほんとうにある (2014)」のグレッグ・キニア、「ダーク・ウォーター (2004)」「ブラッド・ダイヤモンド (2006)」「帰らない日々 (2007)」「地球が静止する日 (2008)」「そんな彼なら捨てちゃえば? (2009)」「バージニア その町の秘密 (2010)」「ピアース・ブロスナン サルベーション (2011)」「ノア 約束の舟 (2014)」のジェニファー・コネリー、「しあわせの隠れ場所 (2009)」「ミッシング ID (2011)」「プリースト (2011)」「白雪姫と鏡の女王 (2012)」「The English Teacher (2013)」「シャドウハンター (2013)」「あと1センチの恋 (2014)」「The Mortal Instruments: City of Ashes (2014)」のリリー・コリンズ、「パルス (2006)」「ファンボーイズ (2008)」「南の島のリゾート式恋愛セラピー (2009)」「バーレスク (2010)」「スクリーム4:ネクスト・ジェネレーション (2011)」「だれもがクジラを愛してる。 (2012)」「ムービー43 (2013)」「ヴェロニカ・マーズ [ザ・ムービー] (2014)」のクリステン・ベルなど。


[ 公開日 ]

2012年9月9日 カナダ Toronto International Film Festival 上映
2013年4月11日 アメリカ Phoenix Film Festival 上映
2013年4月25日 アメリカ Newport Beach International Film Festival 上映
2013年5月2日 イスラエル公開
2013年5月16日 オーストラリア公開
2013年6月14日 スペイン公開
2013年6月14日 イギリス公開
2013年6月14日 アイルランド公開
2013年7月5日 アメリカ limited 公開
2013年8月1日 ギリシャ公開
2013年9月19日 ドイツ公開
2013年9月26日 シンガポール公開
2013年11月7日 カタール公開
2013年11月13日 スウェーデン DVD発売
2013年12月5日 ハンガリー公開
2013年12月19日 アルゼンチン公開
2014年2月20日 韓国公開
2014年5月27日 オランダ公開
2015年6月27日 日本公開



【 ストーリー 】

ビル・ボーゲンズ(グレッグ・キニア)と息子のラスティ(ナット・ウルフ)は感謝祭の準備をしていた。
テーブルには3年前に離婚したビルの元妻エリカ(ジェニファー・コネリー)の席も用意されていたが、彼女は現れない。
そこへ大学生になり家を出た娘サマンサ(リリー・コリンズ)が帰省する。
食事の席で、サマンサは自分の本が出版されることを報告し、家族で祝杯をあげる。
しかし母親を毛嫌いしているサマンサは用意された空席を見て弟に不平を漏らす。
エリカはサマンサと1年以上も会話がなく、初出版の件もまったく知らされていなかった。
ラスティは学校でケイト(リアナ・リベラト)という少女に思いを寄せていた。
英語の授業で詩をクラスの前で朗読すると、授業後ケイトから声をかけられ、すてきな詩だったと褒められる。
家に帰ると、ラスティは父が自分の日記を読んでいるところに出くわし、読まないという約束をなぜ破ったのかと問い詰める。
ビルはちゃんと書いているか確認していたところ、目を引く文章があったために思わず読んでしまったと説明し、謝罪する。
さらにビルは、お前には経験が足りない、もっと外に出て遊べとラスティに助言する。
助言を受け、ラスティは友人のジェイソン(スペンサー・ブレスリン)と一緒にパーティーに参加する。
そこでケイトがコカインを吸っているところを目撃してしまう。
一方、サマンサは大学で同じ授業を受けているルイスにバーで声をかけられる。
しかし彼女の目当ては彼ではなく、ライブでボーカルを務めていた色男だった。
ルイスからはあの男は遊び人だからやめておけと言われるが、いい人など求めていないと言い、サマンサはルイスの誘いを無視する。
しかし後日、サマンサをしつこく誘うルイスに根負けして、喫茶店で話をすることに。
好きな本は何かと聞かれ、ルイスが答えると、偶然にもサマンサと同じ作品だった。
しかし両親の浮気と離婚を目の当たりにし、恋愛や結婚にマイナスなイメージしかないサマンサは、恋に落ちることを拒絶し、ルイスから逃げようとする。
そして、ビルは元妻のエリカからいい加減自分のことは忘れて、先に進んでほしいと懇願される。
そしてセックスフレンドであるご近所のトリシア(クリステン・ベル)からもそろそろ他の人との再婚を考えてはどうかと提案される。
トリシアのすすめでネットで交際相手を募集することになり、服装のアドバイスも受け、無事数十年ぶりのデートをこなしたビル。
いよいよ元妻のことを吹っ切れそうな感触を得て、それまで何度ものぞきに行っていたエリカの家を訪れ、窓辺に結婚指輪を置いて帰ろうとする。
しかしそこで、エリカが自分の小説を読んでいる姿を目にしてしまい、再び決心がにぶってしまう。
愛を失った父親、愛を信じない娘、愛に臆病な息子。
たくさんの思いを抱えた3人が悩んで、気づいて、踏み出した時、人生に変化が訪れ始める・・・。

ハッピーエンドが書けるまで (2012)3



【 スタッフ 】

監督 : ジョシュ・ブーン
脚本 : ジョシュ・ブーン
製作 : ジュディ・カイロ
製作総指揮 : パトリック・W・ドゥーガン 、ジェフ・ライス 、マイルズ・ネステル 、リサ・ウィルソン 、マイケル・A・シンプソン 、エリック・ブレナー 、マイケル・イリッチ・Jr 、デール・アーミン・ジョンソン 、ジュリー・B・メイ 、グレン・マーレイ
共同総指揮 : グラント・ガスリー
アソシエイトプロデューサー : ジェイムズ・ギブ
ラインプロデューサー : キャロル・ピーターマン
撮影 : ティム・オアー
美術/プロダクションデザイン : ジョン・サンダース
編集 : ロブ・サリヴァン
音楽 : マイク・モーギス 、ナサニエル・ウォルコット
音楽監督 : アンディ・ロス 、Laura Katz
衣装デザイン : カリ・パーキンス
衣装スーパーバイザー : キャメロン・ドイル
キャスティング : ジョン・パプシデラ 、トレイシー・キルパトリック
キャスティングアソシエイト : ジェニファー・クラム
セットデコレーション : ジア・グロッソ
特殊効果コーディネーター : ウィリアム・ドーソン
special effects foreman : Morgan McMath Rogers
メイクアップデパートメントヘッド : Sandra S. Orsolyak
キーメイクアップアーティスト : Holly Sago
メイクアップアーティスト : トーニャ・ジョンソン
メイクアップアーティスト(ジェニファー・コネリー) : ジュディ・チン
ヘアデパートメントヘッド : コニ・アンドレス
ヘアスタイリスト(ジェニファー・コネリー) : アン・モーガン
スタントコーディネーター : Dino Muccio
アシスタントスタントコーディネーター : ジョン・ギルバート
謝辞 : Greg Borkman



【 キャスト 】

ビル : グレッグ・キニア
エリカ : ジェニファー・コネリー
サマンサ : リリー・コリンズ
ラスティ : ナット・ウォルフ
トリシア : クリステン・ベル
ルイス : ローガン・ラーマン
ケイト : リアナ・リベラト
アボット教授 : マイケル・グッドウィン
スティーヴン・キング (声) : スティーヴン・キング
マーティン : ラスティ・ジョイナー
グレン : パトリック・シュワルツェネッガー
ロドニー : David Carzell
ダイアン : バーバラ・ウィートマン
ベッキー : Alex ter Avest
ガス : Zeeko Zaki
バーテンダー : Nate Panning
ホットガール : ケイティ・ガーフィールド
ジェイソン : スペンサー・ブレスリン
教師 : Brandi Nicole Feemster
Good Looking Frat Guy : グレン・パウエル
Midwest : Zack Mines
ダニエル : Amber Sheets
ナース : Nadiyah Dorsey
パーティーゲスト : アリッサ・バウマン (ノンクレジット)
バーパトロン / カップル / 休日ショッパー : Kristin Mercedes Bence-DePalma (ノンクレジット)
ショッパー : ロキシー・コリンズ (ノンクレジット)
パーティーゲスト : Christopher Cozort (ノンクレジット)
Book Signing Guest : Randy Grazio (ノンクレジット)
学生 : Merideth Harrison (ノンクレジット)
Keg Stand Guy : Brad Worch II (ノンクレジット)
学生 : メレディス・ジャクソン (ノンクレジット)
パーティーゲスト : Scott Jecha (ノンクレジット)
ショップパトロン : マシュー・ランド (ノンクレジット)
Funeral Relative : カレン・マリナ (ノンクレジット)
パーティーゲスト : ジョー・モンタンティ (ノンクレジット)
プレッピーガイ : Adam Moryto (ノンクレジット)
パーティーゲスト : シャノン・プラマー=ホワイト (ノンクレジット)
Fraternity Brother : Zachary Steffey (ノンクレジット)
パーティー参加者 : Millie Wannamaker (ノンクレジット)







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハッピーエンドが書けるまで [ リリー・コリンズ ]
価格:2997円(税込、送料無料) (2019/6/22時点)


エヴォリューション (2015)
エヴォリューション (2015)

『 エヴォリューション 』 (原題:Évolution / 英題:Evolution) は、2015年に製作されたフランス・スペイン・ベルギー合作映画。
 少年と女性しかいない孤島を舞台に、謎の医療行為を施される少年たちの運命を、グロテスクな描写を織り交ぜつつ、怪しく美しい映像でミステリアスに描き出していく禁断のダーク・ファンタジー。
 監督は「カノン (1998)」のプロデューサーや「ミミ (1996)」「エコール (2004)」「ネクター (2014)」の監督・脚本などを務めるフランスの女性監督ルシール・アザリロヴィック。
 脚本は、本作の監督を務めるルシール・アザリロヴィックと、「ECHO エコー (2006)」の監督・脚本を務めるアランテ・カヴァイテ。
 撮影は「煽情 (2009)」「Mobile Home (2012)」「Tasher Desh (2012)」「ABC・オブ・デス (2012)」「ネクター (2014)」「アナザー (2015)」のマニュエル・ダコッセ。
 音楽は「デビルズ・レジェンド (2005)」TVM「スパニッシュ・ホラー・プロジェクト エル・タロット (2006)」「天使VS悪魔 (2007)」「シャッター ラビリンス (2009)」「エクソシズム (2010)」「フリア よみがえり少女 (2012)」「オートマタ (2014)」のザカリアス・M・デ・ラ・リヴァと、短編「Loxoro (2012)」TVM「Cenizas (2013)」「Oliver's Deal (2015)」「Don't Grow Up (2015)」のヘスス・ディアス。
 主演は、本作が映画初出演となる新人マックス・ブレバン。
共演は「白いリボン (2009)」「17 filles (2011)」「マンク ~破戒僧~ (2011)」「博士と私の危険な関係 (2012)」「バトル・オブ・ライジング コールハースの戦い (2013)」「Respire (2014)」「エール! (2014)」のロクサーヌ・デュラン、「人生なんて怖くない (1999)」「オドレイ・トトゥ 氷の海に眠りたい (1999)」「変人村 (2006)」「ジェーン・バーキンのサーカス・ストーリー (2009)」「Les petits ruisseaux (2010)」「キリマンジャロの雪 (2011)」「マリー・アントワネットに別れをつげて (2012)」「Les Visiteurs: La Révolution (2016)」のジュリー=マリー・パルマンティエなど。
 2015年の「第63回サン・セバスチャン国際映画祭」において審査員特別賞と最優秀撮影賞を、「ストックホルム国際映画祭」では最優秀撮影賞を受賞した作品。


[ 公開日 ]

2015年9月14日 カナダ Toronto International Film Festival 上映
2015年9月19日 スペイン San Sebastian Film Festival 上映
2015年10月12日 イギリス London Film Festival 上映
2015年11月14日 スウェーデン Stockholm International Film Festival 上映
2015年11月19日 フランス Paris International Fantastic Film Festival 上映
2015年11月22日 イタリア Torino Film Festival 上映
2015年12月15日 フランス Les Arcs European Film Festival 上映
2016年1月29日 オランダ International Film Festival Rotterdam 上映
2016年2月19日 アメリカ Portland International Film Festival 上映
2016年2月28日 セルビア Belgrade Film Festival 上映
2016年3月2日 ベルギー Offscreen Film Festival 上映
2016年3月16日 フランス公開
2016年3月23日 アメリカ New Directors / New Films 上映
2016年4月10日 ハンガリー Titanic International Filmpresence Festival 上映
2016年4月19日 イギリス Belfast Film Festival 上映
2016年4月21日 オランダ公開
2016年4月29日 韓国 Jeonju International Film Festival 上映
2016年5月6日 イギリス公開
2016年5月20日 スウェーデン Malmö Fantastisk Filmfestival 上映
2016年5月29日 アメリカ Seattle International Film Festival 上映
2016年6月12日 オーストラリア Sydney Film Festival 上映
2016年6月23日 デンマーク公開
2016年6月24日 スロバキア International Film Festival Trencianske Teplice 上映
2016年6月27日 日本 Festival du Film Français au Japon 上映
2016年7月30日 オーストラリア Melbourne International Film Festival 上映
2016年8月14日 ボスニア・ヘルツェゴビナ Sarajevo Film Festival 上映
2016年8月20日 ノルウェー Norwegian International Film Festival 上映
2016年9月3日 スウェーデン Fem​​FilmFest 上映
2016年9月22日 ポルトガル公開
2016年9月25日 ギリシャ Athens Film Festival 上映
2016年9月30日 ブラジル公開
2016年10月28日 ノルウェー公開
2016年11月17日 ロシア公開
2016年11月25日 アメリカ公開
2016年11月26日 日本公開



【 ストーリー 】

10 歳のニコラ(マックス・ブラバン)は、少年と女性しかいない人里離れた島で母親と暮らしている。
その島では、すべての少年が奇妙な医療行為を施される。
ニコラは「なにかがおかしい」と異変に気付き始め、夜半に出かける母親の後をつける。
母親は、ほかの女性たちと海辺で“ある行為”をしていた。
それを目撃し、秘密を探ろうとしたニコラの悪夢が始まる・・・。

エヴォリューション (2015)



【 スタッフ 】

監督 : ルシール・アザリロヴィック
脚本 : ルシール・アザリロヴィック 、アランテ・カヴァイテ
脚本協力 : ジェフ・コックス
エグゼクティブプロデューサー : ジュヌヴィエーヴ・ルマル
プロデューサー : Ángeles Hernández 、デヴィッド・マタモロス 、Julien Naveau 、シルヴィー・ピアラ 、Benoît Quainon 、セバスチャン・アルヴァレズ
共同プロデューサー : ジョン・エンゲル
ラインプロデューサー : ニコラス・ファーカス
撮影 : マニュエル・ダコッセ
サウンドデザイナー / スーパーヴァイジングサウンドエディター : ファビオラ・オルドヨ
プロダクションサウンドミキサー : ダニー・フォントロドナ
再レコーディングミキサー : マーク・オーツ
プロダクションバイヤー : エヴァ・マゾ
美術部門研修生 : アイリーン・ミラ
編集 : Nassim Gordji Tehrani
音楽 : ザカリアス・M・デ・ラ・リヴァ 、ヘスス・ディアス
衣装デザイン : ジャッキー・フォコニエ
視覚効果スーパーバイザー : Guillaume Le Gouez
視覚効果ディレクター : Alain Carsoux
デジタルコンポジタッター : エティエンヌ・アラード 、サラ・デルガステ 、Julien Giami 、ジュリアン・マーティンズ 、ヴィンセント・ペルゾ 、クリスチャン・トミコウスキ
ファーストアシスタントディレクター : ジュリー・グラムバッハ
セカンドアシスタントディレクター : シルヴィア・マルティネス
ポストプロダクションスーパーバイザー : アレクサンドルイシドーロ 、ナタチャ・ライタオ=フックス
プロダクションマネージャー : Laia Coll 、マリリン・マイア 、アーロン・メイヨー
アシスタントプロダクションマネージャー : Nicolas Honorez
ロケーションマネージャー : Jaume Jordana
謝辞 : David Scherer

「エヴォリューション」オフィシャルサイト



【 キャスト 】

ニコラス : マックス・ブレバン
ステラ : ロクサーヌ・デュラン
母親 : ジュリー=マリー・パルマンティエ
ヴィクター : マチュー・ゴールドフェルド
フランク : ニッシム・ルナール
Le 4eGarçon : パブロ=ノア・エティエンヌ
医師 : Nathalie Legosles
シャンタル・エイミー
ローラ・バレステロス
エリック・バジェ
Mafer Blanco
Anna Broock
セレスティーノ・チャコン
アニー・エンガナリム
シルヴィア・フェレ
Imma Ferrer
ウルリカ・ガルシア
マグダレナ・コマヴァラ
ミリア・レオン
ヒューゴ・ロペス
マテオ・ロペス
カーラ・ロザノ
オルガ・モリーナ
リザ・モレッティ
ミケラ・ムルゴ
ジュリア・ニコルズ
ラケル・ポルティージョ
ロリス・リブロウ
ホアキン・リオス
ヌリア・ロドリゲス
イングリッド・シュレシンガー
アイダ・セグラ
Aino Sirje
マリーナ・ヴァル
マチルド・ヴァルニエ
ムニア・ヤスミング
ナース : マルタ・ブランク






フリーエリア

スポンサーサイト

フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
53位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
26位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

映画 ブログランキングへ
アニメ ブログランキングへ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
プロフィール

たけごろう

Author:たけごろう
映画・ドラマ・アニメが大好きなケモノ!
パチンコも好きですが・・・只今自粛中。